HOMEその他 > ついに「キーワードマップ」に対応!コンテンツキーワード探しに便利な「KEYWORD FINDER」とは

ついに「キーワードマップ」に対応!コンテンツキーワード探しに便利な「KEYWORD FINDER」とは

2017/05/17[最終更新日]:2017/05/26
このエントリーをはてなブックマークに追加

近年、コンテンツをメインとした対策をしている方が多く見受けられます。みなさんは、コンテンツのキーワードはどう選定していますか?

今回は2017年5月12日に「キーワードマップ」が追加されバージョンアップされたキーワード取得ツール「KEYWORD FINDER(キーワードファインダー) 」をご紹介します!

ついに「キーワードマップ」に対応!コンテンツキーワード探しに便利な「KEYWORD」とは

1.KEYWORD FINDER(キーワードファインダー)とは?

効果的なSEOキーワードを自動取得し、順位管理まで行えるツールです。

キーワードファインダーは初期設定を行うと自動でキーワード候補はもちろん、
検索数・難易度・順位データまで自動で取得! キーワード候補から攻略しやすいキーワードを選びます。

効果的なキーワードを自動取得 イメージ

▼試しに使ってみる(無料)▼
https://keywordfinder.jp/demo

2.キーワードの相関関係が一目で分かる!新機能「キーワードマップ」

コンテンツマーケに最適!関連キーワードを視覚的にすることでキーワードの相関関係が一目でチェックできます。
コンテンツ内に取り入れるトピックや関連コンテンツ追加の際にお役立てください。

新機能キーワードマップの説明【動画】

マップ上でSEO難易度が分かる!(キーワードファインダーだけ!)

キーワードファインダー独自の機能!
マップ上の結合部分の色でSEO難易度が分かるようになっています。

マップ上でSEO難易度が分かる! イメージ

月間検索数も分かる!(キーワードファインダーだけ!)

こちらもキーワードファインダー独自の機能!
キーワード同士の結合部分をクリックすると、左側にキーワード詳細情報と月間検索数が表示されます。

月間検索数も分かる! イメージ

マップ上で難易度や月間検索数(ボリューム)を知ることができるので、マップを見ながら関連コンテンツキーワード選びにお役立て下さい。

このキーワードツールを使ってみる

3.not providedで見えない「想定流入ワード」をチェック

これまでnot providedで見ることのできなかった流入キーワードを可能な限り把握できるようになりました。

not providedで見えない「想定流入ワード」をチェック イメージ

意図したキーワードで流入されているか?自分のサイトに関連するキーワードで流入されているかを把握し、キーワードを強化していきましょう。

4.上位ライバルサイトはどんな構成?「上位サイト分析」チェック!

コンテンツマーケティングが主流となる中、 なぜあのサイトは上位なのか気になりませんか?
指定キーワードのGoogle検索結果上位10サイトの コンテンツ対策状況を確認できるようになりました。

検索上位サイト分析 イメージ

上位サイトのコンテンツtitleは何文字?トータルで何文字書いているのか?読み込み速度は?など、ライバルサイトを簡単比較してチェックすることができます。
上位表示させる為に必要な対策の参考にしてみてください。

このキーワードツールを使ってみる

まとめ

今回は先日バージョンアップされたキーワードファインダーの新機能「キーワードマップ」とコンテンツマーケティングに便利な機能をご紹介しました。
今後も皆さんのご意見をもとに定期的にKEYWORD FINDERをバージョンアップし、更に機能を拡充して行く予定です。

無料体験デモもあるので是非一度ご利用してみてください。

▼試しに使ってみる(無料)▼
https://keywordfinder.jp

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・内部・リンク調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位、リンク、内部を調べ、必要な対策をアドバイスします(無料)
上位表示を目指すURL *
(例)http://○○.co.jp
上位表示を目指すキーワード *
(例)中古車
ご担当者様名 *
電話番号 *
メールアドレス *

※個人情報の管理は、「プライバシーポリシー」に同意の上お申し込みください

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリ:その他
B!

最新記事
SEOラボをSNSで応援する
無料SEOツール
話題の記事
2017年7月 効果があったSEO対策は、被リンク【まとめ】
アメブロで上位表示できますか?【今月(2017年8月)の問合せ】
サイトの使いやすさ(UX=ユーザーエクスペリエンス)が重要なSEO要因になってきている
「検索エンジン最適化スターターガイド」は最も効率のよいSEO技法である
ブログを2つ運営しています。同じ内容を投稿していいの?という問い合わせ
最近6位に上昇したページの対策教えます
他社のSEO商品を比較
最近、順位が落ちてきたというお問合せ
最近のSEO対策と順位決定の仕組み
検索ユーザーが求めるコンテンツの考え方
人気記事BEST10
follow us in feedly