HOMESEO事例 > Googleと弊社アルゴリズム分析から見る内部リンクの重要性まとめ

Googleと弊社アルゴリズム分析から見る内部リンクの重要性まとめ

2015/09/22[最終更新日]:2017/07/28
このエントリーをはてなブックマークに追加
内部リンクは、Googleの言及、弊社アルゴリズム分析から見て重要なSEO要因の一つです。内部リンクで抑えるべき重要な点は、以下3つです。① 重要なページに内部リンクを集める② 適切に内部リンクを増やす③ アルゴリズム分析で上位のSEO要因
Googleの言及

ページへの内部リンクの数は、検索エンジンに対してそのページの相対的な重要度を伝える要素です。
重要なページがこのリストに表示されない、またはあまり重要でないページに多数の内部リンクが作成されている場合、 内部リンクの構造を見直すことをおすすめします。

※参考:内部リンクレポート – Search Console ヘルプ

一般的に内部リンクの数が原因でSEO的にマイナスになることはありません。
ただし、隠しテキストからのリンクやキーワードを乱用したアンカーテキストの設置など、過剰な施策は控えた方がよいでしょう。

PR

※参考:Googleウェブマスター ヘルプ フォーラム

弊社アルゴリズム分析
弊社Googleアルゴリズム分析結果データ図
上記から、適切に内部リンクを最適化し、重要なページをGoogleに伝える!
サイト内部外部から上位表示したいページへのリンクを増やし適切に設置しながら、順位上昇を目指すことが重要!
順位上昇のポイント ・適切に内部リンクを設置する - 隠しテキストからのリンクは避ける- キーワードを乱用したアンカーテキスト設置はしない ・上位表示したいページへのリンクを増やす・質の良い被リンクを適切に増やす

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位、リンク、内部を調べ、必要な対策をアドバイスします(無料)
上位表示を目指すURL *
(例)http://○○.co.jp
上位表示を目指すキーワード *
(例)中古車
ご担当者様名 *
電話番号 *
メールアドレス *

※個人情報の管理は、「プライバシーポリシー」に同意の上お申し込みください

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリ:SEO事例
B!

最新記事
SEOラボをSNSで応援する
無料SEOツール
話題の記事
検索ユーザーが求めるコンテンツの考え方
2017年7月 効果があったSEO対策は、被リンク【まとめ】
アメブロで上位表示できますか?【今月(2017年8月)の問合せ】
サイトの使いやすさ(UX=ユーザーエクスペリエンス)が重要なSEO要因になってきている
「検索エンジン最適化スターターガイド」は最も効率のよいSEO技法である
ブログを2つ運営しています。同じ内容を投稿していいの?という問い合わせ
最近6位に上昇したページの対策教えます
他社のSEO商品を比較
最近、順位が落ちてきたというお問合せ
最近のSEO対策と順位決定の仕組み
人気記事BEST10
follow us in feedly