HOMEGoogleアルゴリズム > 【Googleアルゴリズム】クオリティアップデートで5月初旬順位変動
Googleアルゴリズム
【Googleアルゴリズム】クオリティアップデートで5月初旬順位変動
2015/05/25Googleアルゴリズム[最終更新日]:2015/05/25
このエントリーをはてなブックマークに追加

5月の初旬、4日前後にちょっとした順位変動がありましたが、それがGoogleのアルゴリズムアップデート「クオリティアップデート」だったことが判明しましたので、解説します。

Googleクオリティアップデート画像

クオリティアップデートとは


クオリティアップデートとは、5月初旬にあったGoogleの順位変動でGoogleが発表したアップデートで、内容は、コンテンツの品質を評価するアルゴリズムを更新したというもので、パンダやペンギンアップデートのように一部のサイトを対象としたものではなく、Googleの根本となるアルゴリズムを変更したもののようです。

これは、Search Engine LandがGoogleに問い合わせ、それにGoogleが回答した形でわかったようです。

PR

クオリティアップデートの影響は?


namaz5月4日の順位変動

順位変動ツールnamaz.jpでは、5月4日に6.7位という中程度の変動を記録しています。

実際に影響を受けたのは、一部のサイトだったと思われます。

海外SEO情報ブログに今回のクオリティアップデートで影響があったと思われる項目がありましたので引用して紹介します。

  • タグページを量産しているサイト
  • 動画と広告だけのメインコンテンツに乏しいページ
  • 他のサイトからのシンジケーション(コピーコンテンツ)
  • フォントが小さかったりリンクばかりだったりする使いづらい昔ながらのページ
  • どうでもいいコメントばかりのページ
  • 内容が薄っぺらいページ
  • Above the foldが広告ばかりのページ
  • 低品質なサイトから超大量にリンクが張られているサイト
  • ※Above the fold スクロールしないで見ることができる領域、ファーストビューなどとも呼ばれる
    海外SEOブログ Google、コンテンツ品質に関わる「クオリティ アップデート」を5月初めに実施済み

    パンダアップデートの項目と似ています。

    実際は、かなり近いのではないかと思っています。これは、私の考えですが、今までのパンダアップデートでわかったノウハウを全体のアルゴリズムに適用したとも取れる内容です。


    パンダアップデートとクオリティアップデートの違い


    上記で書いたとおり、内容としては、パンダアップデートとクオリティアップデートは、あまり違いは見られません。

    この2つのアップデートの違いは、ある特定のサイトに対しての調整か、全体の調整かという違いです。

    パンダアップデートは、限定的な調整、クオリティアップデートは、全体的な調整ということです。


    まとめ


    実際にこのクオリティアップデートで影響を受けたのは、2chまとめたNEVERまとめの一部が順位を下げているようです。

    SEOラボは、特に順位には影響なく、一部キーワードでは逆に高くなったくらいです。

    オリジナルコンテンツで質の高いコンテンツを提供しているサイトは、今回のクオリティアップデートでは、順位が高くなったサイトも多かったのではないでしょうか。

    PR
    あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位、リンク、内部を調べ、必要な対策をアドバイスします(無料)
    期間限定!今だけ両方プレゼント!「Googleが嫌うリンク3つ教えます」と【順位が上がらない方へ】SEO内部レポートプレゼント
    上位表示を目指すURL *
    (例)http://○○.co.jp
    上位表示を目指すキーワード *
    (例)中古車
    会社名/組織名 *
    (例)株式会社○○○
    ご担当者様名 *
    電話番号 *
    メールアドレス *
    このエントリーをはてなブックマークに追加
    最新記事
    このブログが役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
    新着実験
    人気実験BEST10
    カテゴリー
    このブログが役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
    このブログが役に立つと思ったら、ぜひ『いいね!』して下さい。