HOMEその他 > 良いブログ記事の書き方・プロのWEBライターに聞いてみました!
その他
良いブログ記事の書き方・プロのWEBライターに聞いてみました!
2016/03/14その他[最終更新日]:2016/03/14
このエントリーをはてなブックマークに追加

記事協力:遠藤美華(えんどうみか)ライター

ライターのえんどうです。いまや企業だけではなく個人事業主の広告・宣伝ツールとして今や必須となったWEBサイト。中でもブログは、書き溜めていくことのできるサイトです。受動的にながれていくSNSに比べ、良いブログ記事は読者から検索されて、能動的に見にきてもらうこともできるのです。商用利用しているブログを例に、良いブログ記事の書き方をまとめてみました。

良いブログ記事の書き方・プロのWEBライターに聞いてみました!
良いブログ記事とは
人気のあるブログ記事の特徴

読み手側に立って、人気のあるブログ記事の特徴を考えてみました。
●わかりやすい。読みやすい。
●共感できる。面白いな、と思う。
●自分の悩みが解決できた
●新しい情報を仕入れることができた

PR

客観的に、人気のあるブログ記事の特徴をみていくと、どんな記事が良いブログ記事になのか、コツがみえてきます。
・わかりやすい。読みやすい。⇒専門的用語を使っていない。わかりやすい言葉で書かれている
・共感できる⇒ブログを書いている人の雰囲気や人柄が伝わる
・自分の悩みが解決できた。新しい情報を仕入れることができた⇒ノウハウがある。読者のニーズに応えている記事である。お役立ち記事がある

人気のあるブログ記事とは?

人気のあるブログ記事にするには、どのような記事の書き方をすればいいのか。具体例を出してみることにします。

●誰にでもわかる言葉を選んだブログ記事の書き方である
専門用語を多用すると、どうしても難しい印象が出るブログ記事になってしまいがちです。例えば、私のようなライター業で出てくる言葉で言えば、校正、校了、責了、校閲・・・などは一般的には使われません。

読者ターゲットが、文筆業の方であればいいのですが、読者ターゲットが専門分野ではなく一般的な場合は注意が必要です。誰にでも通じる文章のコツとして言われる「小学5年生に通じるような日本語」で書くようにしましょう。読者目線に立って言葉を選んだブログ記事は、良いブログ記事の第一歩です。

●書き手の人柄や雰囲気が伝わるブログ記事の書き方である
ブログを商用で利用している場合、読者はもしかしたらいつかお申込みしていただける可能性のある方々です。商品やサービスを買う場合、普通はどうせ同じものを買うならば、値段が少しでも安く手に入るところで買いたいと思います。

しかし、ブログ記事を通じてあなたのファンになっていたらどうでしょうか。あなたからだから買いたいと思ってくれるファンをつくることも、良いブログ記事を書いていくことで可能になるのです。記事の合間に、人柄を感じさせる印象的な出来事や思いを載せたブログ記事も、ファンにはたまらない人気記事となっていきます。

●悩みにこたえるノウハウや役立つ内容のブログ記事の書き方である
ブログ読者は、検索からやってくることもあります。例えば、「ブログに動画を載せたいけど・・・どうしたらいいのか?」「文章が上手くなるには?」などの悩みを解決したい場合もあります。また、「北海道新幹線はいつ開業するの?」「どうやってチケットを買うの?」など得たい情報を仕入れる場合も検索からやってきます。読者は、自分の悩みの解消できる良いブログ記事にたどり着き、解決できれば満足してくれます。

良いブログ記事の題材・ネタの選び方

1.ブログ読者のターゲットを確認する。明確にする。
題材・ネタ選びには、まず読者ターゲットを明確にすることです。どんな人に読んでもらいたいブログなのかがはっきりしないと、題材もネタ選びも上手くはいきません。ブログに限らず文章を書くときにはまず読者ありきがコツです。忘れてはなりません。

2.自分がブログで発信できることは何か?を知る
ブログ読者のターゲットが決まれば、次は題材選びです。ここで大切なのは、読者ターゲットの生活を想像することです。自分がブログで発信できる内容を整理します。自分がどんな肩書を持った専門家であるか、明確にしておくことがコツです。

3.ブログ読者の生活を想像して、ネタ・題材を選ぶ
ブログ読者がどんなことに困っているのか、何を解決したいのかが、人気のブログ記事のネタ・題材になります。自分の発信できることで、読者のお役に立てることを考えてみましょう。読者の満足を得られるネタや題材が必ずみつかるはずです。

4.ネタ元、題材はどこにあるのか?
自分で発信できるものは、これまで経験したこと、学んできたこと、深めてきたことなどがネタ元になります。自分の身近なターゲットに近い方から何を聞きたいか、ヒアリングすることでみつけるのも有効です。

