HOMESEO基礎 内部対策 > タイトル(title)タグのSEO効果と記述法

タイトル(title)タグのSEO効果と記述法

2016/04/22[最終更新日]:2017/08/09
このエントリーをはてなブックマークに追加
タイトルタグは最も重要なSEO要素の一つです。 作ったwebページの内容をタイトルタグに記述し、クローラ、ユーザーに認識させましょう。 タイトル(title)タグのSEO効果と記述法

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・内部・リンク調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

タイトルタグとは

タイトルタグとは、HTMLファイルに記述するタグの一つです。

記述例:
<title>h1タグの使い方とSEO効果まとめ</title>

タイトルタグに記述したタイトルは、検索結果やウェブブラウザのタブに表示され、ユーザーやクローラーがどんなwebページか認識するのに役立ちます。

PR
検索結果例

ウェブブラウザのタブ例

タイトルタグとは

ポイント1)サイトの魅力が伝わるタイトルに工夫する

Google検索結果ページからサイトがクリックされたか?ユーザーの反応が順位決定の要因の1つになってきています。

サイトの特徴が最も出せるような内容のタイトルタグにできるよう工夫しましょう。

ヒント:競合サイトが「送料無料」「即日発送」と訴えている場合
全品 送料無料、●時までの注文で送料無料といったように、より内容が伝わるように記載する方法もあります

ヒント:「町田 歯科」「渋谷 美容室」 といった店舗があるキーワードで対策している場合
●駅から徒歩●分、○時まで営業、祝日も営業といったユーザーが、店舗を選びの条件となりそうな言葉をタイトルタグに入れる方法もあります。
※タイトルタグ内に、書きたい魅力が納まらない場合は、説明文として表示されることの多いmeta discriptionタグに補足説明を入れるといいでしょう。

ポイント2)時間の推移に合わせて、タイトルタグの内容を変更する

人気商品の推移や、季節によって需要が異なる場合は、その内容に合わせたタイトルタグを設置することがポイントです。

ヒント:春は「母の日 カーディガン」、秋は「敬老の日 カーディガン」といったようにイベントに合わせてタイトルタグを変更する方法もあります

ヒント:「ポケモンGO」→「ドラクエ」のように人気商品が変更した場合は、タイトルタグを人気商品に合わせて変更する方法もあります

ポイント3)ページの内容(ファーストビュー)とタイトルの内容を一致させる

ヒント:「スニーカー販売なら○○○」と設定されているタイトルタグをクリックしてページを表示すると、サンダルのことばかりページの上部に書いているとユーザーは目的の商品が無いとがっかりして離脱します。

タイトルタグの内容と、ページ上部に記載する内容は一致させるといいでしょう。

タイトルタグの文字数

タイトルタグの文字数は30文字程度です。
例えば、タイトルが長いと、Google検索結果やブラウザのタブで「…」と表示され、省略されます。

PCの場合

Google検索結果例 PCの場合

ブラウザのタブ例

スマートフォンの場合(2017年8月時点)

Google検索結果例 スマートフォンの場合

文字数を簡潔にし、重要な文言を前方に記述しながらタイトルタグを作成しましょう。

Google検索結果ページに表示されるタイトルタグの長さは、適宜チューニングされている為、変わります。

タイトルタグとh1タグの違い

タイトルタグとh1タグをうまく使い分け、ユーザーとクローラーにページの内容を伝えることが大切です。
Googleウェブマスター ヘルプ フォーラムで、以下のような質問がありました。

h1タグは、ページの大見出しに使う、となっています。大見出しというのは、タイトルということだと思いますが、titleタグも、そのページのタイトルを表記しているタグです。そうなると必然的に、title=h1となると思うのですが、なぜ二つに分かれているのでしょうか? 機能的にh1はページ上で表示されて、titleは検索結果に表示されるのですが、ページ上で表示されるタイトルと、検索結果に表示されるタイトルが異なるというのは、本来は無いはずのことだと思うのですが。SEO的には、これが分かれている意味はどう解釈されているか分かる方いらっしゃったらご教授お願いします。 (ネット上では、h1はサイトタイトルに使うという意見の人もいますが、どちらかというとサイトタイトルではなくページタイトル派の方が優勢に見えましたので、h1はページタイトル、という理解でいます。)

この質問に対してのベストアンサーが以下です。

僕の場合ですが・・・
タイトルはそのページを外から見た人向けにわかりやすく書きます。
つまり、検索エンジンやSNSから直接来た人向けや、検索エンジンのロボット等

H1はそのサイトを閲覧している人向けに書くようにしています。

そのため、タイトルにはサイト名なんかが入ったりしますが、h1 には入らないですし、一つのページ内でトピックスが大幅に変わる場合は適切な箇所に複数のh1を入れたりしています。

上記から、以下のような使い方が好ましいのではないかと思います。

・タイトルタグは、検索エンジンやSNSから直接来た人向けや、検索エンジンのロボット等に向けて記述する
・h1タグは、サイトを閲覧している人向けに記述する

タイトルタグとh1タグの内容をどうしたらいいのか迷った場合は、
・Google検索結果のリスティング枠に表示されているサイト内容とタイトル、h1タグの内容
・10位以内に表示されているサイト内容とタイトル、h1タグの内容
を参考にするといいでしょう。リスティングは、1クリックあたりに費用が発生するため、常に最適化しています。

