HOMEGoogleペナルティ > Googleペナルティ回復に役立つSEOツール9選

Googleペナルティ回復に役立つSEOツール9選

2016/04/15[最終更新日]:2017/08/07
このエントリーをはてなブックマークに追加

Googleペナルティを受けると、サイト順位が下落し、最悪検索結果に表示されなくなります。

このような事態の回避・改善に役立つおすすめSEOツールと、弊社のおススメも合わせ9つ紹介したいと思います。
※参考:Search Engine Land「8 Tools For Google Penalty Recovery

Googleペナルティ回復に役立つSEOツール9選

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・内部・リンク調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

PR
① Fetch As Google

Fetch As Googleは、サーチコンソールに備わっているSEOツールです。

Fetch As Google イメージ

Fetch As Googleで、対象サイトのHTTPレスポンス、ページのダウンロード速度、Googleがどのようにページを見ているか把握し、基本的なエラーをチェック・改善することが大切です。

サイトに問題があれば改善し、Fetch As Googleでサイト診断しながらで新しいページ内容を認識してもらいましょう。

② Screaming Frog Web Crawler

Screaming Frog SEO Spiderは、リンク、タイトル等要素ごとにリスト化し、問題を発見できる無料SEOツールです。

Screaming Frog Web Crawler イメージ

主な機能
・全URLのリスト化
・アウトリンクのリスト化
・レスポンスコードのリスト化
ページタイトルのリスト化
ディスクリプションのリスト化
メタキーワードのリスト化
h1のリスト化
・h2のリスト化
・画像ファイルのリスト化
検索エンジン用の指示関連のリスト化
XMLサイトマップの作成

上記のよう、あらゆる要素をリスト化できるので、大規模サイトの問題解決で効果的に活用できそうなツールの1つです。

その他の機能として、Google Analyticsと連携、sitemap.xmlの作成、CSV出力等もできるようです。

※参考:Webサイト情報を一括取得 Screaming Frog SEO Spiderの使い方 | SEO対策 LYKAONエンジニアブログ

③ Majestic SEO

Majestic SEOは、サイトのリンクプロファイルを分析するのに役立つSEOツールです。

Majestic SEO イメージ

主な機能
被リンク
・被リンクドメイン数
・被リンクIP数
・被リンク数の推移
アンカーテキスト情報
被リンク元

上記のよう、被リンクの詳細を抑え、リンクの質改善に役立てましょう。

被リンクの数、被リンクドメイン数、アンカーテキスト、被リンク元などを最適化し、リンクの質を高めることが大切です。

無料版がありますが、有料版に比べだいぶ機能が制限されています。

※参考:被リンクを調査するツール–Majestic SEO

④ Ahrefs

Ahrefsは、質の低いリンクを見つけるために役立つSEOツールです。弊社でも活用してる使いやすい被リンク解析ツールです。

Ahrefs イメージ

主な見れる機能
・サイトランク
・被リンク数
・シェア数
・リンク元詳細
・リンクのタイプ
・Ahrefsランキング推移
・リンク元の推移
・リンク元の国
・アンカーテキスト情報

上記のよう、主にバックリンクに関する詳細が確認でき、他のリンク解析ツールに比べ、推移グラフなどデザイン的に見やすのが特徴です。

サーチコンソールで取得できないリンクが確認でき、ぜひ活用したいSEOツールの一つです。

※参考:無料で使えるSEO分析ツール「Ahrefs」の被リンク調査能力がスゴい

⑤ Monitor Backlinks

Monitor Backlinksは、悪いリンクを見つけるために役立つSEOツールの一つです。

Monitor Backlinks イメージ

主な機能
・被リンク数
・被リンクドメイン数
インデックス数
・アンカーテキスト情報
・被リンク元

上記より、被リンクの情報を中心に確認でき、トライアル版、有料版を活用することで、さらに詳細レポートが確認できそうです。

無料版を試し、デザイン的にも見やすく、好印象でした。

⑥ Copyscape

Copyscapeは、重複コンテンツの確認に役立つSEOツールです。
しかし、残念ながら現在、中国語、日本語と韓国語をサポートしておらず、エラーで使用できない状況です。

Copyscape イメージ
⑦ MOZのGoogleのアルゴリズム変更履歴

主に大きなGoogleアルゴリムアップデートの履歴を確認できるコンテンツです。

MOZのGoogleのアルゴリズム変更履歴 イメージ

上記より、サイトに影響を与える可能性が軽微な変更は無視され、トラフィックの低下・ランキングの変動に大きく影響するアップデートが更新されるようです。

SEOMOZは、英語圏のインターネットマーケティング業界大手で、信頼されてるサイトの一つです。

⑧ Googleサーチコンソール

Googleサーチコンソールは、リンク・コンテンツのパフォーマンスやペナルティ通知など、サイトのパフォーマンスを管理する重要なSEOツールです。

Googleサーチコンソール イメージ

上記のよう、サイトのあらゆるパフォーマンス管理・改善に役立て、Googleガイドラインに沿ったサイト構築を目指しましょう。

特に、Googleガイドライン違反すると、サイト順位が下落し、トラフィック減少の可能性が高まります。

この違反内容を通知してくれる機能がサーチコンソールに備わっており、メッセージ通りにサイトを修正することが重要になります。

修正しないと、順位回復せずトラフィックも戻らないため、このような状況を回避するためにも、サイト管理者はサーチコンソールの登録が必須と言えるでしょう。

⑨ akakurage.jp

弊社が提供するakakurage.jpも、Googleペナルティ解除に役立つSEOツールの1つです。

akakurage.jp イメージ

主な機能
・ページの表示
・リンクの有無
タイトルタグ
・冒頭のテキスト
・アンカーテキスト
nofollow
・外部発リンク数
・ディレクトリ型リンク
相互リンク
・英語サイト
・有料リンクネットワーク

上記のよう、質の低い被リンクの精査に活用でき、リンクペナルティの回避、改善に役立つ機能が備わっています。

無料登録で利用でき、さらに高機能な有料調査もあります。

まとめ

これらのペナルティ回避・改善に役立つSEOツールを活用し、リンクやコンテンツの質を向上させることが大切です。

まず一番重要なサーチコンソールに登録し、サイトを管理しながら、必要に応じて他のSEOツールを活用しましょう。

順位下落要因で多いリンクペナルティの改善には、サーチコンソールからダウンロードできる被リンクだけでなく、ahref等合わせてより多くの被リンク一覧を精査することがポイントです。

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・内部・リンク調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位、リンク、内部を調べ、必要な対策をアドバイスします(無料)
上位表示を目指すURL *
(例)http://○○.co.jp
上位表示を目指すキーワード *
(例)中古車
ご担当者様名 *
電話番号 *
メールアドレス *

※個人情報の管理は、「プライバシーポリシー」に同意の上お申し込みください

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリ:Googleペナルティ
B!

最新記事
SEOラボをSNSで応援する
無料SEOツール
話題の記事
2017年7月 効果があったSEO対策は、被リンク【まとめ】
アメブロで上位表示できますか?【今月(2017年8月)の問合せ】
サイトの使いやすさ(UX=ユーザーエクスペリエンス)が重要なSEO要因になってきている
検索ユーザーが求めるコンテンツの考え方
「検索エンジン最適化スターターガイド」は最も効率のよいSEO技法である
ブログを2つ運営しています。同じ内容を投稿していいの?という問い合わせ
最近6位に上昇したページの対策教えます
他社のSEO商品を比較
最近、順位が落ちてきたというお問合せ
最近のSEO対策と順位決定の仕組み
人気記事BEST10
follow us in feedly