HOME内部対策 > 【SEO内部】これは覚えておきたい!コンテンツの価値を高める3つのポイント
内部対策
【SEO内部】これは覚えておきたい!コンテンツの価値を高める3つのポイント
2015/03/18内部対策[最終更新日]:2015/03/18
このエントリーをはてなブックマークに追加

SEO対策で、ページの価値を高めるために、コンテンツとリンクの最適化があります。
ここでは、コンテンツの価値を高めるポイントを3つ紹介します。

pho01

目次
検索上位にあるコンテンツ
コンテンツの品質で重要な3要素
UGC(ユーザー生成コンテンツ)について

①検索上位にあるコンテンツ

検索上位にあるコンテンツは、誰でも読みやすいように書かれており、
画像や動画などのメディアを使ってリッチにしている場合も多い。

PR

コンテンツを長く(または読みやすく)するだけでは順位上昇せず、
重要なのは、関連性が高く、包括的なコンテンツを提供すること。
※参考 web担当者Forum 米国の大手SEOツール会社SearchMetrics発表記事

▽結論として以下のように述べています
・あなたのウェブサイトやコンテンツ、ニッチ、製品に関連するトピックに集中して、
 これらのトピックやサブトピックに最適なコンテンツを書くように努めよう。
・メイントピックについて相互に関連した複数の視点をカバーするランディングページを作り、
 意味的に大いに関連のある用語を使って包括的な文章を書いてほしい。

上記を行えば、メインのキーワード以外でも順位上昇できる可能性が高まると思われます。

⇒1位になるために必要な対策をご案内します(無料)

②コンテンツの品質で重要な3要素

コンテンツの品質で重要な3要素は、以下である。
①オーソリティ
②実用性
③体裁
※参考:Bing Search Quality Insights

・オーソリティ
「そのコンテンツ」「コンテンツが掲載されているサイト」「コンテンツを作った著者」を
信頼できるかどうか。

・実用性
コンテンツが本当に役立つものであるかどうか。
裏付けする十分な情報を含んでいるか。
解説するための動画や画像、図があることが好ましい。

・体裁
読みやすくわかりやすいデザインであるかどうか。メインコンテンツをすぐに見つけられるか。

上記から、グーグルと同様にBingも、コンテンツの品質を重視してます。

コンテンツの品質が向上すれば、上位表示される可能性が高まります。

⇒7位から4位に上昇させた内部対策とは?

③UGC(ユーザー生成コンテンツ)について

コメントなどのUGC(ユーザー生成コンテンツ)により、
ページの価値が下がる恐れがあります。
※海外SEO情報ブログ参考

とても良質なコンテンツでも、
質を下げるようなコメントが多いページは、価値が低いとみなされる可能性があります。

ページの価値を上げるために、
質の低い「コンテンツ」や「被リンク」を減らすことが重要です。

ページの価値が上がれば、順位上昇の可能性が高まります。

⇒ SEO内部レポートプレゼント中!必要なSEO対策ご案内(無料)

⇒【限定】最新Googleアルゴリズム分析レポートプレゼント中!必要なSEO対策ご案内(無料)

PR
あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位、リンク、内部を調べ、必要な対策をアドバイスします(無料)
期間限定!今だけ両方プレゼント!「Googleが嫌うリンク3つ教えます」と【順位が上がらない方へ】SEO内部レポートプレゼント
上位表示を目指すURL *
(例)http://○○.co.jp
上位表示を目指すキーワード *
(例)中古車
会社名/組織名 *
(例)株式会社○○○
ご担当者様名 *
電話番号 *
メールアドレス *
このエントリーをはてなブックマークに追加
最新記事
このブログが役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
新着実験
人気実験BEST10
カテゴリー
このブログが役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
このブログが役に立つと思ったら、ぜひ『いいね!』して下さい。