HOMEその他 > 【ウェブマスターツール】新機能!検索アナリティクス-モバイルの順位もわかります
NEW! 【無料SEOツール】ドメイン評価チェックツール公開中!
その他
【ウェブマスターツール】新機能!検索アナリティクス-モバイルの順位もわかります
2015/05/08その他[最終更新日]:2015/05/08
このエントリーをはてなブックマークに追加

Googleのウェブマスターツールに検索クエリという機能がありましたが、この機能が新しく「検索アナリティクス」に刷新されました。

今回は、この「検索アナリティクス」がどんな機能かを見ていきましょう。

Googleウェブマスターツール画像
検索アナリティクスとは

検索アナリティクスは、ウェブマスターツールの検索クエリ機能が置き換わったものです。(検索クエリ機能もあと3ヶ月併用してつけるようです。)

PR

Googleのウェブマスター向け公式ブログにリリースの記事が出ています。

・検索アナリティクス レポートで精度の向上したデータをご覧になれます
http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2015/05/new-search-analytics.html

上記のページには、検索アナリティクスについて下記のように書かれています。

新しい検索アナリティクス レポートでは、サイトの検索データを分類し、さまざまな方法でフィルタリングして、より精度の高い分析を行うことができます。たとえば、モバイル経由のトラフィックを 4 月 21 日のモバイル アップデートの前後で比較して、アップデートがトラフィックに与えた影響を把握するといったことが可能です。

いろいろな角度で検索データを分析できるようになりました。
次は、具体的な部分を見ていきましょう。


検索アナリティクスの特徴

ウェブマスターツール検索アナリティクス画面

上記が新しくできた検索アナリティクスの画面です。

従来の検索クエリと違うところは、赤枠で囲まれているメニューバーができて、調査できる項目が増えたことです。

一番のトピックとしては、モバイルの検索順位とクリック数などがわかるようになったことです。

検索クエリごとにPCとモバイルのどちらが順位が上か、クリックが多いかなどをひかくできるようになりました。

国別のクリック数や画像検索でのクリック数などもわかるようになりました。


検索アナリティクスでわかる項目

検索アナリティクスで表示できる情報は、メニューバーの上部に4つの項目があり、チェックボックスにチェックをつけると表示されます。

  • クリック数
  • 表示回数
  • CTR
  • 掲載順位

  • 上記の4項目がそれぞれの検索クエリごとに表示されます。

    クリック数は、そのままクリックされた数です。

    表示回数は、検索で表示された回数です。クリックされなくても表示されればカウントされます。

    CTRは、クリック数÷表示回数 です。どのくらいの割合でクリックされたかを出す数値です。

    掲載順位は、検索で表示されたときの順位の平均順位のことです。

    メニューバーの下部には、調査項目があります。

  • クエリ
  • ページ
  • デバイス
  • 検索タイプ
  • 日付

  • クエリは、そのとおり検索クエリのことで、ページは、ランディングページのことです。

    国は、アクセスもとの国です。

    デバイスが、PCかモバイルを選ぶ、もしくは比較できるようになっております。

    検索タイプは、通常の検索に当たるウェブと画像検索と動画検索がわかるようになっています。

    一番、使うのは、クリック数と掲載順位を表示して、検索クエリごとにPCとモバイルの結果を比較することではないでしょうか。

    注意することは、すべての検索キーワードが見えるわけではなく、PCとモバイルそれぞれで、999件づつしか表示されません。

    小さいサイトであれば、期間を長く取りすぎなければ、ほとんどすべての検索クエリが表示されると思われますので、あまり心配しなくてもいいかもしれません。

    逆に大きいサイトでロングテールを分析したいときは、物足りない件数となっております。


    4月21日以降のSEOラボのPCとモバイルの順位比較

    実際に検索アナリティクスで4月21日以降のPCとモバイルの検索順位を比べてみました。

    PCとモバイル両方で表示されていた検索クエリは、全部で344個ありました。

    モバイルが順位が高い 201 58.4%
    PCが順位が高い 97 28.2%
    同じ順位 46 13.4%

    上記のようにモバイルでの順位が高い検索クエリのほうが2倍程度多く、PCとモバイルの順位の差もPCの方が順位が高い検索クエリは、1.85位しか差がありませんでしたが、モバイルが高い検索クエリは、3.7位ほど差があり、SEOラボは、モバイルでの順位が比較的高いことがわかりました。


    まとめ

    SEOラボは、WordPressでモバイル対応していますので、全体的には、モバイルの方が順位が高い傾向にありました。

    ウェブマスターツールの検索アナリティクスは、今までできなかったモバイルの分析など、さまざまな活用ができると思いますので、ぜひ一度、活用してみてください。

    PR
    あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位、リンク、内部を調べ、必要な対策をアドバイスします(無料)
    期間限定!今だけ両方プレゼント!「Googleが嫌うリンク3つ教えます」と【順位が上がらない方へ】SEO内部レポートプレゼント
    上位表示を目指すURL *
    (例)http://○○.co.jp
    上位表示を目指すキーワード *
    (例)中古車
    会社名/組織名 *
    (例)株式会社○○○
    ご担当者様名 *
    電話番号 *
    メールアドレス *
    このエントリーをはてなブックマークに追加
    最新記事
    このブログが役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
    新着実験
    人気実験BEST10
    カテゴリー
    このブログが役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
    このブログが役に立つと思ったら、ぜひ『いいね!』して下さい。