HOMESEO事例 > 4位→53位→4位。ビッグワードで回復したサイトの内部対策教えます

4位→53位→4位。ビッグワードで回復したサイトの内部対策教えます

2016/10/11[最終更新日]:2017/08/02
このエントリーをはてなブックマークに追加
ビッグワード4位だったサイトがペンギンアップデートで53位に下落後、4位まで回復しました。このサイトが実施した内部対策は以下です。・タイトルに対策キーワードを含めた・検索されやすいキーワードでコンテンツを増やした・テキスト量を増やした・発リンクを入れた・目次コンテンツを入れた・先頭のテキスト文章に対策キーワードを入れた
順位回復事例
対策内容 ・対策キーワードを先頭に含めたタイトルタグにした・Google検索の「オートコンプリート」や「関連する検索キーワード」で対策キーワードに特化したコンテンツを増やした・競合上位サイト平均よりテキスト量を多くした(競合上位サイト平均:4356文字、対策サイト:5000文字)・良質な内部サイト・外部サイトへ向けたリンクを適切に設置した・サイト上部に目次コンテンツを設置し、必要なコンテンツにすぐ辿りつけるよう、ユーザービリティを高めた・ページ先頭に対策キーワードを含めて、テキスト文章を書き始めた・その他、facebookやTwitterなどのSNSを活用し、自然リンクが増えやすい仕組みにした。
上記から、内部を最適化し、コンテンツの質を高める!
関連性のあるコンテンツ・リンクを増やし、評価されやすくしながら、順位上昇を目指すことが重要!

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位、リンク、内部を調べ、必要な対策をアドバイスします(無料)
上位表示を目指すURL *
(例)http://○○.co.jp
上位表示を目指すキーワード *
(例)中古車
ご担当者様名 *
電話番号 *
メールアドレス *

※個人情報の管理は、「プライバシーポリシー」に同意の上お申し込みください

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリ:SEO事例
B!

最新記事
SEOラボをSNSで応援する
無料SEOツール
話題の記事
2017年7月 効果があったSEO対策は、被リンク【まとめ】
アメブロで上位表示できますか?【今月(2017年8月)の問合せ】
サイトの使いやすさ(UX=ユーザーエクスペリエンス)が重要なSEO要因になってきている
検索ユーザーが求めるコンテンツの考え方
「検索エンジン最適化スターターガイド」は最も効率のよいSEO技法である
ブログを2つ運営しています。同じ内容を投稿していいの?という問い合わせ
最近6位に上昇したページの対策教えます
他社のSEO商品を比較
最近、順位が落ちてきたというお問合せ
最近のSEO対策と順位決定の仕組み
人気記事BEST10
follow us in feedly