HOMEリンク対策 > Googleアルゴリズム分析!外部リンクは、本当に効かなくなっているのか?

Googleアルゴリズム分析!外部リンクは、本当に効かなくなっているのか?

2014/09/05[最終更新日]:2014/09/05
このエントリーをはてなブックマークに追加
概要:年末のGoogle大変動から2ヶ月が経ち、現在の被リンク効果が気になるところです…。結果:現在、被リンク効果は高まっている可能性が高いです。
実験サイト:http://●計●●●気.●●/、キーワード「●計● ●●気」。12/8のGoogleアルゴリズム大変動により、実験サイトはペナルティを受け、圏外となりました。Googleアルゴリズム大変動前に被リンク(ページランク3が10本、ページランク2が10本、ページランク1が10本)を設定したときは、16位まで順位上昇。12/8のGoogleアルゴリズム大変動後に被リンクを設定したときは、4位まで順位上昇しました。またnamazデータ(順位変動幅)を見ると、Googleアルゴリズム大変動前は、順位変動幅が大きく、Googleアルゴリズム大変動後は、競合との差により順位変動のため、順位変動幅が小さいと思われます。

上記順位グラフは、実験サイトのGoogle変動前と変動後の順位を比較したものです。

Google大変動前は被リンク本数30本(ページランク3が10本、ページランク2が10本、ページランク1が10本)で最高順位が16位。Google大変動後は、被リンク本数12本で、最高順位4位。

※実験サイトは12/18Google大変動でペナルティを受け、「PR3:10本 PR2:10本 PR1:10本」の被リンクを削除しました。
ペナルティ解除後、改めて「PR3:6本 PR2:4本 PR1:2本」の被リンクを設定しました。

Google大変動前と後の施策内容を比べると設定した被リンク本数は、半分以下になっているのに、 変動後の少ない被リンクを設定したほうが順位が、大幅に上昇 しています!
順位上昇した理由として、 Google大変動前よりGoogleのアルゴリズムで被リンクの順位上昇効果が高まってる ためと考えられます。
※Google大変動前後の被リンクは、同じ被リンクサイトからではないため厳密な比較実験ではございません。

PR

また、namazデータから、
Google大変動後に順位変動幅が小さいのは、アルゴリズムによる変動がなく、競合との競争だけで順位が入れ替わっているからだと思われます。
※Google大変動前は、Googleアルゴリズムの変更(検索エンジンのルール変更)による順位入れ替わりのため、順位変動は激しいです。
よって、今の状態は、 競合に勝てるようにSEO対策をすることにより上位になれる と言っても過言ではありません。

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位、リンク、内部を調べ、必要な対策をアドバイスします(無料)
上位表示を目指すURL *
(例)http://○○.co.jp
上位表示を目指すキーワード *
(例)中古車
ご担当者様名 *
電話番号 *
メールアドレス *

※個人情報の管理は、「プライバシーポリシー」に同意の上お申し込みください

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリ:リンク対策
B!

最新記事
SEOラボをSNSで応援する
無料SEOツール
話題の記事
検索ユーザーが求めるコンテンツの考え方
2017年7月 効果があったSEO対策は、被リンク【まとめ】
アメブロで上位表示できますか?【今月(2017年8月)の問合せ】
サイトの使いやすさ(UX=ユーザーエクスペリエンス)が重要なSEO要因になってきている
「検索エンジン最適化スターターガイド」は最も効率のよいSEO技法である
ブログを2つ運営しています。同じ内容を投稿していいの?という問い合わせ
最近6位に上昇したページの対策教えます
他社のSEO商品を比較
最近、順位が落ちてきたというお問合せ
最近のSEO対策と順位決定の仕組み
人気記事BEST10
follow us in feedly