HOMEリンク対策 > 今、被リンクは本当に効果があるのか?

今、被リンクは本当に効果があるのか?

2014/09/14リンク対策[最終更新日]:2014/09/14
このエントリーをはてなブックマークに追加
概要:2013年末のGoogleアルゴリズム変更により、順位不安定になったサイトが多くありました。
被リンクのペナルティを受け、被リンクの効果はもう薄れてるんじゃないかと心配されている方もいるでしょう。結論:しかし、被リンクはやはり最も効果的なのです。
美容系キーワードでは、2013年6月8日に日本語リンク(日本語サイトからの被リンク)を設定し、
圏外から1位に上昇 しました。Googleアルゴリズム変更があっても、1位を維持 しています。ビジネス系キーワードでは、2014年1月8日に日本語リンク(日本語サイトからの被リンク)を設定し、
10日で5位に上昇 しました。

上記3事例の順位上昇・維持してる理由は、競合調査し、日本語リンク(日本語サイトからの被リンク)を設定したためと考えられます。

最新SEO研究で、順位上昇と相関が非常に高いSEO要因は、「被リンク数」といわれています。
※seo-mozやサイバーエージェントと京都大学の最新SEO研究記事参考

被リンクは数を増やすことで、順位上昇の可能性は高まりますが、ある一定の閾値を超えると、ペナルティに引っかかる可能性があります。
被リンクは数だけでなく、 質も重要 です。

PR

質とは、高ページランクで良質なサイトからの被リンクのことです。
良質なサイトとは、Googleアルゴリズムに評価されやすいサイトのことです。

現在のGoogleアルゴリズムに評価されやすいサイトとは、 日本語サイト です。
※現在のGoogleアルゴリズムでは、海外語リンク(海外語サイトからの被リンク)よりも、日本語リンク(日本語サイトからの被リンク)の評価が高まってる傾向です。

このことから、
日本語リンク(日本語サイトからの被リンク)を設定することは、Googleに評価され、
上記事例のように順位上昇の可能性が高まると考えられます。

PR
あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位、リンク、内部を調べ、必要な対策をアドバイスします(無料)
期間限定!今だけ両方プレゼント!「Googleが嫌うリンク3つ教えます」と【順位が上がらない方へ】SEO内部レポートプレゼント
上位表示を目指すURL *
(例)http://○○.co.jp
上位表示を目指すキーワード *
(例)中古車
会社名/組織名 *
(例)株式会社○○○
ご担当者様名 *
電話番号 *
メールアドレス *

※個人情報の管理は、「プライバシーポリシー」に同意の上お申し込みください

このエントリーをはてなブックマークに追加
最新記事
このブログが役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
新着実験
人気実験BEST10
カテゴリー
このブログが役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
このブログが役に立つと思ったら、ぜひ『いいね!』して下さい。
follow us in feedly