HOMEその他 > 【人気無料SEOレポート】スマホSEOで抑えておくべき10個のアドバイス レポート開示中!
その他
【人気無料SEOレポート】スマホSEOで抑えておくべき10個のアドバイス レポート開示中!
2015/09/03その他[最終更新日]:2015/09/03
このエントリーをはてなブックマークに追加

モバイルフレンドリーアップデートにより、スマホSEOが必要となりました。今回は、スマホサイトでやるべきSEO対策を10個厳選し、レポートにまとめました。

150512
レポート概要

目次
・「スマホ対応」にする
 1. スマホ対応どうか確認(モバイルフレンドリーテスト)
 2. モバイルフレンドリーテスト結果に従う
 3. 「スマホ対応」ラベルが表示されない!?
 4. スマホ順位を上げるために
・被リンク対策
 5. アンカーテキスト分散
 6. 設定日分散
 7. ドメイン分散
・内部対策
 8. テキストボリューム
 9. HTMLソースの最適化
・まとめ
 10. まとめ

「モバイルページの表示速度」のアルゴリズム導入

「モバイルページの表示速度」のアルゴリズム導入の可能性が高まってます。
※参考:表示が遅いページはますます嫌われる?「Slow to load」の警告メッセージをモバイル検索でGoogleがテスト中 | 海外SEO情報ブログ

PR

モバイルページの表示速度を改善するには以下があります。
・JavaScript を縮小する
・画像を最適化する
・CSS を縮小する
・ブラウザのキャッシュを活用する etc…

上記から、モバイルページの表示速度を改善し、ユーザー・クローラが回遊しやすいページにする。

今後、「スマホ対応」「ページ表示速度の改善」の両方のスマホSEOを行い、
順位上昇を目指すことが重要です。

ページの表示速度を調べる3つのツール

ページの表示速度を改善するために、3つのツールを紹介します。

Google Developers 「PageSpeed Insights」
ウェブページのコンテンツを解析し、ページの表示速度が分析できるGoogle Developersのツールです。
モバイルだけでなく、PCでのページ速度も調査可能です

pho01

②Search Console 「Fetch as Google」
「Fetch as Google」は、追加・更新したページを、より早くGoogleにインデックス(検索結果に反映)してもらう機能です。
「Fetch as Google」完了画面で、ダウンロード時間が確認できます

Search Console ⇒ クロール ⇒ Fetch as Google ⇒ モバイル:スマートフォンを選択 「取得」ボタン押す
完了したステータスをクリック、ページのダウンロード時間が表示されます。

pho02 pho03

Googleアナリティクス 「ページ速度」
ページ速度は、サイトのあらゆる状況を分析できるアクセス解析ツールGoogleアナリティクスの機能の1つです。
ページ速度では、対象期間でページ毎に平均読み込み時間が確認できます。
行動 ⇒ サイトの速度 ⇒ページ速度

pho04

PR
あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位、リンク、内部を調べ、必要な対策をアドバイスします(無料)
期間限定!今だけ両方プレゼント!「Googleが嫌うリンク3つ教えます」と【順位が上がらない方へ】SEO内部レポートプレゼント
上位表示を目指すURL *
(例)http://○○.co.jp
上位表示を目指すキーワード *
(例)中古車
会社名/組織名 *
(例)株式会社○○○
ご担当者様名 *
電話番号 *
メールアドレス *
このエントリーをはてなブックマークに追加
最新記事
このブログが役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
新着実験
人気実験BEST10
カテゴリー
このブログが役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
このブログが役に立つと思ったら、ぜひ『いいね!』して下さい。