HOME > ドメイン・サーバー
ドメイン・サーバー
英語ドメインと日本語ドメインのサイト順位比較!どっちがSEOに有利なのか?
このエントリーをはてなブックマークに追加
実験概要:日本語ドメイン(http://●時●人●●.com/)と英語ドメイン(http://a●●op●r.com/)の
順位比較実験。結果:両サイトとも上昇し、日本語ドメイン(http://●時●人●●.com/)の方が、より上昇した!
日本語ドメイン(http://●時●人●●.com/)と英語ドメイン(http://a●●op●r.com/)の順位を比較しました。「ドメイン取得日、サイトテーマ、キーワード、ページランク・本数」を同じ条件で設定。日本語ドメイン(http://●時●人●●.com/)は圏外から16位、英語ドメイン(http://a●●op●r.com/)は、圏外から27位。

今回の実験は、ドメイン取得日、サイトテーマ、キーワード、ページランク本数を同じ条件にし、
日本語ドメイン(http://●時●人●●.com/)と、英語ドメイン(http://a●●op●r.com/)の両サイトの順位を比較しました。

日本語ドメイン(http://●時●人●●.com/)が12/8に16位、英語ドメイン(http://a●●op●r.com/)が12/2に27位となり、両サイトとも順位上昇し、 日本語ドメインの方が、より上昇しました。

Googleは、サイトの中のタイトル、h1、サイトのテキストを見て重要なキーワードを認識し、サイトを評価しているため、サイトの顔でもあるドメインを全く無視する可能性は低いと思われます。
日本語ドメインに、「腕時計 人気」というキーワードを入れ、Googleから良い評価を受けたことが、日本語ドメインがより順位上昇した理由ではないかと考えます。

実験結果から、キーワードが入ったドメインは、順位上昇に効果的な要素と考えられます。

順位上昇に効果的な要素とは、Googleが評価する要素です。

Googleが評価する要素を入れて、SEO対策することが重要 です。

PR

この記事が役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。

この記事が役に立つと思ったら、ぜひ『いいね!』して下さい。

2 / 212
この記事が役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
新着実験
人気実験BEST10
カテゴリー
このブログが役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
このブログが役に立つと思ったら、ぜひ『いいね!』して下さい。