HOMEGoogleアナリティクス > セッション数とは~Googleアナリティクス確認方法・目安・増やす方法

セッション数とは~Googleアナリティクス確認方法・目安・増やす方法

2016/08/10Googleアナリティクス[最終更新日]:2017/03/06
このエントリーをはてなブックマークに追加

セッション数を増やすため、Googleアナリティクスでアクセス解析しながら、セッション数を確認することが大切です。

今回は、セッション数の意味やGoogleアナリティクスでのセッション数確認法、セッション数を増やす方法について中心に解説したいと思います。

セッション数とは~Googleアナリティクス確認方法・目安・増やす方法

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・リンク・内部を調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

PR

セッション数とは

セッション数とは、ユーザーがサイト訪問した回数をさします。
離脱したユーザーが30分以内にサイトに戻ってきた場合は、同じセッションとなります。

セッション数の単位はとくにありません。

セッション数は、ホームページの集客力を把握する、重要な指標の一つです。

セッション数を把握するには、Googleアナリティクスなどのアクセス解析ツールを導入し、サイト計測する必要があります。

Googleアナリティクスでセッション数を確認する

Googleアナリティクスを使って、以下のようなセッション数の確認方法が3つあります。

①サイト全体のセッション数を確認する
②トラフィックの種類別にセッション数を確認する
③新規セッションとリピーターセッション数を確認する

①サイト全体のセッション数を確認する
Googleアナリティクスにログイン後、左メニューの「ユーザー」>「サマリー」からセッション数を確認できます。

Googleアナリティクスでセッション数を確認する イメージ①

②トラフィックの種類別にセッション数を確認する
Googleアナリティクスにログイン後、左メニューの「集客」>「すべてのトラフィック」>「チャネル」からトラフィックの種類別にセッション数を確認できます。

Googleアナリティクスでセッション数を確認する イメージ②

③新規セッションとリピーターセッション数を確認する
Googleアナリティクスにログイン後、左メニューの「ユーザー」>「行動」>「新規とリピーター」からそれぞれセッション数を確認できます。

Googleアナリティクスでセッション数を確認する イメージ③

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・リンク・内部を調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

セッション数の目安・平均

セッション数の目安・平均として、弊社のSEOラボを例に以下紹介したいと思います。

SEOラボのセッション数:54329
SEOラボのセッション数 イメージ

上記より、2014年6月にサイトを立ち上げてからセッション数が右肩上がりに推移し、月間54329セッション(2016年7月時点)を記録してます。

SEOラボのような、SEOジャンルに特化した専門ブログのセッション数の目安・平均として、月間50000セッション以上は狙える考えられます。

ジャンルが違えばキーワードの傾向・ボリュームも変化するため、さまざまなセッション数の目安・平均が存在するといえます。

セッション数を増やす方法

セッション数を増やす方法として、以下のような種類のトラフィック対策が考えられます。

・「Organic Search」のセッション数を増やす
検索上位化させ、オーガニック検索(自然検索)経由のトラフィックを増やす

・「Referral」セッション数を増やす
参照されるようなコンテンツを増やし、他サイト経由のトラフィックを増やす

・「social」セッション数を増やす
facebookやツイッターを活用し、ソーシャル経由のトラフィックを増やす

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・リンク・内部を調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

セッション数とユーザー数・閲覧開始数・ページ別訪問数の違い

セッション数と混同しがちな「ページ別訪問数」「ユーザー数」「閲覧開始数」のGoogleアナリティクス指標について、以下違いを把握しましょう。
※参考:アナリティクスの AdWords クリック数、セッション数、ユーザー数、閲覧開始数、ページビュー数、ページ別訪問数の違い – アナリティクス ヘルプ

ユーザー数(ユニークユーザー)
選択した期間内に1回以上セッションが発生したユーザー数です。新規とリピーター両方含む。

ある期間内にユーザーによる初めてのセッションが発生すると、セッション数とユーザー数はともに 1 回ずつカウントされます。
その後、同じ期間内に同じユーザーによって新たなセッションが発生した場合には、セッション数は加算されますが、ユーザー数は加算されません。

閲覧開始数
ユーザーがお客様のサイトにアクセスしたとき、指定したページを最初に閲覧した回数です。
セッション数はセッションの最初のヒットで加算されますが、閲覧開始数はセッションの最初のページビューヒットで加算されます。

ページ別訪問数
ユニーク ページビューは、指定したページが 1 回以上閲覧されたセッションの数です。ページURLとページタイトルの組み合わせごとにカウントされます。

上記のような解説を参考に、Googleアナリティクスの指標を理解しながら、セッション数との違いを把握しましょう。

セッション数とコンバージョン率

セッション数が増えることでコンバージョンも増えやすくなります。

例、セッション数が約4倍になった場合のコンバージョン率(※弊社サイト事例)
  2016年1月 2016年7月
セッション数 13357 54329
コンバージョン数 9 55
コンバージョン率 0.07% 0.10%

上記より、コンバージョン率は変わりませんが、セッションが約4倍になり、コンバージョンも6倍に増えてることが確認できます。
※この場合のコンバージョン率の計算は、コンバージョン率 = 総コンバージョン数 ÷ セッション数

セッション数とアクセス数

セッション数は、俗に言うアクセス数のことです。

セッション数だと専門的な印象が強いので、なじみやすいアクセス数が使われてるのかもしれません。

セッション数以外にページビュー数も、アクセス数として使われやすい指標でしょう。

セッション数とSEOについて

セッション数は、SEO対策することで、増やすことが可能です。

SEO対策で、サイトの検索順位を上げ、オーガニック検索(自然検索)経由のトラフィックを増やすことが大切です。

SEOラボのオーガニック検索のセッション数推移
SEOラボのオーガニック検索のセッション数推移 イメージ

上記のよう、サイト評価を高め、順位上昇しやすいサイトにしながら、セッション数向上を目指しましょう。

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・リンク・内部を調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

まとめ

セッション数を増やすために、まず良質なサイトを作ることが大切です。

1ページごと最適化し、良質なページを増やしながら、サイトの評価を高めましょう。

サイト評価が高まれば、順位上昇しやすくなり、セッション数も増えやすくなるはずです。

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・リンク・内部を調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

PR
あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位、リンク、内部を調べ、必要な対策をアドバイスします(無料)
期間限定!今だけ両方プレゼント!「Googleが嫌うリンク3つ教えます」と【順位が上がらない方へ】SEO内部レポートプレゼント
上位表示を目指すURL *
(例)http://○○.co.jp
上位表示を目指すキーワード *
(例)中古車
会社名/組織名 *
(例)株式会社○○○
ご担当者様名 *
電話番号 *
メールアドレス *

※個人情報の管理は、「プライバシーポリシー」に同意の上お申し込みください

このエントリーをはてなブックマークに追加
最新記事
このブログが役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
新着実験
人気実験BEST10
カテゴリー
このブログが役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
このブログが役に立つと思ったら、ぜひ『いいね!』して下さい。
follow us in feedly