HOME内部対策 > SEOキーワードを元にコンテンツを作る方法
内部対策
SEOキーワードを元にコンテンツを作る方法
2016/04/04内部対策[最終更新日]:2016/11/09
このエントリーをはてなブックマークに追加

選んだSEOキーワードをコンテンツに含めることが重要です。
タイトルやディスクリプション、テキスト文章等にSEOキーワードを入れながらコンテンツを作り上げましょう。

以下、SEOキーワードを入れながらコンテンツを作る方法・ポイントを紹介していきます。

SEOキーワードを元にコンテンツを作る方法

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・内部・リンク調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

PR
目次

SEOキーワードとターゲット
SEOキーワードとタイトル作成
SEOキーワードとディスクリプション作成
SEOキーワードとテキスト文章作成
SEOキーワードと画像最適化
まとめ

SEOキーワードとターゲット

SEOキーワードを選ぶときに、ターゲットを想定したキーワード選びが大切です。

キーワードプランナー等活用し、実際に検索されてるキーワードの中から、ターゲットにマッチしそうなキーワードを選ぶことがポイントです。

例えば、SEO商品の内容が記載されたページに集客したい場合、実際に検索されてるキーワードは、「SEO 商品」ではなく、「SEO 費用」「SEO対策 費用」「seo対策料金」「seoサービス」等です。

このようなキーワードを選定し、コンテンツを最適化(コンテンツSEO)していくことがポイントです。

SEOキーワードとタイトル作成

SEOキーワードをtitleタグに入れることがとても重要です。

順位を上げたいページ(集客したいページ)のtitleタグにSEOキーワードを含め、なるべく前方にSEOキーワードを入れながらタイトル作成しましょう。

上位サイトは、SEOキーワードが前方にあるタイトルが多く、そのようなサイトが評価されやすいと推測することができます。

pho01
SEOキーワードとディスクリプション作成

メタディスクリプションにSEOキーワードを含めながら、簡潔にサイトの概要を記述することが大切です。

タイトルタグとのバランスを考えながら、メタディスクリプションを記述しましょう。
タイトルタグで使ったSEOキーワードをディスクリプションに含めることで、整合性を高めることができます。

またSEOキーワードで検索されたときに、そのキーワードが太字で目立つため、クリックされやすくなります。

pho02
SEOキーワードとテキスト文章作成

テキスト文章にSEOキーワードを入れながらコンテンツを作ることが重要です。

なので、ターゲットを絞って(キーワードを絞って)コンテンツを作成しないと、SEOキーワードを入れながら文章作成することが難しくなります。

例えば、先ほどのSEO商品の内容が記載されたページに集客したい場合、以下キーワードが候補に有り、これらのキーワードから1つに絞ることが必要になります。

「SEO 費用」「SEO対策 費用」「seo対策料金」「seoサービス」

「SEO対策 費用」にした場合、このキーワードを軸にテキスト文章を書いていきます。

このキーワードを軸にすると、以下内容でテキスト文章を増やすことが可能です。
Googleのオートコンプリート機能やキーワードサジェストツール等からの関連キーワードを取得すると便利です。
・seo対策 費用 相場
・seo対策 費用 比較
・ホームページ seo対策 費用
・seo対策 会社 費用
・seo対策 方法 費用

pho03

これらのキーワードを含めて以下のようなコンテンツを作成することができます。
・seo対策の費用相場はどうなってるのか?
・seo対策の費用を比較してみる
・ホームページのseo対策にはどのくらい費用が必要か?
・seo対策会社に依頼したらかかる費用は?
・費用をかけずにseo対策する方法

また、選んだSEOキーワードから連想されるキーワード(関連語、共起語等)を入れながら、関連性の高いテキスト文章を増やしていくことが大切です。

SEOキーワードと画像最適化

alt属性に画像の説明をわかりやすく簡潔に記述し、キーワードを詰め込んだり、文章をすべてコピー&ペーストすることは避けましょう。
alt 属性に多数のキーワードを指定すると、ユーザーの利便性が低下し、サイトがスパムとみなされる可能性があります。

キーワードは文脈に合わせて適切に使用し、無理やりalt属性にキーワードを詰め込むこと避けましょう。

参考:画像 – Search Console ヘルプ

まとめ

コンテンツにSEOキーワードを適切に入れることで、効果が発揮されます。

SEOスパムとなるようなSEOキーワードの使い方は避け、Googleガイドラインに沿ったコンテンツを作成しましょう。

昨今、新しいGoogleアルゴリズムのRankBrainの登場により、検索クエリと関連性が高いコンテンツが評価されやすくなっています。
そのため、SEOキーワードだけでなく、それに関連する言葉を含むコンテンツを充実させていくことが今後必要となるでしょう。

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・内部・リンク調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

PR
あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位、リンク、内部を調べ、必要な対策をアドバイスします(無料)
期間限定!今だけ両方プレゼント!「Googleが嫌うリンク3つ教えます」と【順位が上がらない方へ】SEO内部レポートプレゼント
上位表示を目指すURL *
(例)http://○○.co.jp
上位表示を目指すキーワード *
(例)中古車
会社名/組織名 *
(例)株式会社○○○
ご担当者様名 *
電話番号 *
メールアドレス *

※個人情報の管理は、「プライバシーポリシー」に同意の上お申し込みください

このエントリーをはてなブックマークに追加
最新記事
このブログが役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
新着実験
人気実験BEST10
カテゴリー
このブログが役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
このブログが役に立つと思ったら、ぜひ『いいね!』して下さい。