HOME外部対策 被リンク効果 > 順位が上がらない場合どうしたらいの?
外部対策
順位が上がらない場合どうしたらいの?
2016/02/08外部対策 被リンク効果[最終更新日]:2016/08/03
このエントリーをはてなブックマークに追加

SEO対策してもなかなか順位が上がらない場合があります。

順位が上がらない場合は、サイトに付いてる被リンク調べ、危険なリンクがあるか確認しましょう。
昨今、危険なリンクを否認し、順位上昇するケースが多く見られます。

SEO対策しても順位が上がらない場合どうしたらいの?

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?あなたが知らない被リンク調べ、リンク否認作業見積ります(無料)⇒

PR
目次

危険なリンクと現状
危険なリンクと被リンクの「質」
危険なリンクと検索順位
危険なリンクの種類
危険なリンクを否認し、順位が上がった事例
危険なリンクを否認するために、どうすれば良いか?
まとめ

危険なリンクと現状

現状、危険なリンクは70%以上のサイトに付いてることがわかってます。
10サイト中7サイト以上に危険リンクがあり、順位上昇の妨げとなってる可能性があります。
危険リンクを否認し被リンクの質を高めることで、上昇できる可能性を秘めたサイトがあるということです。
※ペナルティ解除支援ツール akakurage.jp分析データ

ペナルティ解除支援ツール akakurage.jp分析データ

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?あなたが知らない被リンク調べ、リンク否認作業見積ります(無料)⇒

危険なリンクと被リンクの「質」

サイトを運営してれば、少なからず被リンクが増えます。
増えた被リンクには、良いリンクとダメなリンクが存在し、ダメなリンクの割合が多いと、被リンクの質が低下しやすくなります。

ダメなリンクを増やさないために、定期的に、被リンクを調査し、危険なリンクを否認することが大切です。

質の高い被リンクを増やしながら、被リンクの「質」と「量」を最適化しましょう。

危険なリンクと検索順位

危険なリンクが増えリンクの質が下がると、サイトが評価されずらくなり、検索順位に影響が出る可能性があります。

この場合、いくらSEO対策しても順位が上がらず、コストの割りに、順位が伴わないということになります。

サイトを運営して時間がたつ場合、まず被リンクを見直し、危険なリンクが無いかチェックしてみることをおすすめします。

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?あなたが知らない被リンク調べ、リンク否認作業見積ります(無料)⇒
危険なリンクの種類

危険なリンクにはどのような種類が存在するのか?
危険なリンクの種類とどんなリンクか解説します。

・過去SEO会社に頼んだリンク
過去にSEO会社に頼み張られたリンクです。
昔、SEO対策してた場合、質の低いリンクがSEO会社によって張られてる場合が有ります。

・ディレクトリ型登録のリンク
yomisearchやyahooディレクトリ登録などのディレクトリ登録型のリンクです。
このようなリンクは、リンク集ページからの質の低いページからのリンクとなります。

・相互リンク集からのリンク
リンクのみの一覧が並んだ、テキストが少ない質の低いぺページからのリンクです。
あなたのページをリンクするので、リンクしてくださいのような、一昔前に流行ったリンクの増やし方の一つです。

・直接アンカーテキストからのリンク
直接的なSEOワードからの被リンクは、質が低いリンクの一つです。
すこし前は、直接的なワードでも、順位が上がってました。
しかし、Googleの取締りが強化され、タイトルや、SEOワードを含むオリジナルテキスト等からのアンカーテキストが評価されるようになりました。

・隠しリンク
見た目でわからないような、背景色と同じ色のリンク、スタイルのテキストインデント等で飛ばすリンクは、SEOスパム行為であり、質の低いリンクの一つです。

