HOMEWordPress > 【SEO対策】WordPress(ワードプレス)で内部リンクを増やして、SEO対策に役に立つ2個の特選プラグイン(Plug in)

【SEO対策】WordPress(ワードプレス)で内部リンクを増やして、SEO対策に役に立つ2個の特選プラグイン(Plug in)

2014/11/14[最終更新日]:2014/11/14
このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログ「SEOラボ」もWordpressで作成しています。
テーマは、カスタマイズしてオリジナルのものを使っていますが、Wordpressプラグインは、もちろんフリーのものをそのまま使っています。

今回は、このSEOラボで使って、実際に順位があがったプラグインをご紹介します。

Wordpressロゴ

「WP-PostViews」 人気記事ランキングプラグイン


このプラグインは、人気のある記事をランキング形式にして表示することができるプラグインです。

このプラグインを使うとTOPページから人気のある(ページビューが多い)記事へ内部リンクを張ることができます。

PR

さらにTOPページに人気記事のタイトルが表示されますので、テキスト量が増えることになります。


SEOラボでは、このテキスト量が増えることにより、TOPページの順位が上昇しました。

このプラグインを導入して、1日で

「SEO ブログ」で18位から13位へアップしました。


「WordPress Related Posts」 関連記事表示プラグイン


このプラグインは、投稿した記事の関連記事を自動で表示してくれるプラグインです。

このプラグインを使うことにより、同じテーマの記事が表示されます。管理者権限で記事を表示するとエディット機能で自分で関連記事を選ぶことが可能です。

できれば、自分で関連記事を選んでほんとにその記事の次に見てほしい記事を表示するようにするといいでしょう。


このプラグインを使うことにより、内部のページから他の内部ページへリンクを設置することができます。

さらに内部リンク先を自分で選択できるので、任意の狙ったページへ内部リンクを集中させることにより、そのページのサイト内での価値を上げることができます。

その効果によって、内部のページの順位を上昇させることができます。

このプラグインを利用することにより、「ペンギンアップデート3.0」というキーワードでSEOブログの記事が現在7位になっています。

ペンギンアップデート3.0 - Google 検索 7位


 まとめ WordpressのSEO効果


WordPressは、もともとSEO効果が高いシステムです。

これは、システムで最初から内部リンクの構造がある程度最適化されているからです。
上記のプラグインを使うことにより、さらに内部リンクを追加して、自分の狙っているページの内部リンクを増やすことができます。

内部リンクの最適化は、重要なSEO対策であるにもかかわらず、一番おろそかにされている施策を言われています。

WordPressと上記のプラグインを使い、上手に簡単に内部リンクを増強して、アクセスアップにつなげましょう。

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位、リンク、内部を調べ、必要な対策をアドバイスします(無料)
上位表示を目指すURL *
(例)http://○○.co.jp
上位表示を目指すキーワード *
(例)中古車
ご担当者様名 *
電話番号 *
メールアドレス *

※個人情報の管理は、「プライバシーポリシー」に同意の上お申し込みください

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリ:WordPress
B!

最新記事
SEOラボをSNSで応援する
無料SEOツール
話題の記事
検索ユーザーが求めるコンテンツの考え方
2017年7月 効果があったSEO対策は、被リンク【まとめ】
アメブロで上位表示できますか?【今月(2017年8月)の問合せ】
サイトの使いやすさ(UX=ユーザーエクスペリエンス)が重要なSEO要因になってきている
「検索エンジン最適化スターターガイド」は最も効率のよいSEO技法である
ブログを2つ運営しています。同じ内容を投稿していいの?という問い合わせ
最近6位に上昇したページの対策教えます
他社のSEO商品を比較
最近、順位が落ちてきたというお問合せ
最近のSEO対策と順位決定の仕組み
人気記事BEST10
follow us in feedly