HOMEGoogleアルゴリズム > Google検索アルゴリズムとは~変更(アップデート)履歴とSEOについて

Google検索アルゴリズムとは~変更(アップデート)履歴とSEOについて

2016/09/16Googleアルゴリズム[最終更新日]:2017/04/28
このエントリーをはてなブックマークに追加

Google検索アルゴリズムを把握し、評価されてる要因を中心にSEO対策することが大切です。

今回は、Google検索アルゴリズムの変更履歴や歴史、Google検索アルゴリズムとSEOについて中心に解説したいと思います。

Google検索アルゴリズムとは~変更(アップデート)履歴とSEOについて

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・リンク・内部を調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

PR

Google検索アルゴリズムとは

Google検索アルゴリズムとは、200以上の要素で構成されたGoogle検索順位を決める仕組みのことです。

Google検索アルゴリズムは、日々調整され、大きな変更がある場合、Google公式にアップデートのアナウンスをすることがあります。

Google検索アルゴリズムの変更(アップデート)履歴と歴史

Google検索アルゴリズムの変更(アップデート)は、以下のような履歴・歴史があります。
※参考:Google Algorithm Change History – Moz

大きな順位変動中心に弊社独自の観測も交えてますので、ぜひご参考ください。

日付 アップデート名 備考
2017/4/26 Googleアウルアップデート Google公式アナウンス。フェイクニュース(偽ニュース)サイトに対し制裁。
2017/4/17 Googleアルゴリズムアップデート namaz・海外で大変動。一部キーワード順位影響あり。
2017/4/4 Googleアルゴリズムアップデート かなり小規模。影響軽微。フレッドアップデートの微調整
2017/3/13 Googleフレッドアップデート継続 namazで大変動。継続的に一部のサイトで影響あり。公式発表なし。「リンク品質」と「広告を重視した低品質コンテンツ」対象の可能性
2017/3/9 Googleフレッドアップデート namazで大変動。一部のサイトで影響あり。公式発表なし。
2017/2/10 Googleアルゴリズムアップデート namazで大変動。一部のサイトで影響あり。公式発表なし。弊社独自観測。
2017/2/7 Googleアルゴリズムアップデート 公式発表なし(2017年2月3日のGoogle公式のアップデート「低品質なサイトへ制裁」とは関係なし)。弊社独自観測。一部のサイトで影響あり。
2017/2/3 Googleアルゴリズムアップデート Google公式アナウンス。日本語検索対象。低品質なサイトへ制裁。
2017/1/24 Googleアルゴリズムアップデート継続 2017年1月9日2017年1月14日のGoogleアルゴリズムアップデートが継続。公式発表なし。弊社独自観測。一部のサイトで影響あり。
2017/1/14 Googleアルゴリズムアップデート継続 2017年1月9日のGoogleアルゴリズムアップデートが継続。公式発表なし。弊社独自観測。一部のサイトで影響あり。
2017/1/10 Googleインタースティシャルペナルティ モバイル対象。一部サイト軽微な影響あり。
2017/1/9 Googleアルゴリズムアップデート 公式発表なし。弊社独自観測。一部のサイトで影響あり。
2016/12/9 Googleアルゴリズムアップデート 公式発表なし。弊社独自観測。一部のサイトで強い影響あり。
2016/11/18 Googleアルゴリズムアップデート 2016年11月10日のアップデートをロールバック?
2016/11/10 Googleアルゴリズムアップデート 一部のサイトで強い影響あり。
2016/9/23 ペンギンアップデート4.0 Gooole公式発表、リアルタイム更新に。2016年10月13日に完全展開完了(ロールアウト)
2016/9/14 Googleアルゴリズムアップデート継続 2016年9月2日コア検索アルゴリズムアップデートが継続
2016/9/2 Googleアルゴリズムアップデート 公式発表なしの大きな変動。コア検索アルゴリズムアップデート。
2016/5/12 モバイルフレンドリーアップデート2 モバイル向けサイトのアップデート。影響は不明。
2016/2/23 AdWordsのシェイクアップ Google検索結果右列の広告を削除
2016/1/8 Googleアルゴリズムアップデート コア検索アルゴリズム更新。影響は大きい。
2015/10/26 RankBrain公表 3番目に重要なGoogleアルゴリズムとして公式発表
2015/7/17 パンダアップデート4.2 低品質サイトに影響。アルゴリズム更新ではなくデータのリフレッシュ
2015/5/3 クオリティアップデート 別名ファントムアップデート。パンダに似ている。広範な影響を与えてる。
2015/4/22 モバイルフレンドリーアップデート モバイル向けサイトのアップデート。影響は軽微
2015/2/4 Googleアルゴリズムアップデート 公式発表なしの大きな変動
2014/12/22 ベニス(ヴェニス)アップデート(日本) 日本のGoogleローカル検索アルゴリズムのアップデート
ピジョンアップデート拡充(英語圏) 英語圏のGoogleローカル検索アルゴリズムのアップデート
2014/12/10 ペンギンアップデート3.0継続 ペンギンアップデート3.0継続展開中のアナウンス
2014/10/25 パンダアップデート4.1リフレッシュ パンダアップデート4.1継続展開
2014/10/21 パイレーツアップデート2.0 DMCA(デジタルミレニアム著作権法)抵触サイトを削除。特定サイトへ影響大きい。
2014/10/17 ペンギンアップデート3.0 1年ぶりのペンギン。予想より影響は軽微。
2014/10月 ニューストピック Googleニューストピック掲載対象を拡大
2014/9/23 パンダアップデート4.1 低品質なサイトに影響。3~5%の検索クエリが影響。
2014/8/28 著者情報プログラム完全廃止発表 著者情報(rel=”authorship)の設定を無視。
2014/8/6 HTTPS / SSLアップデート HTTPSをランキングシグナルとしてGoogleアルゴリズムに導入
2014/7/24 ピジョンアップデート Googleローカル検索アルゴリズムのアップデート。比較的大きな変動。
2014/6/28 著者情報の写真表示廃止 検索結果で、写真とGoogle+フォロワー数の著者情報を廃止
2014/6/12 ペイデイローンアップデート3.0 スパムクエリを対象。
2014/5/19 パンダアップデート4.0 オーソリティを評価する要素追加。比較的大きな順位変動。
2014/5/16 ペイデイローンアップデート2.0 限られたスパムクエリを対象。一部に影響あり。
2014/3/24 ドアウェイページアップデート 誘導ページが対象。「より柔らかい」パンダアップデートのよう。
2014/2/6 ページレイアウトアルゴリズム ファーストビューの広告占有サイト対象。変動幅は小さい。

