HOMESEO事例 > 5月17日の大変動で下落したページの傾向と対策まとめ

5月17日の大変動で下落したページの傾向と対策まとめ

2017/05/23[最終更新日]:2017/08/02
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年5月17日のGoogle大変動で下落したページでは、以下のような傾向が目立ちました。・競合上位の傾向と合ってない・検索クエリとタイトルとコンテンツの整合性が低い・対策キーワードを過剰に入れてる
5月17日の大変動で下落したページ順位上昇事例
対策内容 ・競合上位ページの傾向を確認し、タイトルタグやコンテンツ内容をオリジナリティーを持たせながら、対策ページに反映させる。例:上位化してるページのタイトル:「検索エンジンとは」「検索エンジン」上位化してないページのタイトル:「検索エンジンにサイト登録する方法教えます」 ・他のキーワードを含めて上位化を狙わず、検索クエリに対してのみ素直にタイトルとコンテンツを作成する。(対策キーワードが主体となるようなタイトル・コンテンツにする)例:検索クエリ「検索順位 上げる」の場合:ページタイトル例:「検索順位を上げるために必要な3つのコト」コンテンツ内容例:Googleで検索順位を上げるには、検索順位を上げるためのリンク対策、検索順位を上げるためのコンテンツ対策、検索順位が上がった事例 ・対策キーワード同士が近すぎる文章構成は避け、画像や関連文章を増やし対策ワードを適切に使いながらコンテンツを作成する。
上記より、タイトル・コンテンツの質を上げ、ページ価値を高める!
価値が高まれば、大変動でも順位維持・上昇しやすくなる
良質なページを増やし、リンクが集まりやすいサイトにしながら順位上昇を目指すことが重要!!

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位、リンク、内部を調べ、必要な対策をアドバイスします(無料)
上位表示を目指すURL *
(例)http://○○.co.jp
上位表示を目指すキーワード *
(例)中古車
ご担当者様名 *
電話番号 *
メールアドレス *

※個人情報の管理は、「プライバシーポリシー」に同意の上お申し込みください

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリ:SEO事例
B!

最新記事
SEOラボをSNSで応援する
無料SEOツール
話題の記事
検索ユーザーが求めるコンテンツの考え方
2017年7月 効果があったSEO対策は、被リンク【まとめ】
アメブロで上位表示できますか?【今月(2017年8月)の問合せ】
サイトの使いやすさ(UX=ユーザーエクスペリエンス)が重要なSEO要因になってきている
「検索エンジン最適化スターターガイド」は最も効率のよいSEO技法である
ブログを2つ運営しています。同じ内容を投稿していいの?という問い合わせ
最近6位に上昇したページの対策教えます
他社のSEO商品を比較
最近、順位が落ちてきたというお問合せ
最近のSEO対策と順位決定の仕組み
人気記事BEST10
follow us in feedly