HOMESEO基礎 内部対策 > meta descriptionタグの文字数とSEOに効果的な書き方

meta descriptionタグの文字数とSEOに効果的な書き方

2016/04/27[最終更新日]:2017/06/28
このエントリーをはてなブックマークに追加

meta descriptionタグの仕様に則りながら、検索エンジンにサイトの概要を伝えることが大切です。

検索エンジンにうまく伝え、検索ユーザーの目に触れやすい文言を記述しながら、meta descriptionタグを書いていきましょう。

今回は、meta descriptionタグの文字数やSEOに効果的な書き方を中心に解説していきます。

PR
meta descriptionタグの文字数とSEOに効果的な書き方

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・内部・リンク調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

meta descriptionタグとは

meta descriptionタグとは、htmlファイルに記述する複数あるメタタグのうちの一つです。
meta descriptionタグは、htmlファイルの<head>~</head>の間に記述します。

meta descriptionはサイトの概要を記述し、検索エンジン・ユーザーにどんなサイトかを伝える重要な役割を担っています。

記述例:
<meta name=”Description” content=”SEOの疑問を実験で解き明かすSEOブログです。ペンギンアップデート、パンダアップデート、内部対策、外部対策、ペナルティ解除やGoogleアルゴリズムまでを実験とデータで検証したSEO対策を無料で公開しています。” />

検索結果例
pho01

meta descriptionタグの文字数

meta descriptionタグの文字数は全角124文字程度に収めましょう。

文字数が多く、収まりきらない部分は「…」で省略されます。

pho02

meta descriptionタグとGoogle

meta descriptionタグは、Googleにサポートされているメタタグの1つです。
※参考:Google がサポートしているメタタグ – Search Console ヘルプ

記述例:
<meta name=”description” content=”ページの説明” />
ページの簡単な説明を表します。検索結果に表示されるスニペットの一部として使用される場合もあります。

meta descriptionタグは、ページ上のコンテンツのみから得られる情報よりも正確な説明をユーザーに提供できると判断された場合に使用されます。
通常は、Google側で自動的に作成され、できるだけ関連性の高いものが表示される仕組みです。

適切なmeta descriptionタグを記述し、Google推奨のポイントを抑えながらより効果的な文言を書きましょう。

Google推奨のポイント
・サイトのそれぞれのページにメタデータ(descriptions)を作成する。
・個々のページを正確に表す説明を記述する
・明確な情報を説明に含める。 文章形式にする必要はなく、タグで区別して記述するなど、関連性の高い情報をユーザーに提供する
・プログラムで説明を作成する。
・質の高い説明を使用する。

※参考:ページのタイトルとスニペットを検証する – Search Console ヘルプ

meta descriptionタグと検索順位

meta descriptionタグを記述することで、間接的に上位化に関係すると考えます。

例えば、効果的なmeta descriptionタグを記述したことで、クリック率が上がり、サイトのトラフィックが向上したとします。

この場合、関連する検索クエリからのトラフィックが増えれば、そのキーワードでの評価が高まり、そのキーワードで上昇しやすくなると思われます。

meta descriptionタグとSEOに効果的な書き方

meta descriptionタグを記述することで、間接的に検索ランキングと関係があると考えます。

SEOに効果的なmeta descriptionタグを書くには以下ポイントを抑えることが大切です。

タイトルタグと整合性をとる
⇒タイトルの内容に合わせながら、メタディスクリプション(サイト概要)を記述する

コンテンツの内容を簡潔かつ魅力的に伝える
⇒コンテンツの内容を要約したわかりやすい文言にし、魅力的な言い回しにする

重要な部分が省略されないよう、文字数を意識して書く
⇒全角124文字程度に収まるよう、重要な部分を前方に記述していく

Google推奨のポイントに沿って記述する
⇒上記で紹介したGoogleが推奨する適切なメタデータ(descriptions)を作成する

SEOキーワードを含める
⇒サイトの概要文にSEOキーワードを適切に含めながら、検索クエリとの関連性を高める。キーワードの詰め込みには注意。

上記のよう、ポイントを抑えながら書くことで、クリックされやすくなり、サイトのトラフィック向上に繋がります。

メタディスクリプション(meta description)評価チェックツールを活用

メタディスクリプション(meta description)評価チェックツールで、メタディスクリプションの「文字数」「キーワード出現率」「先頭キーワード状況」を競合上位10位平均と比較チェックし、自サイトのメタディスクリプション評価を確認しましょう。

まとめ

メタディスクリプションを適切かつ効果的に記述し、サイトの魅力を簡潔な文言にしながら、検索エンジンに伝えましょう。

メタディスクリプションもサイトコンテンツの一つです。
質を高め、Googleに評価されやすいコンテンツを作りながら、サイトのパフォーマンスを向上させましょう。

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・内部・リンク調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位、リンク、内部を調べ、必要な対策をアドバイスします(無料)
上位表示を目指すURL *
(例)http://○○.co.jp
上位表示を目指すキーワード *
(例)中古車
ご担当者様名 *
電話番号 *
メールアドレス *

※個人情報の管理は、「プライバシーポリシー」に同意の上お申し込みください

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリ:SEO基礎 内部対策
B!

最新記事
SEOラボをSNSで応援する
無料SEOツール
話題の記事
2017年7月 効果があったSEO対策は、被リンク【まとめ】
アメブロで上位表示できますか?【今月(2017年8月)の問合せ】
サイトの使いやすさ(UX=ユーザーエクスペリエンス)が重要なSEO要因になってきている
検索ユーザーが求めるコンテンツの考え方
「検索エンジン最適化スターターガイド」は最も効率のよいSEO技法である
ブログを2つ運営しています。同じ内容を投稿していいの?という問い合わせ
最近6位に上昇したページの対策教えます
他社のSEO商品を比較
最近、順位が落ちてきたというお問合せ
最近のSEO対策と順位決定の仕組み
人気記事BEST10
follow us in feedly