SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

クオリティアップデートとは?コンテンツ品質に関わるアップデートについて

2015年5月の初旬にちょっとした順位変動がありましたが、それがGoogleのアルゴリズムアップデート「クオリティアップデート」だったことが判明しましたので、解説します。

クオリティアップデートとは?コンテンツ品質に関わるアップデートについて

クオリティアップデートとは

クオリティアップデートとは、コンテンツの品質を評価するアルゴリズム更新(アップデート)のことです。
パンダやペンギンアップデートのように一部のサイトを対象としたものではなく、Googleの根本となるアルゴリズム変更となります。

このクオリティアップデートにより、2015年5月初旬の順位変動が起こったことになります。

これについては、Search Engine LandがGoogleに問い合わせ、それにGoogleが回答した形でわかったようです。
※参考:The Quality Update: Google Confirms Changing How Quality Is Assessed, Resulting In Rankings Shake-Up – Search Engine Land

上位表示させるための基本的対策をご紹介しています。

関連記事

【SEOとは?】SEO対策で上位表示する方法について

検索順位に悩んでいませんか?狙ったキーワードで上位表示させるためには基本的な対策に加え、検索意図に合致したコンテンツが必要となります。これらは…

続きを見る

クオリティアップデートの影響は?

クオリティアップデートの影響により、順位変動ツールnamaz.jpでは、2015年5月4日に6.7位という中程度の変動を記録しています。

2015年5月4日の順位変動

実際に影響を受けたのは、一部のサイトだったと思われます。

今回のクオリティアップデートにより影響を受けたと思われるサイトやページは以下となります。

上記から、パンダアップデートの項目と似てることがわかります。

実際は、かなり近いのではないかと思っています。これは、私の考えですが、今までのパンダアップデートでわかったノウハウを全体のアルゴリズムに適用したとも取れる内容です。

パンダアップデートとクオリティアップデートの違い

パンダアップデートとクオリティアップデートは、内容自体に違いはほぼありませんが、「アルゴリズムを適用するサイトの範囲」に違いがあると考えられます。

パンダアップデートは「限定的な調整(特定のサイトへ適用)」で、クオリティアップデートは「全体的な調整(全体のサイトへ適用)」ということです。

まとめ

実際にこのクオリティアップデートで影響を受けたのは、2chまとめ、NEVERまとめの一部が順位を下げているようです。

当ブログの「SEOラボ」は、特に順位には影響なく、一部キーワードでは逆に高くなったくらいです。

このことから、オリジナリティーのある質の高いコンテンツを提供しているサイトが、今回のクオリティアップデートで順位が高くなったと言えそうです。

検索順位が上がらない…と思っていませんか?

検索順位が上がらない…と思っていませんか?

思い通りの検索ワードで上位表示させるには、基本となる外部・内部の対策はもちろん、昨今の大きな変動・競合の強さも大きく影響するため、どういったキーワードで対策するのか?という点も重要となります。

ここを正しく理解しておかなければ上位表示させることは難しく、サイトを効果的に運用し、資産化することができません。

そこで、こちらでは上位表示に必要なSEOが正しく施されているかどうかを無料で調査し、問題点や改善点などのアドバイスを致します。

\ 効果的な改善方法を明確にしませんか? / サイト調査を依頼する

カテゴリから記事を探す

SEO対策無料ご提案はこちら