HOMEその他 > コンテンツが全部コピーされた!!Googleに著作権侵害を申し立てしてみた

コンテンツが全部コピーされた!!Googleに著作権侵害を申し立てしてみた

2017/03/13[最終更新日]:2017/04/20
このエントリーをはてなブックマークに追加

これまでも度々、弊社運営サイトのコンテンツがコピーされる被害が発生しています。

いつもはスルーしているのですが、コンテンツや著作権について関心が高まっているように思いますので、今回は試しにGoogleに著作権侵害の申し立てを行ってみました。

コンテンツが全部コピーされた!! Googleに著作権侵害を申し立てしてみた

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・内部・リンク調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

PR

著作権侵害の申し立てを行った背景

2016年12月には、株式会社DeNAが運営を行っていたWELQが著作権侵害を行っていたとして全記事が非公開になる事件がありましたね。
また、2017年2月3日には、Google JAPANが上記の事件を受けてと思われるアルゴリズムアップデート(低品質なサイトへの対策)を実施しています。

さらには、SEO対策で重要な要因が「被リンク」と「コンテンツ」になったため、コンテンツ(WEBライティング)に関する関心が高まっています。

その為、著作権侵害された方の参考になればと思い、著作権侵害の申し立てを行いました。

著作権が侵害されたページ

「トランプ大統領 議会証言 日程」」の検索結果画面から確認できます。(※2017年3月10日 16:30の検索結果画面)

著作権が侵害されたページ イメージ

弊社運営サイトは2017年2月27日に記事を公開しています。
検索結果の画面より、弊社サイトのコンテンツをコピーしたサイトは、翌日の2017年2月28日に記事を公開したようです。

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・内部・リンク調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

著作権侵害の申し立て方法

著作権侵害の報告申し立て専用フォームから、Googleに著作権侵害を報告することができます。
申し立てには、サーチコンソールへのログインが必要なため、Googleアカウントが無い場合は作成しましょう。
※参考:著作権侵害の報告: ウェブ検索

Googleに著作権侵害を報告し、Googleがコンテンツを評価したのちに、コンテンツのブロック、削除などを検討してくれます。

フォームに各必要事項を記入し、送信するだけで作業は完了します。
申し立て後の状況は、専用の画面で確認ができます。

著作権侵害の申し立て方法 イメージ

審査結果は、Googleからメールで通知があります。

——————————————————–
お客様

Google へご連絡いただきありがとうございました。

Yahoo にホストされている以下の URL につきまして:

http://blogs.yahoo.co.jp/******/*****.html(弊社コンテンツをコピーしたサイトのURL)

まず Yahoo に用意されている権利侵害に基づく削除の手続き(http://info.yahoo.com/copyright/us/details.html)をお試しになったことをご確認ください。該当のコンテンツが Google の検索結果 から削除されても、サイトから削除されるわけではなく、ユーザーが他の検索エンジン、ソーシャル メディア、該当コンテンツへのリンクを含むウェブページなどの他の経路を通じてそのコンテンツを表示することができなくなるわけではありません。

以上よろしくお願い申し上げます。

Google チーム
——————————————————–

Googleに著作権侵害の申し立てを行った7日後に上記のメールが来ました。
申し立てを行ったのが2017年3月3日。返信が2017年3月10日。

Googleが非常に紳士に対応してくれたことに感謝します。

Googleの考え方は、リンク否認を行う際と同じで、最初にGoogleへ通報する前に、コピーしたサイトの持ち主(管理者)に連絡取って自己解決するようにということのようですね。

Googleが指示してくれた通り、今度はYahooに著作権侵害の申し立てを行いました。
※参考:Yahoo!ブログの違反サイトに関するご連絡 – 情報提供フォーム 入力画面

結果が来たら、改めてご連絡します。

Googleに著作権侵害の申し立てを行う際に、注意すること

明らかに著作権侵害されている場合にのみ実施してください。嘘の申告などを行うとペナルティを受ける場合があります。

著作権侵害は、「デジタル ミレニアム著作権法(DMCA)」に基づいて、審査されます。
※参考:デジタル ミレニアム著作権法 – Legal ヘルプ

「法的な削除リクエスト」ページに、非常にわかりやすくコピーコンテンツがあった際の対応方法、Googleの審査方法と対応について書かれています。事前に確認されることをお勧めします。
※参考:法的な削除リクエスト – Legal ヘルプ

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・内部・リンク調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

SEO対策とコンテンツについて

近日のSEO対策では、コンテンツが重要とあちこちで言われています。
ただ、弊社にお問合せいただきましたお客様と話していると、間違ったコンテンツの書き方を指示している業者もいるようです。

「Googleにばれないからコンテンツをコピーして、一部書換えればいい」は絶対にダメです。
著作権に触れてしまう可能性がありますし、Googleが目指す検索ユーザーに有益な情報を届けることができなくなります。

現在、GoogleがSEO対策の評価要因の半分がコンテンツ、残り半分が被リンクと言っています。

SEO対策で成果を得られるサイト運用のため、コンテンツと被リンクの両方をしっかり対策進めてくださいね。
あなたのサイト何が不足して順位が上がらないのか?知りたい場合は、ご提案できますのでお問合せください。

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・内部・リンク調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位、リンク、内部を調べ、必要な対策をアドバイスします(無料)
上位表示を目指すURL *
(例)http://○○.co.jp
上位表示を目指すキーワード *
(例)中古車
ご担当者様名 *
電話番号 *
メールアドレス *

※個人情報の管理は、「プライバシーポリシー」に同意の上お申し込みください

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリ:その他
B!

最新記事
SEOラボをSNSで応援する
無料SEOツール
話題の記事
2017年7月 効果があったSEO対策は、被リンク【まとめ】
アメブロで上位表示できますか?【今月(2017年8月)の問合せ】
サイトの使いやすさ(UX=ユーザーエクスペリエンス)が重要なSEO要因になってきている
「検索エンジン最適化スターターガイド」は最も効率のよいSEO技法である
ブログを2つ運営しています。同じ内容を投稿していいの?という問い合わせ
最近6位に上昇したページの対策教えます
他社のSEO商品を比較
最近、順位が落ちてきたというお問合せ
最近のSEO対策と順位決定の仕組み
検索ユーザーが求めるコンテンツの考え方
人気記事BEST10
follow us in feedly