HOMEその他 > Google検索結果とニュースにFact Check(ファクトチェック)タグ表示!事実確認結果がわかるラベルを全世界展開!

Google検索結果とニュースにFact Check(ファクトチェック)タグ表示!事実確認結果がわかるラベルを全世界展開!

2017/04/10[最終更新日]:2017/04/11
このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年4月7日より、情報の真偽が確認できる「Fact Check(ファクトチェック)タグ」が全世界のGoogle検索結果に表示されます。
※参考:Fact Check now available in Google Search and News around the world
※参考:Google、検索結果の「ファクトチェック」ラベル表示を世界で開始

今回は、Fact Check(ファクトチェック)とは、Fact Check(ファクトチェック)の背景、Fact Check(ファクトチェック)とGoogleについて中心に簡単に解説したいと思います。

Google検索結果とニュースにFact Check(ファクトチェック)タグ表示!事実確認結果がわかるラベルを全世界展開!

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・コンテンツ・リンク調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

PR

Fact Check(ファクトチェック)とは

Fact Check(ファクトチェック)とは、その情報が本当か?ウソか?の真偽を確認することです。

今回(2017年4月7日)Googleが発表したFact Check(ファクトチェック)は、「Google検索結果」と「Googleニュース」に表示されるサイト情報の真偽確認のことです。

専門機関によるサイト情報の事実確認結果に基づき、「Google検索結果」と「Googleニュース」のサイトを対象に、Fact Check(ファクトチェック)タグが表示されます。

Fact Check(ファクトチェック)導入の背景

Fact Check(ファクトチェック)タグの表示は、偽ニュースの強化対策として2016年10月より一部の検索結果で実施され、今回(2017年4月7日)全世界に導入されました。

2016年米大統領選でネット上に拡散された偽ニュースによる問題により、Googleはファクトチェック導入に至ったとされてる。
また、Googleと共に問題の的となったFacebookは、ニュースフィード上で虚偽かもしれないコンテンツに「問題あり」フラグを表示するなどの対策を施してる。

Fact Check(ファクトチェック)は、日本報道検証機構のGoHoo(ゴフー)含む、世界115の組織が協力してる。

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・コンテンツ・リンク調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

Fact Check(ファクトチェック)ラベル表示の現状

日本の検索クエリでは、まだファクトチェックラベルの表示確認情報が少ないようである。(※2017年4月10日時点)

今後は、基準を満たすサイトやニュースがこれから徐々に増え、ファクトチェックラベルの表示が増えていくと思われる。

Fact Check(ファクトチェック)タグ[ラベル]の表示例

サイト情報の事実確認結果を示す「Fact check by PolitiFact:Mostry True(PolitiFactによるファクトチェック結果:ほぼ正しい)」「Fact check by Snopes.com:False(Snopes.comによるファクトチェック結果:偽である)」などと表示されるようです。

Fact Check(ファクトチェック)のschema.org「ClaimReview」構造化データマークアップを使用することで、「Claim(主張)」「Claimed by(主張者)」を含むファクトチェックの要約版が表示されます。

Fact Check(ファクトチェック)タグ[ラベル]の表示例 イメージ

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・コンテンツ・リンク調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

Fact Check(ファクトチェック)のガイドライン基準と適用方法(Google公式)

Fact Check(ファクトチェック)のガイドライン基準と適用方法(Google公式)などについて、Google公式サイトで以下のように言及されてます。

検索結果でファクト チェックを確認する
Google 検索結果には、一般的な主張に対するサイトオーナーのファクト チェックが表示されることがあります。

各ニュース提供元ラベル(「ブログ」など)について「ファクトチェック」
Googleニュースは、schema.org ClaimReviewマークアップで示される、ファクトチェックコンテンツを含む記事を公開した場合に、このラベルを適用する場合があります。

Fact Checks | Search | Google Developers
他の人の主張をレビューするWebページがある場合、WebページにClaimReview構造化データ要素を含めることができます。

まとめ

Fact Check(ファクトチェック)のよう虚偽情報を改善し、サイトの信憑性を高めましょう。

コンテンツの質を上げ、サイトの価値を高めながら、SEO対策で上位化を目指すことが重要です。

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・コンテンツ・リンク調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位、リンク、内部を調べ、必要な対策をアドバイスします(無料)
上位表示を目指すURL *
(例)http://○○.co.jp
上位表示を目指すキーワード *
(例)中古車
ご担当者様名 *
電話番号 *
メールアドレス *

※個人情報の管理は、「プライバシーポリシー」に同意の上お申し込みください

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリ:その他
B!

最新記事
SEOラボをSNSで応援する
無料SEOツール
話題の記事
2017年7月 効果があったSEO対策は、被リンク【まとめ】
アメブロで上位表示できますか?【今月(2017年8月)の問合せ】
サイトの使いやすさ(UX=ユーザーエクスペリエンス)が重要なSEO要因になってきている
検索ユーザーが求めるコンテンツの考え方
「検索エンジン最適化スターターガイド」は最も効率のよいSEO技法である
ブログを2つ運営しています。同じ内容を投稿していいの?という問い合わせ
最近6位に上昇したページの対策教えます
他社のSEO商品を比較
最近、順位が落ちてきたというお問合せ
最近のSEO対策と順位決定の仕組み
人気記事BEST10
follow us in feedly