HOME内部対策 > リニューアル後に順位上昇!しかし順位が安定しない誰も気づかないたった1つの問題とは?

リニューアル後に順位上昇!しかし順位が安定しない誰も気づかないたった1つの問題とは?

2014/08/29内部対策[最終更新日]:2017/03/22
このエントリーをはてなブックマークに追加

今回の実験は、11月28日にサイトを作成し、 5日後の12月3日に34位から20位に上昇 した事例です。
しかし、順位が不安定です。

実験結果:サイトを作成し、34位から20位に順位上昇!しかし、順位が不安定。
実験サイト:http://腕時計人気.com/、キーワード:腕時計 人気。サイト作成前のサイト状況(タイトル:腕時計人気.com、ページ数:1ページ(TOPページのみ)、テキスト:テキスト62文字のみ、その他のコンテンツ:画像なし・meta keywordsなし・meta discriptionなし)。サイト作成後のサイト状況(タイトル:腕時計人気.com、ページ数:6ページ(TOPページ含む)、テキスト:テキスト600文字、その他のコンテンツ:画像あり・meta keywordsあり・meta discriptionあり)
11/28のサイト作成時は34位。サイト作成後、12/3に20今で順位上昇しました。11/30から12/2と12/4は、11/30~12/2と12/4は、TOPページが圏外となり、それまで圏外だったカテゴリページがTOPページと入れ替わって20位前後に表示されていました。

11月30日~12月2日と12月4日の検索順位を調べてみると、カテゴリページの順位とTOPページの順位が入れ替わって表示されていることがわかりました。

この現象は、サイトの中でTOPページよりカテゴリページの方が「●計 ●気」というキーワードでGoogleに評価が高い(関連性が高い)時に起こる現象です。

PR

「site:http://●計●●気.com/ ●計 ●気」 でも検索し確認すると、カテゴリページが1位と2位、TOPページが3位となっており、カテゴリページの方が実験サイトのドメイン内で評価が高くなっています。

カテゴリページのほうが高く評価されてることが、TOPページの順位不安定を招いている要因だと思われます。

このことから、サイトの中でTOPページの評価をカテゴリページより高めることで順位が安定するかどうか?という新たな実験を現在行っています。
ぜひ後日お知らせできればと思います。

今回の実験結果から、サイト内の評価が高いページでなければ、順位が不安定になるということがわかりました。

別な実験では、全く順位が上昇しないこともありました。
SEO対策をする場合は、テクニック的な内部対策だけではなく、サイト全体と対象ページとの関係も重要になってきます。

PR
あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位、リンク、内部を調べ、必要な対策をアドバイスします(無料)
期間限定!今だけ両方プレゼント!「Googleが嫌うリンク3つ教えます」と【順位が上がらない方へ】SEO内部レポートプレゼント
上位表示を目指すURL *
(例)http://○○.co.jp
上位表示を目指すキーワード *
(例)中古車
会社名/組織名 *
(例)株式会社○○○
ご担当者様名 *
電話番号 *
メールアドレス *

※個人情報の管理は、「プライバシーポリシー」に同意の上お申し込みください

このエントリーをはてなブックマークに追加
最新記事
このブログが役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
新着実験
人気実験BEST10
カテゴリー
このブログが役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
このブログが役に立つと思ったら、ぜひ『いいね!』して下さい。