HOMESEO事例 > ペンギンアップデート直前!下落しそうなサイト3つの特徴と対策教えます

ペンギンアップデート直前!下落しそうなサイト3つの特徴と対策教えます

2015/10/20[最終更新日]:2017/07/28
このエントリーをはてなブックマークに追加
まもなくペンギンアップデートが実施されると、GoogleのGary Illyes(ゲイリー・イリーズ)氏が言及してます。ペンギンアップデートで下落しそうなサイト3つの特徴は以下です。① 質の低い被リンクが付いているサイト② SEOスパム(キーワード詰め込みや隠しリンク・テキスト等)を行ってるサイト③ 被リンクが全くなく内部対策だけで上がっていたサイト
ペンギンアップデートで下落後、順位回復した事例
順位推移図
実施した内部対策 ・テキスト文章を追加 ⇒ キーワード出現率の改善、総単語数、ユニーク単語数増加
順位回復したが、その後なだらかに順位下落。
上記から、内部だけでなく、被リンク対策も行い、被リンクの質と量を改善する!
良質な被リンク、SEOワードを含めたオリジナルコンテンツを増やし、競合上位の数値近づけながら、順位上昇を目指すことが重要!
順位上昇のポイント ・あらゆるドメイン・サーバー・アンカーテキストからの被リンクを徐々に増やす・titleタグにSEOワードを入れる・SEOワードを適切に含めたテキスト文章を増やす・Googleが嫌うリンクを削除または、良質な被リンクの割合を多くする

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位、リンク、内部を調べ、必要な対策をアドバイスします(無料)
上位表示を目指すURL *
(例)http://○○.co.jp
上位表示を目指すキーワード *
(例)中古車
ご担当者様名 *
電話番号 *
メールアドレス *

※個人情報の管理は、「プライバシーポリシー」に同意の上お申し込みください

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリ:SEO事例
B!

最新記事
SEOラボをSNSで応援する
無料SEOツール
話題の記事
検索ユーザーが求めるコンテンツの考え方
2017年7月 効果があったSEO対策は、被リンク【まとめ】
アメブロで上位表示できますか?【今月(2017年8月)の問合せ】
サイトの使いやすさ(UX=ユーザーエクスペリエンス)が重要なSEO要因になってきている
「検索エンジン最適化スターターガイド」は最も効率のよいSEO技法である
ブログを2つ運営しています。同じ内容を投稿していいの?という問い合わせ
最近6位に上昇したページの対策教えます
他社のSEO商品を比較
最近、順位が落ちてきたというお問合せ
最近のSEO対策と順位決定の仕組み
人気記事BEST10
follow us in feedly