SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

  • 運営情報

コンバージョン率(CVR)とは?計算式や平均値、改善方法など徹底解説!

SEO

コンバージョン率とは、Webサイトでのコンバージョン(商品の購入や申込み、問い合わせなどの成果)の達成割合を示す指標のことです。「CVR(Conversion Rate[コンバージョンレート]の略)」やCV率、成約率とも呼ばれます。
このコンバージョン率は、SEOと関りがあります。

一方、コンバージョン率について無知であれば、コンバージョン率の計算方法や平均値などわかりません。
この場合、Webサイトのアクセス数やWebサイト内の広告のクリック数に対してどのくらい商品が購入されたり、商品の問い合わせがあるかがわからないので、パフォーマンスの高さや低さが把握できません。
そうなれば、LPやバナー広告、SEOによる集客といったいずれを改善すべきかがわからなかったり、そもそも改善すべきか否かがわかりません。
結果、商品の購入や問い合わせのしやすさが良くならないので、売り上げ向上が促進できないというわけです。

こうした良くない状況を回避する為に、コンバージョン率の基本を理解して、Webマーケティングの指標に活かしましょう。

この点踏まえて今回は、コンバージョン率の意味や計算式、平均値、コンバージョン率の改善方法など中心に初心者にもわかりやすくポイントをまとめて解説したいと思います。

コンバージョン率(CVR)とは?計算式や平均値、改善方法など徹底解説!

コンバージョン率とは?

コンバージョン率とは、Webサイトでのコンバージョン(商品の購入や申込み、問い合わせなどの成果)の達成割合を示す指標のことです。「CVR(Conversion Rate[コンバージョンレート]の略)」やCV率、成約率とも呼ばれます。

例えば、月間アクセス数が5万のECサイトで販売してる商品が、1か月間に50個売れたとします。
この場合、5万のアクセス数で50個の商品が売れたので、「50(個)/ 50000(アクセス数)* 100 = 0.1(%)」という計算式から「0.1(%)」が成約率になります。
この成約率が、コンバージョン率というわけです。

コンバージョン率の計算式(計算方法)

コンバージョン率の計算式は、「コンバージョン率(%) = コンバージョン数 / アクセス数 or クリック数 * 100」です。

例えば、出稿してるリスティング広告のリンク先のLPのフォームから商品の申し込みができるとします。
このリスティング広告が100回クリックされたときに商品の申し込み(コンバージョン)が2個ありました。
この場合、「2(コンバージョン数) / 100(広告のクリック数) * 100 = 2(%)」という計算式から「2(%)」がコンバージョン率になります。

また、月間アクセス数が2万のブログサイト内でリンク先が自社で販売してる商品を紹介するバナー広告を設置してるとします。
そのバナー広告のリンク先のLPのフォームから、自社で販売してる商品の申し込みができるとします。
バナー広告は1か月間に100回クリックされて商品の申し込み(コンバージョン)が5個ありました。
この場合、アクセス数を基準にすると「5(個)/ 20000(アクセス数)* 100 = 0.025(%)」という計算式から「0.025(%)」がコンバージョン率になります。
広告のクリック数を基準にすると「5(個)/ 100(広告のクリック数)* 100 = 5(%)」という計算式から「5(%)」がコンバージョン率になります。

コンバージョン率の平均値(目安)

コンバージョン率の平均値は、商材や指標の組み合わせによって変わります。

例えば、「広告のクリック数」の指標が基準なら、「商品の申し込み」のコンバージョン率の平均値は1~2%です。
「商品に関する無料相談や問い合わせ」や「メルマガの無料登録」などの無料系のコンバージョン率の平均値は3~5%です。
「ノウハウレポート無料ダウンロード」といったホワイトペーパーのプレゼントであればコンバージョン率の平均値は5%以上になりやすいです。

一方、「サイトのアクセス数」の指標が基準なら、「商品の申し込み」のコンバージョン率の平均値は0.1~0.2%です。
「商品に関する無料相談や問い合わせ」や「メルマガの無料登録」などの無料系のコンバージョン率の平均値は0.3~0.5%です。
「ノウハウレポート無料ダウンロード」といったホワイトペーパーのプレゼントであればコンバージョン率の平均値は0.5%以上になりやすいです。

