HOME > SEO文字数(テキスト量)評価チェックツール
無料SEOツール
SEO文字数(テキスト量)評価チェックツール
このエントリーをはてなブックマークに追加

文字数(テキスト量)評価チェックツールは、コンテンツの「文字数」「総単語数」「ユニーク単語数」を上位10位平均と比較し、評価する無料SEOツールです。

上位10位平均より、文字数が 多いか? 少ないか? ○×で判定し、表示される簡易アドバイスを参考に、対策ページの文字数(テキスト量)を最適化しましょう。

まずは、対策ページのURLとキーワードを以下入力してみましょう。

対策ページ(URL)
対策キーワード
あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位、リンク、内部を調べ、必要な対策をアドバイスします(無料)
期間限定!今だけ両方プレゼント!「Googleが嫌うリンク3つ教えます」と【順位が上がらない方へ】SEO内部レポートプレゼント
上位表示を目指すURL *
(例)http://○○.co.jp
上位表示を目指すキーワード *
(例)中古車
会社名/組織名 *
(例)株式会社○○○
ご担当者様名 *
電話番号 *
メールアドレス *
文字数(テキスト量)と検索順位について

昨今、被リンクのみでは上昇しずらく、コンテンツSEOの必要性が高まってます。
コンテンツを最適化した、テキスト量が多い充実したページが重要視されてきてるのです。

単にテキストを増やすだけでなく文字数を増やし、総単語数・ユニーク単語数を増やしながら、コンテンツ最適化することが大切です。

これからのSEOでは、コンテンツ、被リンク両方対策しながら、順位上昇を目指すことが重要です。

タイトルタグの文字数

検索結果画面に表示されるタイトルの文字数は30文字前後です。
そのため、SEOキーワードを入れた魅力的な文言を前方に入れ、簡潔な内容にする必要があります。

仮に文字数がオーバーしてしまうと、「…」で省略されるので、文字数に注意しながらタイトルを作成しましょう。

メタディスクリプションの文字数

検索結果画面に表示されるメタディスクリプションの文字数は120文字前後です。
サイトの概要を簡潔に伝え、SEOキーワードを含めながら、魅力的な内容にすることがポイントです。

タイトルと同様、文字数がオーバーすれば、「…」で省略されので、伝えたい内容を前方に記述することが大切です。

ブログ記事の文字数

昨今、ブログを活用し、テキスト文章の多い記事を投稿しながらSEO対策を進めるサイトが増えてきました。

文字数の多い記事を投稿することで、総単語数やユニーク単語数が最適化されやすく、効果的なSEO対策の実施に繋がります。

キーワードによりますが、上位サイトの多くは、4000文字以上のテキスト量でコンテンツ作成してる場合が多いです。
以下、実際に100サイトのテキスト量を調査したデータです。

※文字数(テキスト量)評価チェックツールデータ参考
株式会社ディーボについて

株式会社ディーボは、SEO業界初の検索アルゴリズム分析ツール「ALGO BUSTER」の開発をはじめ、
被リンクチェックツール「hanasakigani.jp」や、立ち上げたった3ヶ月で1万ページビュー達成のSEO実験ブログ「seolaboratory.jp」等、数々のSEOサービスを開発・リリースしてます。
他にも紹介しきれない様々な無料SEOツール・SEOサービス等ございます。

会社概要
商号 株式会社ディーボ
本社 札幌市北区北7条西4-17-1 竹山ホワイトビル 8F
設立 2005年6月
資本金 2,000万円
従業員 18名
代表取締役社長
取締役副社長
藤沢 竜志
河野 真一
主な取引先 グーグル株式会社
ヤフー株式会社
GMOクラウド株式会社
ほか
電話番号 0120-972-656
新着実験
人気実験BEST10
カテゴリー
この記事が役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
この記事が役に立つと思ったら、ぜひ『いいね!』して下さい。