HOME内部対策 > 【SEO対策】SEOで抑えるべきクローラビリティ最適化法 レポート開示中!
内部対策
【SEO対策】SEOで抑えるべきクローラビリティ最適化法 レポート開示中!
2015/09/30内部対策[最終更新日]:2016/11/04
このエントリーをはてなブックマークに追加

クローラー(Googlebot)が回遊しやすいサイト構造にすることが大切です。ディレクトリ・URL・リンク等最適化し、クローラビリティを高める方法をレポートにまとめました。

SEOで抑えるべきクローラビリティ最適化法
レポート概要

目次

・リンクの最適化
・URLの構造
・ディレクトリ構造
・Googleウェブマスターツール活用
・その他

Googleクローラについて

Google のメインクローラのことを Googlebot と呼びます。
クローラーは、一般公開されたウェブページにアクセスし、ウェブページを見て、そのページにあるリンクをたどります。
参考:Google クローラ – Search Console ヘルプ
参考:はじめに | Webmasters | Google Developers

PR
pho01

一般に、検索エンジンは検索結果でユーザーがコンテンツを利用できるようにするために、クロールとインデックス登録と いう 2 段階の主要な処理を行います。
Googlebotがウェブページをクロール後、ページに関する情報を整理し収集した情報を検索結果に表示(インデックス登録)します。

以下のよう、クロールやインデックス登録したくない場合
・サーバーの限られたリソースがページへのアクセスに使用される場合
・URL とリンクの構造に問題があり、すべてのページをたどると限りなく URL が作成されるような場合
・ページを一切インデックスに登録したくない場合
・スニペット(検索結果でタイトルの下に表示されるページの概要)なしでページを表示したい場合
・キャッシュに保存されたページをユーザーに表示したくない場合

以下方法でクロールとインデックス登録の制御が可能です。
クロールの制御
・robots.txt ファイルで、サイトのクロール方法を指定
インデックスの登録と表示の制御
・HTML ページの先頭の セクションに、robots メタタグを追加
・X-Robots-Tag HTTP ヘッダーの使用

上記方法を使い、不要なアクセスを制御しながら、サイトのパフォーマンスを向上させると良いでしょう。

不審なアクセスや不要なページ等を回避、削除し、サイトの価値を高めながら、順位上昇を目指すことが重要です。

PR
あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位、リンク、内部を調べ、必要な対策をアドバイスします(無料)
期間限定!今だけ両方プレゼント!「Googleが嫌うリンク3つ教えます」と【順位が上がらない方へ】SEO内部レポートプレゼント
上位表示を目指すURL *
(例)http://○○.co.jp
上位表示を目指すキーワード *
(例)中古車
会社名/組織名 *
(例)株式会社○○○
ご担当者様名 *
電話番号 *
メールアドレス *

※個人情報の管理は、「プライバシーポリシー」に同意の上お申し込みください

このエントリーをはてなブックマークに追加
最新記事
このブログが役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
新着実験
人気実験BEST10
カテゴリー
このブログが役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
このブログが役に立つと思ったら、ぜひ『いいね!』して下さい。