HOMEその他 > サーチコンソール不具合、対象は「2017年6月21日~7月10日に新規登録した人」

サーチコンソール不具合、対象は「2017年6月21日~7月10日に新規登録した人」

2017/07/13[最終更新日]:2017/07/13
このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年6月21日~7月10日の間にサーチコンソールに初めて登録したユーザーを対象に、不具合が起きてるようです。

Googleは公式にアナウンスを出し、約19日間ほどサーチコンソールの不具合があったことを公表してます。
※参考:Google Search Console Lost Data For New Users

サーチコンソール不具合、対象は「2017年6月21日~7月10日に新規登録した人」

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・コンテンツ・リンク調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

PR

今回のサーチコンソール不具合のアナウンス

今回Googleは、2017年6月21日~7月10日の間にサーチコンソールで不具合が生じたことを、サーチコンソールヘルプページにて以下のようなアナウンスを公表してます。

June 21—July 10 (New users only)

All first-time Search Console users who joined Search Console during this period will be missing site data during this period. First-time users who joined before or after this period are not affected.

※引用元:Data anomalies in Search Console – Search Console Help

翻訳すると、
6月21日〜7月10日(新規ユーザーのみ)

この期間中にSearch Consoleに参加したすべての初めてのSearch Consoleユーザーは、この期間中にサイトデータが失われます。この期間の前または後に参加した初めてのユーザーは影響を受けません。

これらの言及から、この期間にサイト登録したユーザーは、サーチコンソールでデータが見れないといった現象が起きてた可能性が高いと思われます。

特定期間内の現象のようで、現在サーチコンソールに新規登録してもとりあえずは大丈夫そうなニュアンスです。

もし、今回のような現象に遭遇したユーザーは、改めてサーチコンソールを活用し、データ状況を見直して見るとよさそうです。

サーチコンソールって何?

サーチコンソールは、検索トラフィックを中心としたアクセス状況、リンク状況、クロール、インデックス状況などサイト運用・管理に最適なツールです。
※参考:Search Console とは – Search Console ヘルプ

見るべき指標がまとまっており、サーチコンソールに登録しておくだけで、誰でも簡単に必要なサイト状況が把握できます。

集客力(シェア率)が最も高い検索エンジンがGoogleであり、そのGoogleが公式に提供するサーチコンソールはサイト運営者にとって登録必須のツールとも言えます。

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・コンテンツ・リンク調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

サーチコンソールの重要性

サーチコンソールは、最もシェア率が高いGoogle検索エンジンにサイトが登録されたかどうか?、検索からどの程度訪問があるか?などあらゆる状況を把握し、サイト改善、パフォーマンス向上に役立てることが可能です。

Web集客のパフォーマンスを上げるたいサイト運営者は、ぜひサーチコンソールへホームページを登録してみましょう。
サーチコンソール(Google Search Console)の使い方と登録方法教えます」で詳細解説してますので、ぜひご参考下さい。

サーチコンソールを使ってサイトパフォーマンスを高める

サーチコンソールでは、主に以下のような項目から状況を把握し、サイト改善しながらパフォーマンス向上を目指すことが可能です。
※参考:ウェブサイトで Search Console を使用する – Search Console ヘルプ

検索での見え方
「タイトル」「スニペット(ディスクリプション)」「サイトリンク」「サイト内検索」「URL」「イベント・リッチスニペット」「パンくずリスト」「商品・リッチスニペット」を表示調整し、検索での見え方を改善しながら、検索流入を増加させサイトパフォーマンスを高める。
構造化データの設定他、HTMLの改善、AMP対応(サイト高速表示)などもある。

クロール
「エラーや統計情報の確認」「Fetch as Googleの活用」「サイトマップrobots.txtの送信」し、クロール状況を把握・クロールを促進しながら、サイトパフォーマンスを向上させる

検索トラフィック
どんな検索クエリで訪問してるか?どんなリンクがどのくらい付いてるか?手動ペナルティを受けてないか?などの検索トラフィックデータを把握し、コンテンツやリンクの改善に活かしながら、サイトのパフォーマンスを高める

Googleインデックス
公開したページがどの程度検索エンジンに認識されてるか?などのインデックス状況を把握し、ページ数を充実させながら、サイトのパフォーマンスを高める。
ただページを増やすのではなく、Googleが言及するように、質の高いページを増やすことが重要です。
※参考:ただ大量のページを公開しても意味はない

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・コンテンツ・リンク調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

まとめ

サーチコンソールを活用し、サイトのパフォーマンスを管理・改善をしましょう。

リンクやコンテンツの質を上げ、サイトの価値を高めながら、SEO対策で上位化を目指すことが重要です。

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・コンテンツ・リンク調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

PR
あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位、リンク、内部を調べ、必要な対策をアドバイスします(無料)
期間限定!今だけ両方プレゼント!「Googleが嫌うリンク3つ教えます」と【順位が上がらない方へ】SEO内部レポートプレゼント
上位表示を目指すURL *
(例)http://○○.co.jp
上位表示を目指すキーワード *
(例)中古車
会社名/組織名 *
(例)株式会社○○○
ご担当者様名 *
電話番号 *
メールアドレス *

※個人情報の管理は、「プライバシーポリシー」に同意の上お申し込みください

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリ:その他
最新記事
このブログが役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
SEOラボをSNSで応援する
新着記事
人気記事BEST10
カテゴリー
follow us in feedly