HOME内部対策 > ロングテールSEOのやり方と効果教えます
内部対策
ロングテールSEOのやり方と効果教えます
2016/03/09内部対策[最終更新日]:2016/03/09
このエントリーをはてなブックマークに追加

SEO対策で一番初めに重要なのがキーワード選定です。キーワード選定ではよく検索される軸ワードを選定します。
この軸ワードから連想される「軸ワード + ○」ので構成される言葉がロングテールキーワード(ニッチキーワード)です。

ロングテールキーワードで検索に引っかかるよう、コンテンツやリンクにさまざまな単語を増やし、SEO対策してくことが大切になります。

ロングテールSEOのやり方と効果教えます

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・リンク・内部を調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

PR
目次

ロングテールSEOとは
ロングテールSEOの5つのメリット
ロングテールキーワードの探し方
ロングテールSEOのやり方
ロングテールSEOの効果
まとめ

ロングテールSEOとは

ロングテールSEOとは、軸となるキーワードから連想される「軸ワード + ○」のような言葉(ロングテールキーワード)で検索からユーザーを増やす対策のことです。

関連ワードを入れたコンテンツを増やし、検索にかかりやすくしながら、あらゆるワードで集客することが大切です。

あらゆる関連ワードで集客し、ドメイン力を高めながら、順位上昇しやすいサイトを目指しましょう。

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・リンク・内部を調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

ロングテールSEOの5つのメリット

ロングテールSEOでは、テーマに関連したワードを含めながらコンテンツを増やしていきます。

このようにSEOしていくことで、以下5つのメリットが考えられます。
① テキスト量が増え、文字数、総単語数、ユニーク単語数などのSEO内部要因が最適化される
② 情報量が増え、テーマに関連した内容の濃いページになる
③ いろいろな言葉で検索に引っかかり、検索表示回数が増えやすくなる
④ 検索表示回数が増えやすくなり、検索トラフィックも増えやすくなる
⑤ 関連ページが増えやすく、価値あるページが増えやすい

ロングテールキーワードの探し方

ロングテールキーワードは検索されてるキーワードを中心に探すことが大切です。

検索されてるロングテールキーワードを探す場合以下方法を参考にすると良いでしょう。
・Googleキーワードプランナーを使う
・Googleのオートコンプリート機能を使う
・Googleキーワードサジェストツールを使う
・競合上位サイトを分析し、キーワードを選定
・サーチコンソールの検索アナリティクス活用

※参考:SEO対策で上位になるために私がやってる20の基本手順 2、キーワードの選定

ロングテールSEOのやり方

実際にロングテールSEOで対策してるページを参考に解説します。

ロングテールSEOのやり方は以下3つの手順です。
① 対策ページを決め、キーワード選定する
② 選定したキーワードをタイトル、コンテンツに含める
③ 軸ワードのキーワード出現頻度を上位にする

① 対策ページを決め、キーワード選定する
まず対策ページを決め、そのページの「軸ワード」と「軸ワード + 関連ワード」を選定します。
「関連ワード」は軸ワードと合わせてよく検索される単語を中心に選び、キーワードプランナーや、Googleオートコンプリートを活用しながら選定すると効果的です。

pho03
対策ページ:http://seolaboratory.jp/external/2015121819682.php
軸ワード:「リンク否認」
軸ワード + 関連ワード:「リンク否認 + 使い方」「リンク否認 + 効果」「リンク否認ツール」etc…

② 選定したキーワードをタイトル、コンテンツに含める
まずタイトルに「軸ワード」を含めましょう。
軸ワードの「リンク否認」を含め、以下のようにタイトルを記述しました。

<title>リンク否認ツールの使い方と効果、否認すべきリンク教えます</title>

次にコンテンツに「軸ワード + 関連ワード」を含め、以下のようにテキストを増やしていきます。

pho04

上記のよう、「軸ワード + 関連ワード」をコンテンツに含めることで、コンテンツ量が増え、情報量豊富なページを作成することが可能です。

③ 軸ワードのキーワード出現頻度を上位にする
「リンク否認」のキーワード出現頻度を上位にし、ページを軸ワードに特化させる

pho05
ロングテールSEOの効果

今紹介の方法(ロングテールSEOのやり方)でコンテンツ作成し、軸ワード・関連ワード認識され、ロングテールキーワードが検索結果に表示されてることが確認できます。
※Googleサーチコンソールデータ参考

pho06

ロングテールキーワードがGoogleに徐々に認識され検索表示回数も増えてることがわかります。

pho07

上記より、検索表示回数を増やし、サイトの露出を増やしましょう。

ロングテールキーワードを入れたコンテンツを増やし、関連ワードをGoogleに認識させながら、検索訪問増加を目指すことが大切です。

さらに、タイトル、メタディスクリプションを魅力的な文言にし、クリック率を高めれば、検索訪問をより多く増やすことが可能です。

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・リンク・内部を調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

まとめ

ロングテールSEOのポイントは、軸ワードで最適化し、関連ワードを使ってコンテンツを増やすことです。

あらゆる関連ワードからの検索流入を増やし、サイトのパフォーマンスを向上させながら、ドメイン力を高めましょう。

ドメイン力が高まれば、順位上昇しやすいサイトとなり、新規ページも順位が上がりやすくなります。

PR
あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位、リンク、内部を調べ、必要な対策をアドバイスします(無料)
期間限定!今だけ両方プレゼント!「Googleが嫌うリンク3つ教えます」と【順位が上がらない方へ】SEO内部レポートプレゼント
上位表示を目指すURL *
(例)http://○○.co.jp
上位表示を目指すキーワード *
(例)中古車
会社名/組織名 *
(例)株式会社○○○
ご担当者様名 *
電話番号 *
メールアドレス *
このエントリーをはてなブックマークに追加
最新記事
この記事が役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
新着実験
人気実験BEST10
カテゴリー
この記事が役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
この記事が役に立つと思ったら、ぜひ『いいね!』して下さい。