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・リンク・内部を調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

Google検索アルゴリズムアップデートの種類

Google検索アルゴリズムアップデートの種類として、以下主要なものを紹介します。

ペンギンアップデート
低品質なリンクスパム中心に、サイトチェックされるアップデートです。

パンダアップデート
低品質なコンテンツ中心に、サイトチェックされるアップデートです。

モバイルフレンドリーアップデート
モバイル向けサイトに対し、モバイルフレンドリーチェックされるアップデートです。

Googleアルゴリズムアップデート
大きな順位変動なのに、Google公式発表されず、名前も無いアップデートです。

Google検索アルゴリズム要素とSEOについて

重要なGoogle検索アルゴリズム要素(「リンク」「コンテンツ」「RankBrain」)に沿って、以下のようSEO対策することが大切です。

被リンクを最適化する
アンカーテキストや関連性を最適化し、良質な被リンクを増やしながら、SEO対策を進めましょう。

コンテンツを最適化する(コンテンツSEO
テキスト量や文章内容のわかりやすさ・見やすさ、発リンクの数などコンテンツ内容を最適化し、平均セッション時間直帰率を改善しながら、SEO対策を進めましょう。

関連性を高める
RankBrain」は、主に検索クエリとの関連性をさします。
ユーザーが入力する検索ワードと関連性の高いコンテンツを作りながら、SEO対策を進めましょう。

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・リンク・内部を調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

Google検索アルゴリズムとスマートフォン(スマホ)

Google検索アルゴリズムは、スマートフォン、フィーチャーフォンなどモバイル端末専用の、以下のようなアルゴリズムが存在します。

・テキストが小さすぎて読めません
・モバイル用 viewport が設定されていません
・コンテンツの幅が画面の幅を超えています
・リンク同士が近すぎます etc…

上記は、モバイルフレンドリーテストで確認することができるアルゴリズム内容です。

これら項目をチェックし、Google検索アルゴリズムに沿って改善しながら、スマートフォンなどのモバイルサイトを最適化しましょう。

まとめ

Google検索アルゴリズムに沿ってSEO対策することが大切です。

SEO情報サイトやGoogle公式サイトを定期的に確認し、順位変動やアップデート状況を把握しましょう。
これらの情報を加味し、評価されやすいGoogle検索アルゴリズム要因を中心に対策しながら、順位上昇を目指すことが重要です。

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・リンク・内部を調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

PR
あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位、リンク、内部を調べ、必要な対策をアドバイスします(無料)
期間限定!今だけ両方プレゼント!「Googleが嫌うリンク3つ教えます」と【順位が上がらない方へ】SEO内部レポートプレゼント
上位表示を目指すURL *
(例)http://○○.co.jp
上位表示を目指すキーワード *
(例)中古車
会社名/組織名 *
(例)株式会社○○○
ご担当者様名 *
電話番号 *
メールアドレス *

※個人情報の管理は、「プライバシーポリシー」に同意の上お申し込みください

このエントリーをはてなブックマークに追加
最新記事
このブログが役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
新着実験
人気実験BEST10
カテゴリー
このブログが役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
このブログが役に立つと思ったら、ぜひ『いいね!』して下さい。
follow us in feedly