つまり、商材が違ったり、同じ商材でも指標が違えば、コンバージョン率の平均値が変わるというわけです。

このように、商材や指標の組み合わせによってコンバージョン率の平均値が変わります。

コンバージョン率を上げる(アップ)方法

コンバージョン率を上げる(アップする)には、以下のような方法があります。

  • 広告とランディングページの整合性を高める
    「広告の文言(バナーや検索結果のタイトル・ディスクリプション)」と「リンク先(ランディングページ)の文言」を統一させ、ユーザーが望むコンテンツを提供しながら、コンバージョン率を上げる(アップする)方法
  • 信頼コンテンツを置く
    実績や会社概要などのコンテンツを設置し、ユーザーの信頼度を高めながら、コンバージョン率を上げる(アップする)方法
  • ストーリー性を持たせる
    「ターゲットに合わせたタイトル⇒簡潔な概要・答え⇒実例・事例⇒対策内容(やったこと)⇒結論(言えること)⇒背中を押す一言⇒フォーム⇒信頼コンテンツ」のようなストーリー性を持ったコンテンツで、ユーザーを納得させながら、コンバージョン率を上げる(アップする)方法
  • 入力フォームを最適化する
    入力が少なくて済むよう項目数や必須あるなし等改善し、出来るだけ簡潔なフォームにしながら、コンバージョン率を上げる(アップする)方法
  • 画像を入れて、わかりやすい内容にする
    文字だけでなく画像を使い、よりわかりやすいコンテンツにしながら、コンバージョン率を上げる(アップする)方法
  • 特典(プレゼント)をつける
    申込、問い合わせいただいた方限定で特典(プレゼント)する文言を打ち出し、コンバージョン率を上げる(アップする)方法
  • ページの読み込み速度を改善する
    画像サイズやスクリプトファイル等の最適化で読み込み速度を改善し、セッション時間を増やしながら、コンバージョン率を上げる(アップする)方法

ちなみに、SEOとコンテンツマーケティングを併用して、見込みユーザー(サイトのテーマと関連性の高いユーザー)を集客することも検討しましょう。
そうすれば、コンバージョンに関与しやすいユーザーが増えるので、その分コンバージョン率の上昇が期待できます。

ECサイトのコンバージョン率の平均・目安について

ECサイトのコンバージョン率の平均と目安は、以下のような統計となってます。
※参考:カイロスのマーケティングブログ「コンバージョン率の目安と業界別平均値

業種 平均コンバージョン率
コンサルティング・ファイナンス 10%
メディア・出版 10%
教育・医療 8%
ソフトウェア・クラウド 7%
技術機器・ハードウェア 5%
製造業・生産財 4%
旅行・サービス業 4%
小売・EC 3%
非営利団体 2%
その他 8%

上記のよう、ECサイトのコンバージョン率の平均は3%程度となります。
ECサイトでは、商品を購入した人数をコンバージョン数とするのが一般的です。

BtoC(コンサルティング・ファイナンスなど)では、購入以外に、登録、問い合わせ等、複数のコンバージョンが発生するため、ECサイトに比べ、コンバージョン率も高くなる傾向です。

コンバージョン率とコンバージョン数の関係

コンバージョン率を上げれば、以下のようコンバージョン数も増えやすくなります。

  • コンバージョン率1%、広告クリック数1000 の場合:
    1000(クリック数) * 1(コンバージョン率) / 100 = 10(コンバージョン数)
  • コンバージョン率2%、広告クリック数1000 の場合:
    1000(クリック数) * 2(コンバージョン率) / 100 = 20(コンバージョン数)

上記のよう、コンバージョン率が1%⇒2%に増え、コンバージョン数も10⇒20に増えてることがわかります。

注意したいのが、クリック数を落とさないことです。
クリック数を保ちながら、コンバージョン率を改善しましょう。

コンバージョン率とクリック数、両方改善すれば、コンバージョン数もさらに増えていきます。

ちなみに、広告のクリック数は、バナー広告の文言やデザインを調整することで増やすことができます。
また、コンバージョン率を上げるには、先述した「コンバージョン率を上げる(アップ)方法」をご参考ください。

まとめ

コンバージョン率を上げ、申込、問い合わせ等増やし、売り上げ向上を目指しましょう。

ターゲットに合ったコンテンツを用意し、わかりやすく、信頼でき、申し込みやすいページにしながら、コンバージョンさせることが重要です。

SEO対策しても検索順位が上がらない…なぜ?

検索順位の推移

SEO対策しても検索順位が上がらない…なぜ?

検索順位が上がらない理由は、SEO対策の質が低いからです。

例えば、ユーザーの検索意図を無視したり、関連性の低いコンテンツを増やす、内部リンクの最適化など疎かにします。
この場合、SEO対策の質が下がります。
そうなれば、ページやサイト自体の品質が上がらないので、Googleに評価されづらくなります。
結果、検索順位が上がらないというわけです。

こうした悪い状況を回避する為に、サイトの欠点を調査して上位化に必要な対策をご案内します(無料)。

検索順位を上げたり、検索流入を増やすにはSEOが重要!