HOMEその他 > Googleアナリティクスの効果的な使い方
その他
Googleアナリティクスの効果的な使い方
2015/12/03その他[最終更新日]:2016/05/26
このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト分析ができるGoogle無料SEOツール「Googleアナリティクス」。 訪問数・平均滞在時間・直帰率・離脱率等、あらゆるサイト状況を分析し、改善しながら、サイト全体のパフォーマンスを向上させることが大切です。 今回は、SEO対策で役立つGoogleアナリティクスの効果的な使い方についてレポートにまとめました。

Googleアナリティクスの効果的な使い方
目次

Googleアナリティクスとは
初心者向け Googleアナリティクスのおすすめ設定方法
まとめ

Googleアナリティクスとは

Googleアナリティクスとは、Webサイトのアクセス状況を解析するGoogle提供の高機能無料SEOツールです。

PR
初心者向け Googleアナリティクスのおすすめ設定方法

Googleアナリティクスは、サイト(ホームページ)に「専用のサイト解析タグ」を埋め込むことで、 サイトの状態(何人サイトに訪問してるか、どのくらいサイトに滞在してるかなど)がわかるGoogle提供のサイト分析ツールです。

Googleアナリティクスではサイトのあらゆるデータを見ることが可能です。
そのデータを元に、サイトを改善し、訪問数を増やすなど、サイトパフォーマンスの向上に役立てることができます。

サイトパフォーマンス向上例
・お店のサイトなら、ホームページの訪問数を増やし、お店の認知度を高めるのに役立てる
・アフィリエイトサイトなら、サイトの訪問数を増やし、広告のクリック数を増やすのに役立てる
・ネットショップなら、直帰率・滞在時間を改善し、コンバージョン率UPを狙うのに役立てる

上記のよう、サイトのパフォーマンス向上に役立てるのがGoogleアナリティクスの魅力です。

では、ここからGoogleアナリティクスの設定方法について紹介します。

Googleアナリティクスのサイトにアクセスし、ログインします。

pho01

pho03

※Googleアカウントがない場合は、アカウントを作成しましょう。これは必須となります。アカウント作成後、再度ログインしましょう。

②ログイン後、Googleアナリティクスの設定の流れが表示されるので、「お申し込み」ボタンを押します。

pho02

③「お申し込み」ボタンを押すと、「新しいアカウント」作成画面に移行するので、以下項目を入力し、「トラッキングIDを取得」ボタンを押します。

pho04

・アカウント名⇒自分の好きな名前を付けることができます。(例:株式会社ディーボ)
・ウェブサイト名⇒サイトのタイトル名などのウェブサイト名を付けることができます(例:SEOの疑問を実験で解き明かすSEOラボ)
・ウェブサイトのURL⇒解析するサイトのURLを入力します(例:seolaboratory.jp)
・業種⇒「インターネット、通信事業」など、解析するサイトのジャンルを1つ選択します
・レポートのタイムゾーン⇒デフォルトではアメリカですが、「日本」を選択します

全ての項目を入力し、「トラッキングIDを取得」ボタンを押したら、「Googleアナリティクスの利用規約」のポップアップが表示されます。

「Googleアナリティクスの利用規約」のデフォルトがアメリカなので、日本語を選択し、規約内容を一読したら、「同意する」を押します。

pho05

④ウェブサイトのトラッキングが表示されるので、トラッキングコードをコピーし、サイトに設置します。

pho06

トラッキングコードの設置方法は以下2つあります。
Google タグマネージャを使用してトラッキング機能を追加する
サイトにトラッキング コードを直接追加する

今回は、「サイトにトラッキング コードを直接追加する」 設置方法を紹介します。

上記のよう、取得したトラッキングコードをコピーし、トラッキングするすべてのウェブページのHTMLファイルの終了タグ </head> の直前に貼り付けます。

トラッキングコード設置前

pho07

トラッキングコード設置後

pho08

上記のよう、トラッキングコードの設置が完了したら、Googleアナリティクスでトラフィック データが受信されているか確認します。
ウェブ トラッキング コードの設定を確認する – アナリティクス ヘルプ

トラフィックデータが受信されてるかの確認方法は、該当のアカウント、プロパティ、ビューを選択し、以下画面のような状態で、レポートタブをクリックします。

pho09

レポートタブクリック後、左メニューのリアルタイム⇒サマリーをクリックします。この機能は、サイト訪問したユーザーデータがリアルタイムで確認できる機能です。

以下のよう、アクティブユーザーの訪問が確認できれば、トラフィックデータがちゃんと受信されてることになります。

pho10

また、先述のトラッキングID取得画面からトラフィックデータ受信を確認することも可能です。

トラフィックデータ受信前

pho11

トラフィックデータ受信後

pho12

うまくトラフィックデータが取得でれば、以下のようにサイトの情報がどんどん蓄積されていきます。

pho13

このように、Googleアナリティクスをしっかり設定し、あらゆる指標を改善しながら、サイトのパフォーマンスを向上させましょう。

まとめ

Googleアナリティクスを導入し、取得したサイトのデータを改善することが大切です。

ページビューや直帰率、離脱率や平均滞在時間など中心に、あらゆる指標を改善しながら、サイトの価値を高めましょう。

サイトの価値高めるには、各ページのコンテンツ(見やすさ・わかりやすさ・文章量等)を改善することが重要です。

PR
あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位、リンク、内部を調べ、必要な対策をアドバイスします(無料)
期間限定!今だけ両方プレゼント!「Googleが嫌うリンク3つ教えます」と【順位が上がらない方へ】SEO内部レポートプレゼント
上位表示を目指すURL *
(例)http://○○.co.jp
上位表示を目指すキーワード *
(例)中古車
会社名/組織名 *
(例)株式会社○○○
ご担当者様名 *
電話番号 *
メールアドレス *
このエントリーをはてなブックマークに追加
最新記事
この記事が役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
新着実験
人気実験BEST10
カテゴリー
この記事が役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
この記事が役に立つと思ったら、ぜひ『いいね!』して下さい。