HOMEGoogleアルゴリズム 内部対策 > 【SEO内部対策】当たり前すぎるけどやってない人多すぎの内部対策!この3つの内部対策は必ずやってください!

【SEO内部対策】当たり前すぎるけどやってない人多すぎの内部対策!この3つの内部対策は必ずやってください!

2014/12/20[最終更新日]:2017/08/07
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事でも書きましたが、Googleのアルゴリズムは変化していて、バランスよく内部対策をしていかなければなりません。

しかし、当社に無料調査を頼んでくる方でも基本的なSEO内部対策ができていない場合が多いです。

年末前のおさらいを兼ねて、基礎的ですが、やっていない人が多すぎる3つの内部対策を解説します。


ページのタイトル


内部対策で一番重要なのが、ページのタイトルです。

PR

ページのタイトルを最適化するだけで、順位がぐっと上がる場合も多くあります。

タイトルの最適化のポイントは、3つです。

  • タイトルの一番左にキーワードを入れる。
  • 競合他社との差別化を図り、クリックされるようにする
  • サイト内で同じタイトルを付けない
  • タイトルにキーワードを入れるのはもちろん、なるべく最初に入れるようにしましょう。
    これは、最初にあるキーワードが書いてあるテーマだとGoogleが認識しやすいためです。

    競合他社との差別化を図るのは、検索ユーザーからクリックをしてもらうためです。
    当然、順位が上の方がクリック率は高くなりますが、一律ではありません。
    このSEOラボもいろいろなキーワードでクリックされていますが、平均順位8.5位でクリック率25%のキーワードや平均順位18位でクリック位率23%のキーワードもあります。
    これは、「順位変動」や「Google アルゴリズム」系のキーワードで、競合他社と差別化されているタイトルが要因になっていると思われます。
    クリック数が高めれば、順位も上昇しやすくなりますので、クリックされるタイトルを作ることが重要です。

    サイト内で同じタイトルを付けないとは、GoogleはWEBマスターツールで重複のあるタイトルを表示している通り、ページは、すべて違うタイトルであることを推奨しています。
    同じタイトルを付けるとサイト内でキーワードに対する評価が重複してしまい、どちらのページも上がらないという現象になる場合があります。
    これをさけるためにもすべてのページで違うタイトルをつけましょう。


    キーワードの数


    そのページで狙っているキーワードの数を一番多くしてください。

    これは、Googleが、ページの中で一番多いキーワードをそのページのテーマとして認識しやすいからです。

    キーワードを増やすときは、altやメニューなどで増やすのではなく、本文のテキストの中に増やすことをお勧めします。


    ページごとに違うキーワードを設定


    現在、Googleは、1ページ1キーワードでなければ上がりづらくなっています。

    専門的なページを上位化したほうが検索ユーザーの期待に応えられると思われるからです。

    1つのサイトでSEO対策するときにTOPページ以外でのメインキーワードで記事を書いたりする場合がありますが、ページ1つ1つに別なキーワードを設定してください

    上でも書きましたが、同じテーマのページがあるとGoogleがどちらを上げていいかわからなくなり、どちらも上がらないという現象になってしまう場合があります。

    少なくともTOPページとカテゴリページは、違うキーワードを設定して、SEO対策をしてください。


    まとめ


    上記の対策は、基礎的なものですが、でできていない人が多いのが実情です。

    Googleは、専門的なページを上位化する傾向があります。
    そのためには、ページを狙っているキーワードでGoogleに認識してもらう必要があります。
    Googleに認識してもらうためには、タイトルやキーワード数、サイト内の他のページとのテーマの差別化が必要です。

    年末年始にぜひもう一度見直してみてください。

    あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位、リンク、内部を調べ、必要な対策をアドバイスします(無料)
    上位表示を目指すURL *
    (例)http://○○.co.jp
    上位表示を目指すキーワード *
    (例)中古車
    ご担当者様名 *
    電話番号 *
    メールアドレス *

    ※個人情報の管理は、「プライバシーポリシー」に同意の上お申し込みください

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    B!

    最新記事
    SEOラボをSNSで応援する
    無料SEOツール
    話題の記事
    2017年7月 効果があったSEO対策は、被リンク【まとめ】
    アメブロで上位表示できますか?【今月(2017年8月)の問合せ】
    検索ユーザーが求めるコンテンツの考え方
    サイトの使いやすさ(UX=ユーザーエクスペリエンス)が重要なSEO要因になってきている
    「検索エンジン最適化スターターガイド」は最も効率のよいSEO技法である
    ブログを2つ運営しています。同じ内容を投稿していいの?という問い合わせ
    最近6位に上昇したページの対策教えます
    他社のSEO商品を比較
    最近、順位が落ちてきたというお問合せ
    最近のSEO対策と順位決定の仕組み
    人気記事BEST10
    follow us in feedly