HOMEWordPress > 【SEO対策】WordPressでSEO対策をする上で実施しないと損をする3つのテクニック

【SEO対策】WordPressでSEO対策をする上で実施しないと損をする3つのテクニック

2014/11/10[最終更新日]:2017/08/08
このエントリーをはてなブックマークに追加

WordPressを使用したブログにSEO対策をしている方は、たくさんいると思います。

この「SEO実験ブログ SEOラボ」もWordpressを使って作成していて、さまざまなSEO対策をして、「SEO ブログ」というキーワードで約2か月で最高3位になっています。

そこでこのブログで実施しているSEO対策でやらないと損をする3つのことを解説していきます。

PR
【SEO対策】WordpressでSEO対策をする上で実施しないと損をする3つのテクニック

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・コンテンツ・リンク調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

WordPressプラグイン「PubSubHubbub」を導入する

このプラグインは、WordpressでSEO対策をする人の間では有名だと思います。

「ハブサブハブバブ」と読むようです。

このプラグインを使用すると、Googleにサイトの更新をほぼリアルタイムに伝えることが可能になります。

このプラグインを使うと公開した時に瞬時にインデックスされるので、自分のブログ記事のコピーコンテンツよりも早くインデックスされることにより、自分の記事がオリジナルだということをGoogleに伝えることが可能になります。(※100%自分の記事がオリジナルだと伝えることができるわけではなりません)

パンダアップデートに代表されるGoogleのアルゴリズムではコピーコンテンツで順位が低下する可能性がありますので、それを事前防げる可能性が高くなります。

インデックスが早くなれば、数時間後には検索結果に表示されるようになりますので、リアルタイム性が重要なニュースなどのブログを書いている方は、重要なプラグインといえるでしょう。

TOPページに出る記事数と記事の文字数を調整する

WordPressは設定によって、TOPページに出す記事数や記事の文字数などを簡単に調整して、上下することが可能です。

自分のブログを上位表示したいキーワードの上位サイトを調査して、実際に上位表示しているサイトの記事数や文字数を参考にして、自分のブログのサイトのTOPページを調整していきましょう。

SEOラボで上位化した「SEO ブログ」というキーワードは、調査すると上位化しているサイトの傾向が2種類に別れました。

被リンクの数が他のサイトより格段に多いサイト更新性がありTOPページのテキスト量が多いサイトです。

「SEO ブログ」の上位サイトは、更新が止まっていたりテキスト量は少なくても被リンクが多く、被リンクのパワーで上位化しているサイトと逆に被リンクは少ないけれどほぼ毎日更新されていて、TOPページに最新記事全文が表示されて、過去記事の抜粋の文字数も多いブログの2種類があり、「SEOラボ」は、立ち上げたばっかりのサイトで被リンクは少なく、更新はほぼ毎日していたので、上位のサイトの傾向に合わせてTOPページの最新記事を全文表示することにして、さらに抜粋の文字数を倍にしました。

そうすることにより30位くらいだった順位が、15位前後まで上昇しました。

WordPressは、設定により、TOPページの文字数をある程度自由に変更できるのですが、初期設定のまま使っている人が多いと思われます。それはブログの場合は、記事ページが上昇することが多いのでTOPページのSEO対策にあまり気を使わない人が多いためと思われます。

ブログは、記事を更新するたびにTOPページの内容が変更になり、キーワードの比率もその都度変更になりますので、普通のサイトよりテキスト量が重要になってくる傾向があると思われます。

上位化したいキーワードの上位サイトをの傾向を調査して、いろいろなテキスト量の設定を試してみることをお勧めいたします。

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・コンテンツ・リンク調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

TOPページにブログの説明のコンテンツを投稿の下に入れる

通常のサイトならどんなコンテンツをどこに入れるのかを自由に設計できますが、Wordpressで普通にブログを始めるとテーマにもよりますが、大体は、記事の投稿が最新記事が一番上で順番に並んでいるTOPページになります。

ブログが普通のサイトと大きく違うことは、TOPページが記事の投稿のたびに更新され、本文のキーワード比率が大きく変更されることです。

例えば、「SEO ブログ」では、通常のSEO対策では、「SEO」というキーワードと「ブログ」というキーワードをそのページの中でキーワード数の上位に来るようにキーワードを調整します。しかしブログのTOPページの場合は、記事のタイトルや抜粋が本文になるので、キーワードの調整がしづらく、大切なキーワードも少なくなってしまう傾向にあります。

そこで、記事の下にオリジナルなスペースを作り、ブログ自体の説明を入れ、そこで大切なキーワードを不自然にならないように多く使うことによって、大切なキーワードの比率を上昇させることができます。追加するテキストをブログの説明にする理由は、ブログの説明であれば、そのブログのテーマになっていることが大切なキーワードになっていることが多いので、自然に大切なキーワードを増やせるということです。

「SEOラボ」では、このブログの説明を入れることにより、「SEO」というキーワードを増やし、15位前後から10位以内に順位上昇しました。

まとめ

WordPressを使ってSEO対策というとAll in One SEO Packの設定の解説や記事ページを上昇させる解説が多いですが、今回は、「SEOラボ」の事例を元にTOPページのSEO対策を中心に解説しました。

記事ページは、しっかりSEO対策する人は多いですが、TOPページはけっこうおろそかになっていると思われます。

ここに書いたことを応用して、TOPページもしっかりSEO対策しましょう。

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・コンテンツ・リンク調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位、リンク、内部を調べ、必要な対策をアドバイスします(無料)
上位表示を目指すURL *
(例)http://○○.co.jp
上位表示を目指すキーワード *
(例)中古車
ご担当者様名 *
電話番号 *
メールアドレス *

※個人情報の管理は、「プライバシーポリシー」に同意の上お申し込みください

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリ:WordPress
B!

最新記事
SEOラボをSNSで応援する
無料SEOツール
話題の記事
検索ユーザーが求めるコンテンツの考え方
2017年7月 効果があったSEO対策は、被リンク【まとめ】
アメブロで上位表示できますか?【今月(2017年8月)の問合せ】
サイトの使いやすさ(UX=ユーザーエクスペリエンス)が重要なSEO要因になってきている
「検索エンジン最適化スターターガイド」は最も効率のよいSEO技法である
ブログを2つ運営しています。同じ内容を投稿していいの?という問い合わせ
最近6位に上昇したページの対策教えます
他社のSEO商品を比較
最近、順位が落ちてきたというお問合せ
最近のSEO対策と順位決定の仕組み
人気記事BEST10
follow us in feedly