・コメントリンク
ブログのコメントにリンクを張り、ページランクを渡すために自分のサイトに誘導するようなリンクは質の低いリンクの一つです。

・同じコンテンツからの大量リンク
フッターやサイドカラムなど、同じサイトの同一コンテンツからの大量リンクは、質の低いリンクの一つです。

・自作自演リンク
被リンクを増やすために作ったサイトからリンクすることは、作為的なリンクと見られる可能性があります。

この中で、特に多いのが過去にSEO会社で対策した被リンクが残ってるケースです。このリンクが残ってることで、SEO対策しても上昇しないサイトが増えています。

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?あなたが知らない被リンク調べ、リンク否認作業見積ります(無料)⇒
危険なリンクを否認し、順位が上がった事例

危険なリンクを否認し、リンクの質が高まれば、順位上昇する可能性があります。
以下は、その例です。

危険なリンクを否認し、順位上昇した事例

上記は、低品質なリンク(危険なリンク)が多いため、順位上昇しづらい状況でした。
実際に、危険なリンクを否認し、59位から18位まで上昇しました。

先ほど紹介した、「過去SEO会社に頼んだリンク」「相互リンク集からのリンク」等の危険なリンクを否認し、
リンクの質が良くなったことで、サイトが評価され、順位上昇したものと思われます。

危険なリンクを否認するために、どうすれば良いか?

危険なリンクを否認するために以下で手順を踏みます。
①サイトに付いてる被リンクを全てチェック
②リスト化した被リンクから、危険なリンクを洗い出す
③危険なリンクを否認する

①サイトに付いてる被リンクを全てチェック
サイトに付いてる被リンクは、基本は「サーチコンソール」からリストをダウンロードします。しかし、これだけでは、全部のリンクが取得できません。
サーチコンソールと合わせて、「SEOMOZ」「ahrefs」から、リンク取得する必要があります。
「SEOMOZ」「ahrefs」は、有料ツールからのリンク取得になります。

「サーチコンソール」「SEOMOZ」「ahrefs」の3つのツールから全ての被リンクを取得し、リスト化しましょう。

②リスト化した被リンクから、危険なリンクを洗い出す
取得した被リンクリストから、危険なリンクを一つずつ見ていきます。
被リンク数が多いと結構大変な作業です。

危険なリンクを以下のように洗い出し出します。

危険なリンクを洗い出した被リンクリスト

③危険なリンクを否認する
危険なリンクを否認するため、サーチコンソールにログインし、危険リンクのみ記述したtxtファイルをアップロードします。 以後の手順は以下が参考になります。
参考:否認するリンクを洗い出したら、リンク否認ツールのページに移動し、サイトURLを選択後、「リンクの否認」をクリックします

否認したリンクがGoogleに認識され、被リンクが評価されれば、順位上昇の可能性も高まるでしょう。

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?あなたが知らない被リンク調べ、リンク否認作業見積ります(無料)⇒
まとめ

順位が上がりずらかったら、被リンクを疑ってみてください。
被リンクは一番重要なSEO要因です。

被リンクを単に増やすだけでなく、質を調整しながら、良い被リンクを増やすことが大切です。

被リンク状態が改善すれば、サイトの評価も高まり、順位上昇しやすいサイトになるでしょう。

紹介した危険なリンクを参考に、今一度自サイトの被リンクをチェックしてみることをおススメします。

PR
あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位、リンク、内部を調べ、必要な対策をアドバイスします(無料)
期間限定!今だけ両方プレゼント!「Googleが嫌うリンク3つ教えます」と【順位が上がらない方へ】SEO内部レポートプレゼント
上位表示を目指すURL *
(例)http://○○.co.jp
上位表示を目指すキーワード *
(例)中古車
会社名/組織名 *
(例)株式会社○○○
ご担当者様名 *
電話番号 *
メールアドレス *
このエントリーをはてなブックマークに追加
最新記事
このブログが役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
新着実験
人気実験BEST10
カテゴリー
このブログが役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
このブログが役に立つと思ったら、ぜひ『いいね!』して下さい。