HOME > Google 順位変動
Google 順位変動
【SEO】「年賀状」や「お歳暮」などの季節キーワードのSEO対策の方法 検索数が時期によって上下するキーワードはこうする!
このエントリーをはてなブックマークに追加

これから年末に向かって、「年賀状」や「お歳暮」などのキーワードの検索数が急激に伸びています。

この時期によって検索数が急上昇するキーワード(以下、季節キーワードと呼ぶ)は、他にもたくさんありますが、通常のサイトのSEO対策とは違うやり方が必要な場合が多いです。

実際にどのようなSEO対策が必要になってくるのかを解説します


Google  季節キーワード

季節キーワードは、大きく2種類のタイプがある


季節キーワードは、大きく分けると「レスポンスが重要なキーワード」と「普通なキーワードに近いキーワード」の2種類に分けられます。

季節キーワードは、同じようなキーワードであっても、全く違うサイトが上位化している場合が見受けられます。

これは、単ワードの「年賀状」だけではなく、複合語の多くも検索数が上昇し、その割合は、キーワードによって違うため、その時期に求められているサイトが似たキーワードであっても違いが出るからだと思われます。

具体的には、昨年の例では、「年賀状」と「年賀状 2014」で比べてみると

検索数比較
9月 10月 11月 12月
年賀状 22200 135000
約6倍
450000
約3.3倍
1830000
約4倍
年賀状 2014 390 1300
約3.3倍
201000
約153倍
1000000
約5倍
※Googleキーワードプランナーから


上の図を見てわかるとおり、「年賀状」より「年賀状 2014」の方が伸び率が大きいことがわかります。

実際の傾向は、「年賀状」は、上位を占めているサイトは、被リンクが多い大規模なサイトが多い傾向ですが、「年賀状 2014」は、無料テンプレート系のサイトが上位化しており、検索数が多くなりにつれて、レスポンスが高いサイト(更新性やクリックされやすいサイト)が上位にいることがわかります。

「レスポンスが重要なキーワード」のSEO対策


「レスポンス重要なキーワード」のSEO対策は、当然、レスポンスを上げる施策になります。

通常のSEO対策で行う被リンクや内部対策は、ある程度までしか効果はなく、更新性やクリックを高められるかが重要になります。

実際の対策は、以下の3つになります

  • ・更新性のあるコンテンツを導入(できれば毎日更新する)
  • ・タイトルやディスクリプションを魅力的なものに変更する
  • ・上位サイトの傾向をつかみ求められているコンテンツを導入する

更新性を高めるためには、毎日、情報が変化するコンテンツを導入することです。ニュースや締切を表すコンテンツや段階的にコンテンツを増強するなど、サイトを定期的に更新することが大切です。

クリックを高めるためには、検索結果に表示される「タイトル」と「ディスクリプション」にキャンペーンやお得な情報、クリックしたくなる情報を追加して検索ユーザーにアピールすることが重要です。

さらに上で解説した「年賀状 2014」の場合は、無料テンプレート系のサイトが上位にあったことから、検索ユーザーは、無料の年賀状のイラストやテンプレートを求めていると思われます。その場合は、テンプレートをダウンロードできるコーナーを設けるなどして、検索ユーザーが求めているコンテンツをサイトに追加することがクリックを上げる重要な手段になります。

季節キーワードの順位変動


「年賀状 2015」の順位変動
年賀状 2014 順位変動グラフ

季節キーワードは、通常のキーワードより順位変動が激しく、毎日順位が入れ替わっています。

上記のグラフは、「年賀状 2015」の順位変動と印刷系全体の順位変動のグラフです。

比べてもらうとわかりますが、「年賀状 2014」は、かなり大きく変動していることがわかります。
これは、検索数が急激に上昇しているので、上記にあるようなレスポンスの高いサイトがどんどん上昇して、ウィキペディア(Wikipedia)などの上位の常連のサイトが下落してることで大きな変動になっています。

季節キーワードのSEO対策を実施する場合は、そのキーワードの傾向を見極め、レスポンスを上昇させる施策を行っていくことが重要です。

PR
Google 順位変動
【Google SEO】ペンギンアップデート3.0はまだ継続中!?「順位変動幅」と「アルゴリズム分析ツール」から読み解く!
このエントリーをはてなブックマークに追加

