HOMEリンク対策 > 発リンク数のチェック方法とSEOペナルティについて

発リンク数のチェック方法とSEOペナルティについて

2016/05/11[最終更新日]:2017/06/28
このエントリーをはてなブックマークに追加

発リンクを適切に設置し、サイトのパフォーマンスを高めるように外部、内部サイトへリンクすることが大切です。

今回は、発リンク数のチェック方法や発リンクとSEOペナルティの関係を中心に解説したいと思います。

発リンク数のチェック方法とSEOペナルティについて

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・内部・リンク調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

PR

発リンクとは

発リンクとは、サイト外部・内部のページに向けたリンクのことです。

例えば、グローバルメニューやフッターメニューは、サイト内部のページに向けられた発リンクです。
また、ブログ記事で外部サイトを参照したい場合、サイト外部に向けた発リンクを設置します。

ページ自ら発するリンクが発リンクであり、適切に外部や内部サイト(ページ)へリンクすることが大切になります。

発リンク数とGoogleガイドライン

発リンク数は、Googleウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)の一般的なガイドライン(Google がページを検出できるよう手助けする)で定義されており、この基準に沿って適切に設置する必要があります。

1 ページのリンクを妥当な数に抑えます(最大で数千個)。

ガイドラインでは、最大で数千個とあり、一般的なページを作っていれば1ページでここまで増えることはあまりないでしょう。
弊社のブログでも1ページの発リンクが多くて100くらいなので、ガイドラインの基準に沿った発リンク数といえるでしょう。

発リンク数のチェック方法

発リンク数のチェック方法は、専用ツールを使って調べるのが一般的です。

発リンク数をチェックするおススメツールは以下2つです。
SEO対策 の内部対策状況 – SEO 内部対策チェックツール | talabagani.jp
発リンク – SEOチェキ!

今回は、「SEO対策 の内部対策状況 – SEO 内部対策チェックツール | talabagani.jp」を使って発リンク数をチェックする方法を紹介します。

以下、上位化したいキーワードとURLを入力し、check を押します。

SEO対策 の内部対策状況 - SEO 内部対策チェックツール | talabagani.jp を使った発リンク数確認①

チェック完了後、上位10サイトのキーワード関連情報 の「解析情報」タブをクリックします。

SEO対策 の内部対策状況 - SEO 内部対策チェックツール | talabagani.jp を使った発リンク数確認②

「解析情報」を見ると、内部発リンク数と外部発リンク数が確認できます。
内部発リンク数(103)と外部発リンク数(33)を足すことで、発リンク総数(136)がわかります。

SEO対策 の内部対策状況 - SEO 内部対策チェックツール | talabagani.jp を使った発リンク数確認③

発リンクとSEOペナルティについて

発リンクは数も重要ですが、質も大切です。
ここは被リンクと同じ考え方です。

発リンクの質が低いと、SEOペナルティを受ける可能性が高まります。
2016年4月に不自然な発リンクに対して一斉発動されたペナルティが有名です。

このときに、指摘された不自然な発リンクの特徴は、企業から無料で提供された商品やサービスのレビュー記事からの発リンクでした。

このように、質の低い発リンクを改善するために、以下3つの方法があります。
① 必要に応じてnofollow属性を使用する
② 関係を開示する
③ 魅力的でユニークなコンテンツを作成する

※参考:今回のペナルティに対する3つの得策

発リンクのSEO効果

発リンクのSEO効果を高めるために、発リンクの数と質が重要です。

先述したウェブマスター向けガイドラインに準拠し、テキスト量等、コンテンツとのバランスを考えながら、発リンク数を調整しましょう。
また、リンク先のリンク切れ、リンク先のコンテンツ、ペナルティ対象になったようなリンク等、発リンク内容に注意し、良質な発リンクを指定しましょう。

質の良い発リンクを適切に設置し、ユーザーが使いやすく、Googleが評価してくれるページにしながら、SEO効果を高めることが大切です。

発リンクとnofollow

発リンクにnofollowを追加し、リンクパワーの譲渡を無効にすることが可能です。
つまり、Google は、これらのリンクをたどらず、 これらのリンクのPageRankアンカーテキストを転送しません。
※参考:特定のリンクに対して rel=”nofollow” を使用する – Search Console ヘルプ

nofollowは、「このページのリンクをたどらない」や「このリンクをたどらない」といった指示を検索エンジンに与える手段の 1 つです。

nofollow追加が必要なケースは以下です。
信頼できないコンテンツ
⇒サイトのリンク先のページのコンテンツを保証できない、あるいは保証したくない場合
有料リンク
⇒有料リンクによって検索結果に影響が生じたりユーザーに悪影響が及んだりしないように、有料リンクに nofollow を使用することをおすすめします。
クロールの優先順位
⇒検索エンジンロボット(Googlebot「クローラー」)がたどる必要性がないリンクがある場合

発リンクのnofollowの指定は、以下2つあります。

① <head>タグ内に<meta>タグのcontent属性でリンクタイプを指定する
記述例:
<meta name=”robots” content=”nofollow” />
<a>アンカータグのrel属性でリンクタイプを指定する
記述例:
<a href=”signin.php” rel=”nofollow”>sign in</a>

発リンク比率評価チェックツールを活用する

発リンク比率評価チェックツールで、「発リンク」「外部発リンク」「内部発リンク」の割合を競合上位10位平均と比較チェックし、自サイトの発リンク比率の評価を確認しましょう。

合わせて、発リンクのアンカーテキスト状況も確認できます。

まとめ

発リンクは、自分で調整しやすいリンクです。
HTMLの知識があれば、発リンクを最適化し、簡単にサイトの評価を高めることが可能です。

とくに、サイト外部への発リンクの質を見直し、良質なサイトにリンクしてるか、今一度チェックすることが大切です。
発リンクを改善し、量と質を調整しながら、ページのパフォーマンスをもっと高めましょう。

ページのパフォーマンスが高まれば、検索順位も上昇しやすくなるはずです。

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・内部・リンク調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

PR
あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位、リンク、内部を調べ、必要な対策をアドバイスします(無料)
期間限定!今だけ両方プレゼント!「Googleが嫌うリンク3つ教えます」と【順位が上がらない方へ】SEO内部レポートプレゼント
上位表示を目指すURL *
(例)http://○○.co.jp
上位表示を目指すキーワード *
(例)中古車
会社名/組織名 *
(例)株式会社○○○
ご担当者様名 *
電話番号 *
メールアドレス *

※個人情報の管理は、「プライバシーポリシー」に同意の上お申し込みください

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリ:リンク対策
最新記事
このブログが役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
SEOラボをSNSで応援する
新着記事
人気記事BEST10
カテゴリー
follow us in feedly