読者の質問やQ&Aサイトの質問の答えをネタにブログ記事を書く
ターゲット読者から聞かれた質問もネタになります。そのまま個人的に返信するのではなく、ブログ記事で返答すれば、読者に響くことも多い。一人が悩むことは、必ず同じように悩んでいる人はいるものです。また、Q&Aサイトの質問も同様に良いネタになります。

ニュースサイトから自分の見解をブログ記事に書く
ニュースサイトや業界誌なども面白い題材、ネタ元になります。自分の発信する内容に関係ある情報や新しいニュースを読者に知らせることは、ビジネスにとても有益なことです。新しい情報が読者に不安を与えていることもあります。自分の見解を書くことで、読者に安心させてあげましょう。

自分の属する業界や専門誌をネタ元に、ターゲット読者に有益な情報をわかりやすくかみ砕いてブログ記事とすることで、読者も満足のいく読み応えのある良い記事に仕上げることができるでしょう。

良いブログ記事の書き方

ブログの記事タイトルを決める
タイトルは読者への最初のアピールです。読んでもらえるブログ記事になるのか、そうでないのかここでまず選別されます。読者ターゲットが気になるキーワードを想像してみましょう。

私が最近思わずクリックしたブログ記事は、「実は二人目を妊娠しました」という記事タイトルでした。この記事は、婦人科に特化したリフレクソロジーを開業されている方のブログ。妊娠したのはブログを書いているご本人ではなく、お客様のお話だったのです。

私は、「わ!彼女に赤ちゃんが!!!」と勘違いしてクリック。私は過去に婦人科の病気で悩んだ経験もあるので、「妊娠した」「赤ちゃんができた」のキーワードは思わずクリックしたくなる心境を持ち合わせています。彼女の読者ターゲット内の人ということになりますので、彼女の狙い通り。読まれるタイトルの付け方、書き方として成功したわけです。

ブログ記事は、ひと記事にひと話題
文章構成を考えることも大切ですが、書き方はあまり難しく考えないことです。まずは、ひと記事にひと話題で書いてみてください。あれもこれも盛り込むと、焦点がぼやけてしまい伝わることも伝わりにくいのです。まずは最初の記事を書いてから、文章構成を考えても十分間に合います。

「どんな風に自分の書いたブログ記事が見られているのか客観的な書き方のアドバイスが欲しい」というご依頼をいただいたことがあります。開設したばかりで記事を書くことに慣れていなかったのでしょう。彼女のブログ記事は、1つの記事に3つの話題が書かれていました。ご自身でもなんだかおさまりの悪いブログ記事に感じで、フィードバックをご希望されていたようです。

読みやすいレイアウト
良いブログ記事を書き方として、読者の読みやすいレイアウトにも配慮をしましょう。細かな字がページいっぱいに並んでいるよりも、段落を作ってあったほうが読みやすい印象に変わります。レイアウトを変えるだけでも、グッと読みやすく、良いブログ記事になっていきます。

色は3色くらいまでがよみやすい
読者が読みやすいブログ記事は、文字色はそれほど多くありません。3色程度のことが多いようにみうけられます。自分が読むときにどういうブログ記事なら読みやすいか、読者目線で考えていきましょう。

写真はきれいな印象のものを。大きめに。
良いブログ記事の印象を決める写真は、目に留まるようなきれいで大き目なものを使いましょう。適度に文章の合間にはいるだけで、読みやすい良いブログ記事に見えてきますから!

まとめ

良いブログ記事、面白いブログ記事の書き方は、まずは文章構成にとらわれず、読者のために書くことがコツです。自分に何ができるかを明確にし、読者のために書けば、人気のブログ記事が書けることも夢ではありません。ブログ記事に限らず、文章はどんな場合も、わざわざ文章を読みにきてくれる読者の目線を意識して書くことが重要です。

この記事を書いた人

遠藤美華(えんどうみか)ライター
公式ブログ:http://endomika.com/
アメブロ:http://ameblo.jp/gogowriter/
Email:enmika1023@gmail.com

PR
あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位、リンク、内部を調べ、必要な対策をアドバイスします(無料)
期間限定!今だけ両方プレゼント!「Googleが嫌うリンク3つ教えます」と【順位が上がらない方へ】SEO内部レポートプレゼント
上位表示を目指すURL *
(例)http://○○.co.jp
上位表示を目指すキーワード *
(例)中古車
会社名/組織名 *
(例)株式会社○○○
ご担当者様名 *
電話番号 *
メールアドレス *
このエントリーをはてなブックマークに追加
最新記事
このブログが役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
新着実験
人気実験BEST10
カテゴリー
このブログが役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
このブログが役に立つと思ったら、ぜひ『いいね!』して下さい。