HOMEリンク対策 > ペンギンアップデート3.0の前に確認!パンダアップデート4.0以降に下落したサイトの外部リンクの共通傾向

ペンギンアップデート3.0の前に確認!パンダアップデート4.0以降に下落したサイトの外部リンクの共通傾向

2014/09/19[最終更新日]:2015/10/01
このエントリーをはてなブックマークに追加
5月中~6月始めに下落したサイトには、被リンクに大きな特徴がありました。
ギフト系キーワードで、5/21のパンダアップデート4.0で9位まで順位下落し、アンカーテキスト分散で被リンク設定後、6/10に3位まで戻り、除々に順位回復しています。

上記は、5/21のパンダアップデート4.0で9位まで順位下落し、アンカーテキスト分散で被リンク設定後、
6/10に3位まで戻り、除々に順位回復してる事例です。

順位下落した理由は、 アンカーテキストが集中してたから です。

アンカーテキストをSEOワード中心に設定していたケースが多くあります。

PR

アンカーテキストを集中して設定することで、Googleから作為的なリンクと見られサイトの評価が下がる恐れがあります。
サイトの評価が下がれば、順位下落する可能性が高まります。

順位下落する可能性を抑えるためにも、 アンカーテキスト分散で被リンク設定することが重要 です。

アンカーテキスト分散で被リンク設定すれば、5月中~6月始めのようなアップデートが再び起こっても
順位下落を防げる可能性が高まります。

ペンギンアップデートで抑えるべきSEOスパム・リンク対策チェックリスト全26項目 リスト無料ダウンロードはこちら⇒

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位、リンク、内部を調べ、必要な対策をアドバイスします(無料)
上位表示を目指すURL *
(例)http://○○.co.jp
上位表示を目指すキーワード *
(例)中古車
ご担当者様名 *
電話番号 *
メールアドレス *

※個人情報の管理は、「プライバシーポリシー」に同意の上お申し込みください

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリ:リンク対策
B!

最新記事
SEOラボをSNSで応援する
無料SEOツール
話題の記事
検索ユーザーが求めるコンテンツの考え方
2017年7月 効果があったSEO対策は、被リンク【まとめ】
アメブロで上位表示できますか?【今月(2017年8月)の問合せ】
サイトの使いやすさ(UX=ユーザーエクスペリエンス)が重要なSEO要因になってきている
「検索エンジン最適化スターターガイド」は最も効率のよいSEO技法である
ブログを2つ運営しています。同じ内容を投稿していいの?という問い合わせ
最近6位に上昇したページの対策教えます
他社のSEO商品を比較
最近、順位が落ちてきたというお問合せ
最近のSEO対策と順位決定の仕組み
人気記事BEST10
follow us in feedly