HOMEGoogleアルゴリズム > 【SEO対策】エイプリルフールなのでSEOの都市伝説をウソかホントか判定します
Googleアルゴリズム
【SEO対策】エイプリルフールなのでSEOの都市伝説をウソかホントか判定します
2015/04/01Googleアルゴリズム[最終更新日]:2015/04/01
このエントリーをはてなブックマークに追加

本日4月1日は、エイプリルフールです。

ウソをついても許される日ですが、SEOの世界では、ウソか真かわからない都市伝説がいくつもあります。

今回は、SEOの都市伝説をホントかウソかを判定します。

PR
SEO対策都市伝説 エイプリルフール

スマホサイトは、レスポンシブウェブデザインにするとSEOに有利


答え:ウソ

Googleは、スマホサイトの作成方法では、順位に差をつけていない。

レスポンシブウェブデザインは、サイトのメインテナンスが有利などといった特徴があるが、それでSEOに有利になるとかはない。


被リンクは、もう効果がないどころか、逆に危険だ


答え:ウソ

被リンクは、今でもSEOで重要な要素であり、被リンクが危険であることはありません。

ただし、Googleのスパム対策の進化によって、人工的な被リンクと自然な被リンクがだんだんと区別がつくようになってきております。

過去のSEO対策のように何でも良いから被リンクをたくさんつけると順位が上がるというものではなくなっているということです。


被リンクより内部対策が重要だ


答え:ケースバイケース

現在、内部対策は重要になってきています。
しかし、被リンクと比べてどちらが重要かというとそのサイトが置かれている状況によります。

サイトを立ち上げたばかりでSEO対策して、狙ったキーワードで順位を上昇させたい場合などは、被リンクが重要です。

順位が100位以下などの場合は、被リンクがなくて順位が上がっていない場合が多いです。

逆に現在狙ったキーワードで8位でさらに上昇を目指す場合などは、被リンクより内部対策としてコンテンツの充実などをするほうが上昇しやすい傾向にあります。

どちらの要素がより重要というものではなく、両方必要であるが、サイトの置かれた状況によって、どちらの対策を先に実施するかが違うということです。


不自然なリンクの手動ペナルティを解除するときは、削除したリンクなどをGoogleに知らせて、ペナルティ解除するためにした努力を伝える必要がある


答え:ウソ

不自然なリンクのペナルティ解除の方法でたまに目をするのが、再審査リクエスト時にペナルティ解除までに何をやったか報告するとペナルティが解除されるというものです。

実際に、当社では、まったく報告しなくても、何度も手動ペナルティを解除したことがあります。

不自然なリンクの手動ペナルティでは、原因となる被リンクを削除もしくは否認することでペナルティが解除されます。


Facebook のいいね!が多いと順位が上がる


答え:ウソ

Facebookは、基本的にrobots.txtなどでGoogleのクローラーをブロックしているので、いいねの総数などは、わからないようになっています。

Googleがわからないものを順位の要素として扱うことは、不可能です。

参考記事
【Facebook】SEO対策に効果的 !? フェイスブックのいいねを集めると順位が上がるのか?1000いいね集めた時の順位公開します!


1ページの文字数は、多いほうが順位が上がる


答え:微妙

文字数が多いからといって、順位が上昇するわけではありません。
よってウソといえます。

しかしブログ記事に限って言えば、文字数が多い記事の方が、検索ユーザーの求めているものがある場合が多く、さらにアメリカの文字数と被リンク数の関連の調査で言えば、2000文字以上で被リンクが多く獲得できるようになっているという調査があります。

もちろん中身が伴っていることが前提ですが、このSEOラボでも文字数が、2000文字を越える記事の方が検索順位も高い傾向にあります。

質の高い記事が、必ずしも文字数が多いとは限りませんが、その傾向は高いといえるでしょう。


グーグルの社員や発表されたSEOの情報はすべて真実である


答え:ウソ

GoogleがSEOに関して発している情報は、全部真実かというとそんなことはありません。

もちろん、Googleがユーザーを騙すためにウソをついているわけではありません。

情報を発したときは本当だったが、その後の都合で変更になった場合や社員が発した情報が情報不足で補足が必要な場合、真実を告げると検索ユーザーに不利益になる場合などにGoogleの発する情報が真実ではなくなってしまうのです。

たとえば、名言はしていませんが、ページランクの更新がもうなくなるといっていたのに、他の情報を更新する都合でページランクを更新したり、ネガティブSEOは、できないと発表していたのに、実際はできるし、後になってそれを認めたりなどといったことがあります。


まとめ


SEOは、Googleが独自に順位を決めていて、仕組みがブラックボックスになっているので、いろいろなうわさや都市伝説があります。

さらにすべてのサイトや状況でも通用するような知識もあれば、そのサイト、その置かれている状況でしか通用しない知識など様々なものがあります。

Googleの進化もあり、現在のSEO対策は複雑になってきております。

うわさに惑わされずに、常に自分のサイトと競合とを分析して、自分にあったSEO対策をすることをお勧めいたします。

PR
あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位、リンク、内部を調べ、必要な対策をアドバイスします(無料)
期間限定!今だけ両方プレゼント!「Googleが嫌うリンク3つ教えます」と【順位が上がらない方へ】SEO内部レポートプレゼント
上位表示を目指すURL *
(例)http://○○.co.jp
上位表示を目指すキーワード *
(例)中古車
会社名/組織名 *
(例)株式会社○○○
ご担当者様名 *
電話番号 *
メールアドレス *
このエントリーをはてなブックマークに追加
最新記事
この記事が役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
新着実験
人気実験BEST10
カテゴリー
この記事が役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
この記事が役に立つと思ったら、ぜひ『いいね!』して下さい。