10月17日(アメリカ時間)にペンギンアップデート3.0がありました。日本では、18日から順位の変動があり、20日は、一旦、変動は、収まっていました。 Googleの社員の発表では、数週間かけてロールアウトするといっており、10月25日、26日に同じような変動が確認されました。 海外SEO情報ブログ(http://www.suzukikenichi.com/blog/penguin-3-0-still-rolling-out/)によると、まだペンギンアップデートの展開が完了しておらずいまだに...続きを読む >>

Google 順位変動
ペンギンアップデート3.0の傾向と下落したときの対策・対処方法
このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカ現地時間の2014年10月17日、日本では、10月18日にペンギンアップデート3.0が開始されました。 ペンギンアップデートで抑えるべきSEOスパム・リンク対策チェックリスト全26項目 リスト無料ダウンロードはこちら⇒ 今回のアップデートは、namaz.jpの順位変動では、あまり大きな変動が見られませんでした。弊社の管理サイトでもほとんどのサイトが順位が変わらないか、もしくは上がっていました。 しかし数は少ないですが、今回のペンギンアップデート3.0で順位が下落したサイトがあり、そ...続きを読む >>

Googleアルゴリズム
Google最新アルゴリズム分析!SEO担当者が押さえておきたい2つのアルゴリズム-パンダアップデート4.0とペイデイローンアップデート
このエントリーをはてなブックマークに追加

5月16日から5月24日まで大きなGoogleのアルゴリズム変動がありました。 Googleからパンダアップデート4.0とペイデイローンアップデート2.0が発表されました。 この2つのアップデートの解説と変動前と後でのアルゴリズムの変化を解説します。 パンダアップデート4.0 パンダアップデートとは、低品質なサイトや他のサイトのコンテンツをコピーしただけのサイトなどの順位を下げるといった特徴があります。 主にサイトの内部要素についての評価の変更です。 具体...続きを読む >>

Googleアルゴリズム
【続報】Googleアルゴリズム分析レポート ペンギンアップデート3.0ではなかった!
このエントリーをはてなブックマークに追加

前回の【速報】では、22日と24日のGoogleアルゴリズムを比較して、大きな変更があったと報告しました。 しかし本日の25日と22日のアルゴリズムを比べてみるとほとんど変化がないことが判明しました。 25日時点での順位は、22日と比べると通常の範囲内での変化しかありません。 土日に順位が動いて、月曜の25日に順位が元に戻っているサイトが多いのではないでしょうか。 Googleの大きなアップデートがある場合は、順位が全体的に元に戻ることはほとんどないので、今回は、アルゴリズムアップデートではなく、何...続きを読む >>

Googleアルゴリズム
【速報】Googleアルゴリズム分析報告 ペンギンアップデート3.0か?
このエントリーをはてなブックマークに追加

8月23日、8月24日の大変動の中身を速報で解説します。 弊社のアルゴリズム分析ツールアルゴバスターの情報で8月24日と8月18日を比べてた図です。 大きくわかることは、2つ有ります。 まず、1では、被リンク関連の項目の相関が小さくなっています。こちらは、被リンクに関しての調整が入ると相関が小さくなる傾向にありますので、ペンギンアップデート3.0かどうかはわかりませんが、なんらかしらの被リンクに関する調整が入っていると思われます。 ペンギンアップデートで抑えるべきSEOスパム・リンク対策チェック...続きを読む >>

Googleアルゴリズム
【号外】Google今年最大のアップデートか?ペンギンアップデート3.0なのか?
このエントリーをはてなブックマークに追加

8月23日にGoogle順位変動を調査しているnamaz.jpで今年最大の順位変動幅 22.2位 を記録しました。 現在の数値は、以下の20.4位です。 ペンギンアップデートで抑えるべきSEOスパム・リンク対策チェックリスト全26項目 リスト無料ダウンロードはこちら⇒ この数値は、5月21日のパンダアップデートの時の12位の約2倍の変動数値です。 大きく順位が動いています。 ペンギンアップデート3.0なのかどうかは、まだ発表がありませんが、何らかのアップデートがあったのは間違い...続きを読む >>

この記事が役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。

この記事が役に立つと思ったら、ぜひ『いいね!』して下さい。

9 / 91..56789
この記事が役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
新着実験
人気実験BEST10
カテゴリー
このブログが役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
このブログが役に立つと思ったら、ぜひ『いいね!』して下さい。