HOMEその他 > 【Yahoo検索】ついにYahooも8月18日からSSL化!検索キーワードがわからなくなる日が来るのか?
その他
【Yahoo検索】ついにYahooも8月18日からSSL化!検索キーワードがわからなくなる日が来るのか?
2015/08/13その他[最終更新日]:2015/10/01
このエントリーをはてなブックマークに追加

前日の8月12日にYahoo検索ガイドのニュースに「「Yahoo!検索」SSL化のお知らせ」がアップされました。

【8月19日 追記】

Yahoo検索SSL化

SEOの観点から見るHTTPSの3つの役割と5つの使用法 レポート無料ダウンロードはこちら⇒

Yahoo検索のSSL化で何が起こるのか?


8月18日から、Yahoo検索もSSL化が始まります。

PR

これによりどんなことが起こるのでしょうか?

現在、完全SSL化しているGooogleの事例を見てみましょう。

Googleは、はじめは、Googleアカウントにログインしている人が検索したときにSSL化して、その後、ずべての検索でSSL化を導入しました。

  • 2012年3月6日 Google の検索セキュリティを強化しました-Googleアカウントにログインしている人の検索がSSL化
  • 2013年9月 すべての検索結果をSSL化-https://へリダイレクト

  • これで何が起こったのかというと今までアクセス解析ソフトでわかっていた検索キーワードがわからなくなり、(not provided)と一まとめになってしまいました。

    これによってGoogleAnalyticsなどでGoogleからの検索キーワードが取得できなくなりました。

    Googleからの検索キーワードが知りたければ、Search Console サーチコンソール(旧ウェブマスターツール)で取得するしかなくなりました。

    これによって、Analyticsで一括で検索キーワードを調査することができなくなって、SEO対策のキーワード戦略を変更せざるおえない場合もありました。

    YahooもSSL化するので、Googleと同じように検索キーワードが取得できなくなる可能性が高いと思います。

    米Yahooでは、自分のサイトが、SSL化(https://)していなければ、Yahooから来たことすらわかりません。

    さすがにこのようになるとは思えませんが、最悪は、自社サイトがSSL化していなければ、まともに検索からのトラフィックを分析することができなくなる可能性があります。

    SEOの観点から見るHTTPSの3つの役割と5つの使用法 レポート無料ダウンロードはこちら⇒

    今後のSEO対策でのキーワード戦略はどうすればいいか?


    Yahooから検索キーワードが取得できなくなった場合にどのようにSEO対策でキーワードを考えればいいのでしょうか?

    1つ目は、いろいろなSEOブログでも書かれているとおり、キーワードに固執することをやめて、自社と顧客から検索しているユーザーがどのような意図で検索しているかを考えて、サイトを運営していくようにすることです。

    検索エンジン(Google)は、昔より、かなりページに書いてある内容を理解できるようになって来ていますので、中身の濃いコンテンツを作成することで検索エンジンからのトラフィックを獲得することが可能です。

    ただし、まだまだページの内容の理解は、完全ではありませんので、実際にこちらの意図と検索エンジンの意図がある程度合致するまでは、数年かかる可能性もございます。

    2つ目は、GoogleのSearch Console サーチコンソールを使って、Googleのキーワード分析で進めることです。

    ただし、サイトによっては、Yahooからの流入のほうが多いサイトは、正確な分析ができずに逆に間違った施策をやってしまう可能性もあります。

    3つ目は、Yahooのリスティング広告を活用して、キーワードを調べることです。

    今のところ、リスティング広告では、出稿キーワードとクリック数、CV数などは、わかるようになっております。

    別途広告費はかかりますし、自然検索の結果ではありませんが、ある程度は、正確に把握することが可能ではないでしょうか。

    SEOの観点から見るHTTPSの3つの役割と5つの使用法 レポート無料ダウンロードはこちら⇒

    【8月19日追記】Yahoo検索SSL化実施の結果


    Yahoo検索のSSL化が昨日の18日からついに始まりました。

    現在の仕様としては、Yahooから来たことは、わかりますが、キーワードは、取得できなくなりました。

    さらにYahooから来たことはわかりますが、以前のようにGoogle AnalyticsのチャネルでOrganic Searchに表示されず、Referralのsearch.yahoo.co.jpとして表示されるようになりました。

    まとめると

  • Yahooから来たトラフィックだとはわかる
  • 検索キーワードはわからない
  • Google Analyticsでは、Organic SearchではなくReferralのsearch.yahoo.co.jpで表示される

  • という仕様になっているようです。

    今現在の結果ですので、今後は、Google Analytics側の対応でOrganic Searchに入るかもしれませんので、変更の可能性は残されています。

    この仕様のまま進めば、最終的には、Google Analyticsでは、キーワードは、ひとつも表示されません

    Organic Searchの部分は、(not provided)だけになり、Googleからのセッション数を示すようになり、Yahooからのアクセスは、Referralのsearch.yahoo.co.jpでセッション数がわかるという状態になります。

    今のところ、すべてのYahoo検索結果が、https://(SSL化)に変わっているわけではなさそうで、本日もGoogle Analyticsでは、Organic Searchでキーワードが表示さています。

    SEOラボの8月19日のOrganic Searchのキーワード部分
    Googleanalytics organicSearch

    上記の1番上は、(not provided)は、Googleからのアクセスで、その下の部分が、Yahooからのアクセスです。
    まだ、キーワードが表示されています。(ぼかしていますが)

    この仕様のまま進んでいくかは、まだ決まっていませんが、検索キーワードを知る方法がなくなってきていることは確かなようです。

    SEOの観点から見るHTTPSの3つの役割と5つの使用法 レポート無料ダウンロードはこちら⇒

    まとめ


    正直言って、私には、キーワードをわからなくする意義は、あるとは思えません。

    SSL化自体は、当然の流れですし、安全な通信ができるので、賛成ですが、分析できなくなるのは、困ったものです。

    今後は、キーワードが取得できなくなった場合にどうするかを試しながら、いい方法が確立出来次第、ブログで報告したいと思います。

    SEOの観点から見るHTTPSの3つの役割と5つの使用法 レポート無料ダウンロードはこちら⇒

    PR
    あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位、リンク、内部を調べ、必要な対策をアドバイスします(無料)
    期間限定!今だけ両方プレゼント!「Googleが嫌うリンク3つ教えます」と【順位が上がらない方へ】SEO内部レポートプレゼント
    上位表示を目指すURL *
    (例)http://○○.co.jp
    上位表示を目指すキーワード *
    (例)中古車
    会社名/組織名 *
    (例)株式会社○○○
    ご担当者様名 *
    電話番号 *
    メールアドレス *
    このエントリーをはてなブックマークに追加
    最新記事
    この記事が役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
    新着実験
    人気実験BEST10
    カテゴリー
    この記事が役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
    この記事が役に立つと思ったら、ぜひ『いいね!』して下さい。