HOMEその他 > Googleが新しいドメインを認識するのに2週間から3ヶ月かかる

Googleが新しいドメインを認識するのに2週間から3ヶ月かかる

2017/06/21[最終更新日]:2017/06/21
このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト移転と共にドメイン名を変更し、リダイレクトなどを活用して新しいURLへリブランドしながら、ホームページを運用することがあります。
新しいドメインをGoogleがすべて認識するのに3ヶ月を要するようです。
※参考:Google Site Move With New URL Can Take 3 Months; Not 2 Weeks

Googleが新しいドメインを認識するのに2週間から3ヶ月かかる

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・コンテンツ・リンク調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

3ヶ月かかる可能性を言及

GoogleのGary Illyes(ゲイリー・イリーズ氏)が言及したと、Marie Haynes氏がつぶやいてます。
Marie Haynes氏は、ペンギンパンダペナルティなどGoogleアルゴリズムを分析し、長年企業を手助けしてきた世界最高の人物として知られています。

PR

翻訳すると、
Gの一部は、新しいURLにリブランドした後、ランキングが回復するまでに2週間までかかることがあると言っています。 @methodeは、大きなサイトの場合は3ヶ月になると言います。
※@methodeは、Gary Illyes(ゲイリー・イリーズ氏)のTwitterIDです。

新ドメインが早めに認識されるケース

プロトコル(HTTPからHTTPS)の変更による新しいURLは、基本的にサイト構造が変化するわけではないので、Googleが新ドメインを認識するのに2~3週間程度要するようです。

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・コンテンツ・リンク調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

新ドメインの認識に長い時間かかるケース

サイト移動と共にドメイン名とファイル名の変更が伴った新しいURLは、Googleが新ドメインを認識するのに長い時間がかかるようです。

新しいサイト(ドメイン)をなるべく早く認識させる方法

新しいサイト(ドメイン)を早く認識させる方法として、以下のような手段があります。
※参考:Google へのサイトの登録 – Search Console ヘルプ

Googleガイドラインに準拠したサイトを構築する
ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)に沿ってサイト作成し、Googleクローラーに新ドメインをスムーズに認識してもらうよう促す。

リンクを増やす
他サイトやページからの新しいドメインへ向けたリンクを増やし、Googleクローラーにリンクを辿って新ドメインを見つけてもらうように促す。

その他、サーチコンソールにサイトを登録しておくとよいと言われますが、新ドメインを早く認識させる直接的な効果は上記手段より薄いかと思います。

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・コンテンツ・リンク調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

301リダイレクトを使おう

基本的には、サイトやページのURLが新しいものに置き換わる場合、301リダイレクトの使用がGoogleで推奨されてます。

検索エンジンの結果で表示されるページの URL を変更する必要がある場合は、サーバー サイドの 301 リダイレクトを使用することをおすすめします。これは、ユーザーや検索エンジンが正しいページにたどり着くことを保証する最善の方法です。ステータス コード 301 は、ページが別の場所に完全に移転したことを意味します。

301リダイレクトは、恒久的な転送です。
恒久的とは、いつまでもその状態が続くさまを意味し、つまり一時的ではなく、永久的に新ドメインへ転送されることとなります。

.htaccessで301リダイレクトする書き方・設定方法とSEOの影響」でも触れてますので、合わせてご参考ください。

301リダイレクトは良い効果ばかりでない

Googleが推奨する301リダイレクトですが、効果として以下のようなケースがあるようです。

・元のPageRank(とリンクが持つその他の影響力)のほぼすべてを普通は転送するがすべてではない。
・転送がまったく発生しない状況もある。
・すぐに変化することもあれば何週間もかかることもある。
・過去に行ったリダイレクト状況(回数)などで違いがでるように見える。

上記のよう効果がうまく発揮されず、検索順位へ悪影響が及ぶ可能性も把握しておきましょう。

まとめ

サイト構造、サーバーなどのホームページ運用にかかわる環境を整備し、認識されやすいドメインにしましょう。

「ユーザーにとって利便性が高いコンテンツを増やし、リンクが集まりやすいサイトにする」「内部対策(検索エンジンやクローラーが認識しやすいソースコードに最適化)する」といったSEO対策を中心に進めることが大切です。

SEO対策でドメインの力を高めて、上位化しやすいサイトを目指しましょう。

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・コンテンツ・リンク調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位、リンク、内部を調べ、必要な対策をアドバイスします(無料)
上位表示を目指すURL *
(例)http://○○.co.jp
上位表示を目指すキーワード *
(例)中古車
ご担当者様名 *
電話番号 *
メールアドレス *

※個人情報の管理は、「プライバシーポリシー」に同意の上お申し込みください

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリ:その他
B!

最新記事
SEOラボをSNSで応援する
無料SEOツール
話題の記事
検索ユーザーが求めるコンテンツの考え方
2017年7月 効果があったSEO対策は、被リンク【まとめ】
アメブロで上位表示できますか?【今月(2017年8月)の問合せ】
サイトの使いやすさ(UX=ユーザーエクスペリエンス)が重要なSEO要因になってきている
「検索エンジン最適化スターターガイド」は最も効率のよいSEO技法である
ブログを2つ運営しています。同じ内容を投稿していいの?という問い合わせ
最近6位に上昇したページの対策教えます
他社のSEO商品を比較
最近、順位が落ちてきたというお問合せ
最近のSEO対策と順位決定の仕組み
人気記事BEST10
follow us in feedly