HOME内部対策 > 【内部リンク】重要だけど意外とおろそか?内部リンク最適化のポイント
NEW! 【無料SEOツール】ドメイン評価チェックツール公開中!
内部対策
【内部リンク】重要だけど意外とおろそか?内部リンク最適化のポイント
2015/07/27内部対策[最終更新日]:2015/11/25
このエントリーをはてなブックマークに追加

最近は、内部対策を中心にSEO対策をしたいという要望をいただくことがあります。

被リンクがなければ上位表示できませんが、内部対策がおろそかでも上位表示できません。
その中でも重要ですが、あまり話題に上らない内部リンクの最適化に関してポイントをお話いたします。

内部リンク最適化のポイント

内部リンクで重要なこととは?


内部リンクで重要なのは、「量と質」です。

PR

内部リンクもリンクとつくことから、外部リンクの考え方とかなり近く、量と質が重要になります。

内部リンクの量とは、内部リンクが多ければ評価が高くなるということです。

評価を高めたいページの内部リンクの本数を多くすることにより、サイト内で重要なページと認識されて、順位が上昇しやすくなります。

通常のサイトでは、内部リンクが多い順位に「TOPページ→カテゴリページ→詳細ページ」となり、詳細ページの中でも重要なページにほかの詳細ページからのリンクを設定したりすることで評価を高めることができます。

内部リンクの質とは?


内部リンクの質とは、3つの要素から成り立っています。

  • 1、被リンク数(内部と外部合わせて)
  • 2、アンカーテキスト
  • 3、ページ内のどこからリンクされているか


  • 1の被リンク数は、内部リンクのリンク元ページが、外部リンクや内部リンクが多ければ多いほど、そのページから受ける内部リンクの価値が高まります。

    これは外部リンクと同じ考え方で、被リンクが多いページからの被リンクは、価値があるというページランクの考え方です。

    具体的には、TOPページなどの被リンクが集まりやすいページからの被リンクが、通常の詳細ページなどより価値が高いと思われます。

    2のアンカーテキストは、外部リンクのアンカーテキストと同じで、「こちらへ」などではなく、リンク先のページのテーマに沿ったアンカーテキストにすることによって、価値が高まります。

    ただし、メニューなどの内部リンクの場合は、無理にキーワードを入れることでスパムと判定される可能性がありますので、注意してください。

    3のページ内のどこからリンクされているかとは、その内部リンクがメニューやフッター、本文などページ内のどの部分からリンクされているかで重要度が変わってきます。

    重要度的には、「本文→右・左カラム→メニュー=フッター」というイメージです。

    基本的には、サイト共通部分よりそのページオリジナルの部分からの内部リンクが価値が高くなります。

    順位を上げたいページへの内部リンクを見直すときは、本文からリンクを設定できないかを検討してみてください。

    まとめ


    内部リンクの考え方は、外部リンクの考え方とほとんど同じです。

    自分で設定することができない外部リンクと違い、内部リンクは、自分で修正、設定ができるのが強みです。

    SEOを意識して内部リンクを構築している人は少ないと思われますので、競合と差をつける重要なポイントになると思います。

    PR
    あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位、リンク、内部を調べ、必要な対策をアドバイスします(無料)
    期間限定!今だけ両方プレゼント!「Googleが嫌うリンク3つ教えます」と【順位が上がらない方へ】SEO内部レポートプレゼント
    上位表示を目指すURL *
    (例)http://○○.co.jp
    上位表示を目指すキーワード *
    (例)中古車
    会社名/組織名 *
    (例)株式会社○○○
    ご担当者様名 *
    電話番号 *
    メールアドレス *
    このエントリーをはてなブックマークに追加
    最新記事
    このブログが役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
    新着実験
    人気実験BEST10
    カテゴリー
    このブログが役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
    このブログが役に立つと思ったら、ぜひ『いいね!』して下さい。