HOMEGoogleアルゴリズム > Googleモバイルフレンドリーアルゴリズム更新!モバイル順位状況・インタースティシャル広告について
Googleアルゴリズム
Googleモバイルフレンドリーアルゴリズム更新!モバイル順位状況・インタースティシャル広告について
2015/11/10Googleアルゴリズム[最終更新日]:2015/11/12
このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年11月2日にGoogleはモバイルフレンドリーアルゴリズム更新を発表。
今回のモバイルフレンドリーアルゴリズム更新に伴い、アプリインストールを促すインタースティシャル広告がモバイルフレンドリー対象外となりました。
※参考:海外SEO情報ブログ「Google、モバイルフレンドリーアルゴリズムを更新。アプリインストールのインタースティシャルはモバイルフレンドリーではない

Googleモバイルフレンドリーアルゴリズム更新!モバイル順位状況とインタースティシャル広告について
今回のモバイルフレンドリーアルゴリズム更新 5つのTOPICS

① 9月に予告の11月1日実施予定から1日遅れの11月2日更新
② Google+で導入開始をアナウンス
③ モバイルフレンドリーテストも更新
④ 検索結果から移動した際に表示されるコンテンツの大部分を覆い隠す、アプリのインストールを促すインタースティシャル広告だけモバイルフレンドリー対象外。
⑤ 代替策に、Google推奨のアプリインストールバナーを使うようにする

モバイル順位状況 参考:namaz.jp
namaz 順位変動幅
日付 順位変動幅 日付 順位変動幅
10月28日 3.2位 11月4日 3.4位
10月29日 3.3位 11月5日 3.5位
10月30日 2.8位 11月6日 4.3位
10月31日 3.1位 11月7日 3.5位
11月1日 3位 11月8日 3.8位
11月2日
モバイルフレンドリーアルゴリズム更新
3.8位 11月9日 4位
11月3日 4.4位 11月10日 3.4位

今のとこ大きな変動はありません。
直近で、公式アナウンスされた次の日(11月3日)が一番大きな変動となってます。

PR

順位への影響は少ないですが、モバイルフレンドリーにし、推奨されてるアプリインストールバナーでアプリインストールを促すようにしましょう。

Googleのサポートに従いながら、バナーを改善し、 ユーザー・クローラービリティを考えながら、サイトを運営することが重要です。

良いサイトを作り、良い順位を目指しながら、SEO対策を進めましょう。

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・内部・リンクを調べ、必要な対策をご案内します。

インタースティシャル広告例

今回のアルゴリズムアップデートは、インタースティシャル広告の表示扱いに関するアップデートです。

実際どのようなインタースティシャル広告が良いか、ダメか以下例となります。

ダメな例 – コンテンツの大部分を覆い隠すようなインタースティシャル広告
コンテンツの大部分を覆い隠すようなインタースティシャル広告
Google推奨の例 – Chrome – ネイティブアプリ インストールバナー
Chrome – ネイティブアプリ インストールバナー
Google推奨の例 – Safari – スマートバナー
Safari – スマートバナー

上記より、検索結果から移動した際に表示される、コンテンツの大部分を覆い隠すようなバナーは避け、
Google推奨のアプリインストールバナーを使うようにしましょう。

▼Google推奨のアプリインストールバナー参考サイト
・Safari – スマートバナー Promoting Apps with Smart App Banners
・Chrome – ネイティブアプリ インストールバナー Increasing engagement with Web App install banners | Web Updates – Google Developers

モバイルフレンドリーテスト事例

コンテンツの大部分を覆い隠すインタースティシャル広告は、モバイルフレンドリーテストではじかれます。
モバイルフレンドリーテストでは、「コンテンツををアプリインストールインタースティシャルでブロックしている」と表示されます。

モバイルフレンドリーテスト結果
スマホ・モバイルSEOで抑えるべき7つのポイントまとめ

2015年4月のGoogleモバイルフレンドリーアップデート以降、スマホSEOが必要となりました。
今までの情報を元に、スマホの順位上昇(最適化)に必要な一般的なポイント、7つは以下です。

① Google推奨のバナーに合わせたインタースティシャル広告にする
② 表示速度を改善する
③ 適切なリダイレクトを設定する(PCサイトからスマホサイト)
④ 適切な文字サイズにする
⑤ リンク同士の間隔を最適化する
⑥ コンテンツサイズを最適化する
⑦ モバイル用 viewport を設定する

上記は、あらゆるSEOサイトで、スマホSEOのポイントに挙げられています。

まずこれらのポイントを抑え、モバイルフレンドリーテストでチェックしながら、スマホ最適しましょう。

一番重要なのは、Google推奨のルールに合わせ、良質なコンテンツと被リンクを増やしながら、順位上昇を目指すことです。

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・内部・リンクを調べ、必要な対策をご案内します。

スマホ・モバイルSEOおすすめ関連記事

・SEOラボ:「【スマホSEO】スマホ順位を上げるために抑えておくべき3つのコト
・スマホ対応 最前線ブログ:「スマホ対応 最前線ブログ | スマホ対応のノウハウを発信するブログです。
・Web担当者Forum:「インタースティシャル広告・ポップアップは滅びるべき。ユーザー体験の天敵だ

PR
あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位、リンク、内部を調べ、必要な対策をアドバイスします(無料)
期間限定!今だけ両方プレゼント!「Googleが嫌うリンク3つ教えます」と【順位が上がらない方へ】SEO内部レポートプレゼント
上位表示を目指すURL *
(例)http://○○.co.jp
上位表示を目指すキーワード *
(例)中古車
会社名/組織名 *
(例)株式会社○○○
ご担当者様名 *
電話番号 *
メールアドレス *
このエントリーをはてなブックマークに追加
最新記事
この記事が役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
新着実験
人気実験BEST10
カテゴリー
この記事が役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
この記事が役に立つと思ったら、ぜひ『いいね!』して下さい。