HOME内部対策 > 【SEO内部対策】タイトルを作るときに重要な2つのポイント
内部対策
【SEO内部対策】タイトルを作るときに重要な2つのポイント
2015/07/23内部対策[最終更新日]:2015/07/23
このエントリーをはてなブックマークに追加

先月のSEO事例で「父の日」関連のキーワードを内部対策のみで上昇させた案件がありました。

そのときに実際にやった施策として、タイトルにこだわって、変更した事例をお話します。

タイトルにこだわる!

SEO内部対策でタイトルは最重要


SEOの内部対策でページのタイトルは、最重要な項目です。

PR

当然、順位に影響を与えるので、重要ですが、「ページのタイトル」は、訪れるユーザーのためにあるのではなく、検索エンジンのために存在する項目だから、重要なのです。

ページのタイトルは、普通にページにアクセスすると見ることはできません。ブラウザのタブなどにマウスを当てるとタイトルがポップアップで表示されますが、そのままだとページには表示されません。

ページのタイトルは、Googleや検索エンジンが、検索結果画面に表示するときに使う情報だからです。

よって、ページのタイトルは、検索エンジンに表示されることを第一に考えて作成するべきです。

このSEOラボのブログの記事タイトルもALL in One SEOPackを使って、記事のタイトルと検索エンジン用のタイトルを別に作る場合も多くあります。

そして、検索エンジンに表示されるだけでは意味がなく、検索したユーザーが、クリックしてくれて始めてアクセスがきたことになります。

そこで重要なのが、自社の強みを出すことと競合との差別化です。

タイトルを作るうえで重要な2つのポイントは、

  • ・検索エンジンの仕様にそってタイトルを作成する
  • ・自社の強みと競合との差別化を図るタイトルを作成する

  • ことです。

    次に一つづつ詳しく解説していきます。


    検索エンジンの仕様に沿ってタイトルを作成する


    タイトルを作成するときに、まず考慮しなくてはならないのは、検索エンジンの仕様です。

    タイトルに関して重要な検索エンジンの仕様は、

  • ・タイトルにキーワードが入っていないと順位が上がりづらい
  • ・検索結果画面に表示される文字数は、30文字前後


  • まずは、タイトルには、狙ったキーワードを入れてください。

    キーワードがタイトルにないと上昇することができません。
    逆にタイトルにキーワードを入れるだけで、順位が上昇することがあります。

    SEO対策の最初にやることが、タイトルにキーワードを入れることです。

    以前よりは、重要度は落ちましたが、タイトルのどの位置にキーワードを入れるかによって、順位が変化することがあります。

    迷った場合は、先頭に近いところにキーワードを入れておけば、問題ないでしょう。

    2つ目は、検索エンジンの画面に表示されるタイトルの文字数は、30文字前後ということです。

    長いタイトルだと・・・になって、後半が表示されません。

    タイトルは、30文字以内にして、全部表示されるようにしてください。

    タイトルがすべて表示されること自体は、順位に影響はありませんが、実際にユーザーがクリックするかを選ぶときにタイトルが切れているものより、全部見えているほうがクリックしやすい傾向があります。

    「父の日」関連で上昇させたページのタイトルは、最初は、50文字くらいある長いタイトルだったものを30文字に変更して、タイトルの中間にあったキーワードをタイトルの最初に持ってきたことによって、1日で25位から11位に上昇しました。


    自社の強みと競合との差別化を図るタイトルを作成する


    先ほども書きましたが、順位を上げただけでは、不十分でクリックされて始めてユーザーがページに訪れることになります。

    検索結果の中でユーザーに選んでもらわなければいけません。

    よって、タイトルを決めるときは、

  • ・キーワードにあった内容で
  • ・自社の強みを
  • ・競合と差別化して
  • ・わかりやすく

  • 作成する必要があります。

    ユーザーの行動を考えてみれば当たり前ですが、検索したキーワードにあっていて、わかりやすく魅力的なタイトルのページは、クリックしやすいに決まっています。

    実際にSearch Console サーチコンソール(旧ウェブマスターツール)の検索アナリティクスを見てみると順位が同じだったり、順位が低いのにクリックされているキーワードがあることに気づきます。

    SEOラボでも同じように平均掲載順位が1位のキーワードでもクリック率が、0%~100%までさまざまなキーワードがあります。

    そのキーワードの検索結果を見てみるとほかの検索結果に出ているサイトのタイトルと明らかに違いがあるタイトルをしていて、検索したキーワードの検索結果として、ユーザーが期待する内容が書かれていると思われるタイトルをしています。

    「ガラケー風スマホ ドコモ」のキーワードは、SEOラボの記事が1位で、クリック率100%になっています。(直近1ヶ月の結果です)

    そのページのタイトルは、「【ガラホ】Docomoからガラケー風Androidフィーチャーフォ・・・」です。

    検索キーワードから期待される内容としては、ばっちりだと思われます。

    このように同じ順位でもクリック率がまったく異なりますので、魅力的なタイトルをつけることは、アクセスアップにつながることを覚えておいてください。


    まとめ


    とにかくSEO内部対策で「タイトル」は最重要ですので、適当に決めるのではなく、じっくり考えて決めて、決定した後もいろいろ試行錯誤して変更してみたりしてみることをお勧めいたします。

    PR
    あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位、リンク、内部を調べ、必要な対策をアドバイスします(無料)
    期間限定!今だけ両方プレゼント!「Googleが嫌うリンク3つ教えます」と【順位が上がらない方へ】SEO内部レポートプレゼント
    上位表示を目指すURL *
    (例)http://○○.co.jp
    上位表示を目指すキーワード *
    (例)中古車
    会社名/組織名 *
    (例)株式会社○○○
    ご担当者様名 *
    電話番号 *
    メールアドレス *
    このエントリーをはてなブックマークに追加
    最新記事
    この記事が役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
    新着実験
    人気実験BEST10
    カテゴリー
    この記事が役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
    この記事が役に立つと思ったら、ぜひ『いいね!』して下さい。