HOME内部対策 > Webコンテンツとは~ホームページの中身を充実させるための5つの基本知識

Webコンテンツとは~ホームページの中身を充実させるための5つの基本知識

2017/03/13内部対策[最終更新日]:2017/04/05
このエントリーをはてなブックマークに追加

Webコンテンツ(ウェブコンテンツ)を公開し、分析・改善しながら、サイト運用することが大切です。

今回は、面白いWebコンテンツ、Webコンテンツの種類・事例、Webコンテンツの制作(作成)・編集・管理について中心に解説したいと思います。

Webコンテンツとは~コンテンツから集客するための3つの基本知識

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・コンテンツ・リンク調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

PR

Webコンテンツとは

Webコンテンツとは、文章や画像、ツールといったWebサイトの中身を構成するパーツのことを意味します。

Webコンテンツは、オリジナルのものが評価されやすい傾向です。
他サイトと同じようなコンテンツ(コピーコンテンツ)でなく、独自の視点や観点を織り交ぜて作成したWebコンテンツをGoogleは評価します。

面白いWebコンテンツ

面白いWebコンテンツが、以下のようなサイトで紹介されてます。

企画がおもしろいのWebデザイン
かっこいいWebデザインのリンク集「ズロック」 の 企画がおもしろい面白いWebコンテンツです。

暇つぶしや息抜きに!ちょっと変わった面白いWEBサイト8選
インターネットで好きなデザインや面白いサービス、ニュースなどの面白いWebコンテンツが紹介されてます。

暇つぶしに超おすすめ!ネットの面白いサイトBEST13をランキング形式で紹介します
これは面白い!便利だなぁ!と感じたWebコンテンツをBEST13をランキング形式でまとめて紹介されてます。

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・コンテンツ・リンク調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

Webコンテンツの種類・事例

Webコンテンツの種類・事例には、以下のようなタイプがあります。
※参考:Webコンテンツのネタ切れ防止! 8つのコンテンツ分類でアイデアを湯水のように生み出す

・単発タイプ
速報記事などのニュースタイプのWebコンテンツ。
一時的な集客に有効。

・連載タイプ
1話、2話など続き物になってるWebコンテンツ。
あえて続きを読ませる構成にし、リピーター獲得など集客パフォーマンス向上を狙ったやり方。

・追記タイプ
すでに公開済の記事に関連する新たな情報を追記したWebコンテンツ。
定期的に同ページにコンテンツ追記して、ページ価値を上げる方法。

・季節・歳時タイプ
春夏秋冬、クリスマス、お正月、卒業式、入学・入園、ビアガーデンといったイベントや季節を題材としたWebコンテンツ。
季節やイベントネタをうまく活用すれば、新たにコンテンツ拡充できる。

・永続タイプ
昔から廃れない内容を題材に構成するWebコンテンツ。
本当に役立つ教科書的なガイドページを作れば、安定的に集客できる。

・辞書タイプ
用語集といった辞書タイプのWebコンテンツ。
「○○とは」のように、語句の意味を解説し、定期的に追加する更新コンテンツとして運用できる。

・インタビュータイプ
質問と回答を列挙したWebコンテンツ。
ユーザーの疑問に対して専門家が回答する、といったやり取りをそのままコンテンツに起こすため、コンテンツボリュームが確保しやすい。

・データタイプ
調査結果や見解をもとに公開するWebコンテンツ。
ある調査や独自調査のグラフや数値データについて、オリジナルの視点や観点を述べ、価値あるページを提供する方法。

Webコンテンツの制作(作成)・編集・管理

Webコンテンツの制作(作成)・編集・管理するには、以下の大きく2パターンあります。

・自分でやる
自分でサイトを作り、定期的なページ公開・リライトをしながら、Webコンテンツの制作(作成)・編集・管理をするパターン
最大のメリットとして、広告費を最小限に抑えることができます。
しかし、Webコンテンツの企画、解析・改善を自分でしっかり行わなければ、サイトパフォーマンスの向上が難しいです。

・専門業者に任せる
Web制作・マーケティング業者などに依頼し、サイト作成、定期的なページ公開・リライトを任せ、Webコンテンツの制作(作成)・編集・管理をするパターン
最大のメリットとして、専門業者による質の高いものができる。
しかし、広告費により、対策内容が限られてくる。

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・コンテンツ・リンク調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

Webコンテンツの企画書

Webコンテンツの企画書が、以下サイトで紹介されてます。

ネットで見れる!国内有名Webサービスの「ナマ企画書」まとめ
3億の調達を決めた資料から、社内ベンチャーが事業承認を得るために使った資料まで。ナマのWebコンテンツ企画書ばかりです。

ウェブコンテンツJIS規格(アクセシビリティガイドライン)について

ウェブコンテンツJIS規格(アクセシビリティガイドライン)について、以下のようなサイトで確認できます。

ウェブコンテンツの JIS X 8341-3:2016 対応度表記ガイドライン
情報通信アクセス協議会・ウェブアクセシビリティ基盤委員会が独自に定めたガイドライン。

ウェブ・コンテンツ・アクセシビリティ・ガイドライン(WCAG)2.0
W3Cの勧告WCAG 2.0の日本語訳(情報通信アクセス協議会の「ウェブアクセシビリティ基盤委員会 (WAIC)」が翻訳と修正をおこなって公開しているもの)

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・コンテンツ・リンク調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

「Webコンテンツを開こうとしています」について

2015年11月頃、一部のPCでInternet Explorer起動時にポップアップで表示されたメッセージ「Webサイトで、このプログラムを使ってWebコンテンツを開こうとしています」は、セキュリティ更新プログラムMS15-116によるセキュリティ強化のためです。
※参考:dynabook.com | サポート情報 | Internet Explorerで「Webサイトで、このプログラムを使ってWebコンテンツを開こうとしています」と表示された場合について

このメッセージは、「今後、このプログラムに関する警告を表示しない(S)」にチェックを入れ、[許可する(A)]をクリックすることで対処できたようです。

「Webコンテンツの利用履歴があり退会確認が取れない為、料金が発生しております。至急に退会のご連絡をください」について

「Webコンテンツの利用履歴があり退会確認が取れない為、料金が発生しております。至急に退会のご連絡をください」というメッセージがショートメールで届くケースがあるようです。

この件について、Yahoo知恵袋や教えてgoo!などのサイトで質問されてるケースが目立ちます。

このケースは、悪質サイトが実施してる架空請求などのメッセージの可能性が高いので、遭遇した場合は、無視することが大切です。

まとめ

オリジナリティの高いWebコンテンツを増やし、サイト運用しましょう。

コンテンツ・リンクの質を上げ、サイト価値を高めながら、SEO対策で上位化を目指すことが重要です。

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・コンテンツ・リンク調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

PR
あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位、リンク、内部を調べ、必要な対策をアドバイスします(無料)
期間限定!今だけ両方プレゼント!「Googleが嫌うリンク3つ教えます」と【順位が上がらない方へ】SEO内部レポートプレゼント
上位表示を目指すURL *
(例)http://○○.co.jp
上位表示を目指すキーワード *
(例)中古車
会社名/組織名 *
(例)株式会社○○○
ご担当者様名 *
電話番号 *
メールアドレス *

※個人情報の管理は、「プライバシーポリシー」に同意の上お申し込みください

このエントリーをはてなブックマークに追加
最新記事
このブログが役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
新着実験
人気実験BEST10
カテゴリー
このブログが役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
このブログが役に立つと思ったら、ぜひ『いいね!』して下さい。
follow us in feedly