HOME内部対策 > HTMLコーディングで役立つ3つのSEO知識

HTMLコーディングで役立つ3つのSEO知識

2015/01/05内部対策[最終更新日]:2017/03/08
このエントリーをはてなブックマークに追加

HTMLコーディングを適切に行い、ページの質を高めながら、サイト運用することが大切です。

今回は、HTMLコーディングでSEOに効果的なポイントを3つ紹介します。

HTMLコーディングで役立つ3つのSEO知識

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・リンク・内部を調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

PR

①HTMLソースのコメントアウトのSEO的見解

htmlコーディング中に、不要なソースがあればコメントアウトで非表示にすることがあると思いま す。

基本的にコメントは、コードを書くまたは見る人のための補助情報として扱われます。

このコメントですが、Googleのランキング要因とは関係ないという記事がありました。

Googleのランキング要因とは関係ないようですが、ページ表示速度に影響が出る可能性があるそうです。

ページ表示速度が遅いサイトは、ユーザーにストレスを与えます。
ユーザーにストレスを与えれば、サイトの離脱率は上がり、サイトの評価が下がる恐れがあります。

サイトの評価が下がれば、順位にも影響がでるかもしれません。

②パンくずリストの記述方法

1つページに複数のパンくずリストがある場合、
Googleは最初の1つを取得すると、回答しています。

最初の1つとは、htmlソース上で1番上のパンくずリストのことでしょう。

例えば、htmlソース上に、以下順番で、パンくずリストが記述されているとします。

例、
adidas > サッカーシューズ > 「プレデター」
人気サッカーシューズランキング > メンズ > 「プレデター」
サッカーシューズ > adidas > 「プレデター」

上記例のように、複数のパンくずリストがある場合、
Googleは最初の一つを取得するので、
adidas > サッカーシューズ > 「プレデター」がGoogleに認識されます。

また、2つ以上のパンくずリストを記載する場合は、
「childプロパティ」でマークアップしておくとよさそうです。

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・リンク・内部を調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

効果的なアンカーテキスト(aタグ)の記述方法

検索エンジンは、リンク先のページがどんな内容なのか認識するために
アンカーテキストを重要視します。

アンカーテキストを「詳細はこちら」よりも「内部リンクの活用法はこちら」とするほうが効果的で す。

ブログでは、記事概要を数行記述し、「もっと読む」のリンクが設置されてますが、 記事タイトルが含まれるリンクを設置したほうが効果的です。

また、パンくずリンクも「トップページ」「HOME」ではなく、
タイトルを記述すると効果的でしょう。

上記のように、内部リンクを最適化することで、
サイトの価値が高まり、順位上昇の可能性を高めることができます。

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・リンク・内部を調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

PR
あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位、リンク、内部を調べ、必要な対策をアドバイスします(無料)
期間限定!今だけ両方プレゼント!「Googleが嫌うリンク3つ教えます」と【順位が上がらない方へ】SEO内部レポートプレゼント
上位表示を目指すURL *
(例)http://○○.co.jp
上位表示を目指すキーワード *
(例)中古車
会社名/組織名 *
(例)株式会社○○○
ご担当者様名 *
電話番号 *
メールアドレス *

※個人情報の管理は、「プライバシーポリシー」に同意の上お申し込みください

このエントリーをはてなブックマークに追加
最新記事
このブログが役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
新着実験
人気実験BEST10
カテゴリー
このブログが役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
このブログが役に立つと思ったら、ぜひ『いいね!』して下さい。