HOME無料SEOツール > SEO文字数(テキスト量)評価チェックツール
無料SEOツール
SEO文字数(テキスト量)評価チェックツール
このエントリーをはてなブックマークに追加

文字数(テキスト量)評価チェックツールは、コンテンツの「文字数」「総単語数」「ユニーク単語数」を上位10位平均と比較し、評価する無料SEOツールです。

上位10位平均より、文字数が 多いか? 少ないか? ○×で判定し、表示される簡易コメントを参考に、対策ページの文字数(テキスト量)を最適化しましょう。

まずは、対策ページのURLとキーワードを以下入力してみましょう。

対策ページ(URL)
対策キーワード
あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位、リンク、内部を調べ、必要な対策をアドバイスします(無料)
期間限定!今だけ両方プレゼント!「Googleが嫌うリンク3つ教えます」と【順位が上がらない方へ】SEO内部レポートプレゼント
上位表示を目指すURL *
(例)http://○○.co.jp
上位表示を目指すキーワード *
(例)中古車
会社名/組織名 *
(例)株式会社○○○
ご担当者様名 *
電話番号 *
メールアドレス *
文字数、総単語数、ユニーク単語数のカウントについて

SEO文字数(テキスト量)評価チェックツールでの、文字数、総単語数、ユニーク単語数のカウント方法を紹介します。

例:「SEOの疑問を実験で解き明かすSEOブログ」

上記例を以下のようにカウントします。

文字数:21文字
⇒ 半角も全角も1文字としてカウントし、文字数21文字となります。

総単語数:6個
⇒「SEO」「疑問」「実験」「解き明かす」「SEO」「ブログ」に分解し、総単語数6個とカウントします。

ユニーク単語数:5個
⇒「SEO」「疑問」「実験」「解き明かす」「SEO」「ブログ」の6単語に分解され、ユニークなので「SEO」を1単語でカウントし、ユニーク単語数5個となります。

文字数(テキスト量)と検索順位について

昨今、被リンクのみでは上昇しずらく、コンテンツSEOの必要性が高まってます。
コンテンツを最適化した、テキスト量が多い充実したページが重要視されてきてるのです。

単にテキストを増やすだけでなく文字数を増やし、総単語数・ユニーク単語数を増やしながら、コンテンツ最適化することが大切です。

これからのSEOでは、コンテンツ、被リンク両方対策しながら、順位上昇を目指すことが重要です。

タイトルタグの文字数

検索結果画面に表示されるタイトルの文字数は30文字前後です。
そのため、SEOキーワードを入れた魅力的な文言を前方に入れ、簡潔な内容にする必要があります。

仮に文字数がオーバーしてしまうと、「…」で省略されるので、文字数に注意しながらタイトルを作成しましょう。

タイトルタグ評価チェックツールで、タイトルの「文字数」「キーワード出現率」「先頭キーワード」状況を確認しましょう。

メタディスクリプションの文字数

検索結果画面に表示されるメタディスクリプションの文字数は120文字前後です。
サイトの概要を簡潔に伝え、SEOキーワードを含めながら、魅力的な内容にすることがポイントです。

タイトルと同様、文字数がオーバーすれば、「…」で省略されので、伝えたい内容を前方に記述することが大切です。

メタディスクリプション(meta description)評価チェックツールで、メタディスクリプションの「文字数」「キーワード出現率」「先頭キーワード」状況を確認しましょう。

ブログ記事の文字数

昨今、ブログを活用し、テキスト文章の多い記事を投稿しながらSEO対策を進めるサイトが増えてきました。

文字数の多い記事を投稿することで、総単語数やユニーク単語数が最適化されやすく、効果的なSEO対策の実施に繋がります。

キーワードによりますが、上位サイトの多くは、4000文字以上のテキスト量でコンテンツ作成してる場合が多いです。
以下、実際に100サイトのテキスト量を調査したデータです。

※文字数(テキスト量)評価チェックツールデータ参考
このエントリーをはてなブックマークに追加
このSEOツールを使った人は、こんなツールも使ってます!

SEO文字数(テキスト量)評価チェックツール 人気No.1
タイトルタグ(title)評価チェックツール 人気No.2
メタディスクリプション(meta description)評価チェックツール
h1タグ評価チェックツール
alt属性評価チェックツール
URL評価チェックツール
発リンク比率評価チェックツール
ソーシャルリンク数評価チェックツール
ドメイン評価チェックツール New!

最新記事
このブログが役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
新着実験
人気実験BEST10
カテゴリー
このブログが役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
このブログが役に立つと思ったら、ぜひ『いいね!』して下さい。