10位以内に表示されているサイトは検索ユーザーから支持されています。
どのような表現で、サイトの特徴を出しているか、参考にするといいでしょう。

タイトルタグの重複

サイト内に同じタイトルがあれば、重要なページが目立たなくなります。

同じタイトルから、同じコンテンツが存在してると予測され重複タイトル、コンテンツは質の低いコンテンツであり、Google品質ガイドライン違反の恐れがあります。

なので、ページごとにオリジナルのタイトルタグを記述し、わかりやすいタイトルをつけることが大切です。

タイトルの重複については、サーチコンソールの[HTMLの改善]から確認することができます。

サーチコンソールの[HTMLの改善] タイトルの重複確認画面

Googleウェブマスター ヘルプ フォーラムで、以下のような質問がありました。

titleタグ・h1タグがページごとにユニーク化したほうがいいとSEOコンサルタントに言われていますが、もし重複した場合って、検索エンジンの評価を下げてしまうのでしょうか?

この質問に対してのベストアンサーが以下です。

titleタグは、Googleが検索クエリとページの関連性を判断する重要なシグナルになります。
俗な言い方をすれば、評価の高い・低いに関わってきます。

初めにも言ったように、そのページの内容を適切に示すtitleタグを各ページにユニークに記述します。
キーワードの詰め込みはやめましょう。br /> 検索結果に表示されたときにユーザーがクリックしたくなるような表現が理想的です。しかし誇張はいけません。

タイトルタグのSEO効果と記述法

タイトルタグのSEO効果を高めるには以下ポイントを抑えて記述することが大切です。
※参考:ページのタイトルとスニペットを検証する – Search Console ヘルプ
※参考:Google検索エンジン最適化スターターガイド「適切なページタイトルをつけよう」

・サイトのそれぞれのページに <title> タグでタイトルを付ける。
・具体的でわかりやすいページタイトルを付ける。
・キーワード(SEOキーワード)を詰め込んだようなタイトルは避ける。
・同じタイトルや定型文を使用したタイトルは避ける。
・タイトルを目立たせる。ただし、簡潔になるように気を付けます。
・ページに対する検索エンジンのクロールの無効化に注意する。
・ページの内容に無関係なタイトルは付けない
・「無題」「ページ1」のような初期設定のタイトルやあいまいなタイトルにしない
・サイトの大部分のページ、またはすべてのページに同じタイトルを使わない
・ユーザーのためにならない、極端に長いタイトルは使わない
・titleタグに不要なキーワードを詰め込まない

その他、SEO効果を高めるポイント ・前方にSEOキーワードを含める ・魅力的な文言を入れる(ユーザーを引き付けるような言い回し、キャッチ)

上記のよう、ルールを守りながら、ユーザー・クローラーにしっかりタイトルを認識させることが大切です。

ユーザー・クローラーにわかりやすく、検索クエリとの関連性を高めながらタイトルタグを作成しましょう。

効果的なタイトルを作り、クリック率が上昇した例:

効果的なタイトルを作り、クリック率が上昇した例

タイトルタグの最適化で、クリック率が向上すれば、オーガニック検索トラフィック増加⇒サイトのパフォーマンス向上に繋がります。

また、最近ではタイトルタグがどれだけクリックされたかが、検索順位に影響したという海外の実験結果もあります。

タイトルタグ(title)評価チェックツールを活用する

タイトルタグ(title)評価チェックツールで、タイトルタグの「文字数」「キーワード出現率」「先頭キーワード状況」を競合上位10位平均と比較チェックし、自サイトのタイトル評価を確認しましょう。

まとめ

タイトルタグを最適化し、関連性、わかりやすさ、魅力を高めながら、文言を作成しましょう。
効果的な文言により、Googleに評価され、ユーザーが集まりやすくなります。
もちろんそれに伴う、コンテンツの関連性も重要です。

ページごとに評価を高め、サイト全体のパフォーマンスを高めながら、順位上昇を目指すことが重要です。

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・内部・リンク調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

タイトルタグは、SEO対策で非常に重要な要因です。十分検討の上、変更することをお勧めします。

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位、リンク、内部を調べ、必要な対策をアドバイスします(無料)
上位表示を目指すURL *
(例)http://○○.co.jp
上位表示を目指すキーワード *
(例)中古車
ご担当者様名 *
電話番号 *
メールアドレス *

※個人情報の管理は、「プライバシーポリシー」に同意の上お申し込みください

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリ:SEO基礎 内部対策
B!

最新記事
SEOラボをSNSで応援する
無料SEOツール
話題の記事
検索ユーザーが求めるコンテンツの考え方
2017年7月 効果があったSEO対策は、被リンク【まとめ】
アメブロで上位表示できますか?【今月(2017年8月)の問合せ】
サイトの使いやすさ(UX=ユーザーエクスペリエンス)が重要なSEO要因になってきている
「検索エンジン最適化スターターガイド」は最も効率のよいSEO技法である
ブログを2つ運営しています。同じ内容を投稿していいの?という問い合わせ
最近6位に上昇したページの対策教えます
他社のSEO商品を比較
最近、順位が落ちてきたというお問合せ
最近のSEO対策と順位決定の仕組み
人気記事BEST10
follow us in feedly