SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

不自然なリンクとは?サイトからの不自然なリンクによる手動ペナルティの事例について

不自然なリンクとは、ユーザーの利便性が考慮されてない低品質なコンテンツを持つWebサイトからのリンクのことです。
この不自然なリンクは、外部サイトから自サイトに向けられた不自然なリンク(不自然な被リンク)と、自サイトから外部サイトに向けられた不自然なリンク(不自然な発リンク)の2パターンに分かれます。
とくに、前者の「外部サイトから自サイトに向けられた不自然なリンク」によって、Googleから手動ペナルティを受けて、Webサイトがインデックス削除されるケースが多く見られます。
こうした場合は、不自然なリンクを取り除いて再審査リクエストを送り、ウェブマスター向けガイドラインに準拠してるWebサイトとしてGoogleに承認される必要があります。(ペナルティ解除する必要がある)
ペナルティ解除しない限りは、対象のWebサイトが検索エンジンにインデックスされないので、いくらSEO対策を行っても上位表示に至らず、最終的に検索流入が加速しないためWeb集客が停滞・衰退します。

こうした状況を回避するために、低品質なコンテンツからのリンク、低品質なコンテンツへのリンクを精査して、サイトからの不自然なリンクをなるべく淘汰していく必要があります。
そうして、良質なリンクの割合を増やして、質の高いWebサイトを運用していくことが、SEO対策を進めるうえで重要であり、上位表示を目指すためのポイントとなります。

この点踏まえて、今回は、不自然なリンクの定義やサイトからの不自然なリンクによる手動ペナルティの事例について中心に、初心者にもわかりやすくポイントをまとめて解説したいと思います。

不自然なリンクとは?サイトからの不自然なリンクによる手動ペナルティの事例について

不自然なリンクとは?

「低品質ページからのリンク(不自然な被リンク)」や 「低品質ページへのリンク(不自然な発リンク)」などの Googleガイドラインに抵触するリンクのことを総称して、不自然なリンクと呼ぶ。

不自然なリンクとは、主にユーザーにとって利便性が低い低品質なコンテンツを持つWebページ(ブログ記事)からのリンクのことで、ウェブマスター向けガイドラインに抵触するリンクのことを言います。
もう少し言うと、たった数行の内容の薄っぺらいコンテンツや、関係のないリンクのみが羅列掲載された相互リンク集を目的とするようなコンテンツなどが低品質コンテンツにあたり、そのようなコンテンツを持つWebページからのリンクが不自然なリンクとなります。

こうした不自然なリンクは、外部サイトから自サイトに向けられた不自然なリンク(不自然な被リンク)と、自サイトから外部サイトに向けた不自然なリンク(不自然な発リンク)の2パターンに分かれます。
例えば、海外のスパムサイトから自サイトに向けてリンクを貼られることで、そのリンクが不自然な被リンクとしてみなされる可能性があります。
そうなれば、自サイトの評価が下がり、最悪、「外部からの不自然なリンク」によってGoogleペナルティを受けて、検索エンジンから自サイトがインデックス削除されることもあります。

一方、無料配布されてるブログパーツなどのウィジェットリンクを自サイトに設置することで、そのリンクが不自然な発リンクとしてみなされる可能性があります。
このウィジェットリンクは、ブログパーツの配布元サイトのSEO目的によるリンクであり、自サイトに設置することでユーザーの利便性の配慮に欠けた発リンクとなります。
こうした発リンクが自サイトのコンテンツにあれば、自サイトの評価が下がり、最悪「外部サイトに向けた不自然なリンク」によるGoogleペナルティを受けて、検索エンジンから自サイトがインデックス削除される可能性があります。

仮にペナルティを受けてインデックス削除された場合は、いくらSEO対策を施しても、上位化に至りません。
なので、この場合は、まずペナルティの原因となる不自然なリンクを削除もしくは否認したうえで、再審査リクエストを送って、ペナルティを解除する必要があります。

こうした不自然なリンクによるペナルティをあらかじめ回避するためには、自サイトの被リンク(外部リンク)や発リンクを定期的に見直して、不自然なリンクがあれば否認・削除・差し替え・nofollow属性の設定などして適宜精査する必要があります。
そうして、リンクの質を管理して、良質な被リンクや発リンクで構成されたWebサイトを運用することが、SEO対策を進めるうえで重要であり、上位表示を目指すためのポイントとなります。

サイトからの不自然なリンクによる手動ペナルティの事例について

不自然なリンクによって手動ペナルティを受ける可能性がある。 手動ペナルティを受けた場合は、真っ先にそのペナルティを解除することが必須となる。

先述でも少し触れたように、サイトからの不自然なリンクによってGoogleから手動ペナルティを受ければ、サイトの評価が急激に下がります。
そうなることで、自サイトの検索順位が下がり、最悪はインデックス削除に至ります。
こうなった場合は、まず不自然なリンクを取り除いて再審査リクエストを行い、自サイトの手動ペナルティを解除してからSEO対策を進める必要があります。

ちなみに、手動ペナルティの原因となるサイトからの不自然なリンクは、「外部からの不自然なリンク(不自然な被リンク)」と「外部への不自然なリンク(不自然な発リンク)」の2種類があります。
ここでは、その2つの不自然なリンクによる手動ペナルティについて、それぞれ事例を交えながら触れていきたいと思います。

  1. 「不自然な被リンク」による手動ペナルティの事例
  2. 「不自然な発リンク」による手動ペナルティの事例

「不自然な被リンク」による手動ペナルティの事例

Webサイトへの手動ペナルティの中でもとくに事例として多いのが、不自然な被リンクによるものです。

外部サイトからの不自然なリンク(不自然な被リンク)による手動ペナルティの通知メッセージ

このように、「外部からの不自然なリンク」と記されたメッセージが、サーチコンソール上に届けば、対象サイトが「不自然な被リンク」によって手動ペナルティを受けてることになります。

外部からの不自然なリンクは、ペナルティのメッセージと合わせていくつかGoogle側でピックアップしてくれます。
なので、そのピックアップしてくれた被リンクを参考にして、似たような被リンクが付いてないか?自分なりにあたらめて被リンクを精査して、対象となる不自然なリンクを否認もしくは削除するようにしましょう。

不自然な被リンクを取り除いたら、再審査リクエストを送って、自サイトがペナルティ解除されるのを待ちましょう。

ちなみに、不自然なリンクの対象となる被リンクには以下のようなものがあります。

  • 相互リンクのみを目的としたWebページからのリンク
  • ブログなどのコメント欄からの最適化されたリンク(キーワードを過剰に詰め込んだリンク)
  • 質の低いディレクトリやブックマークサイトからのリンク
  • ブログパーツなどのウィジェットからのリンク
  • フッターなどの共通コンテンツからの大量リンク

※参考:リンク プログラム – Search Console ヘルプ

「不自然な発リンク」による手動ペナルティの事例

企業から無料で商品をもらうことの代わりに記事にリンクを貼るといった、対価の引き換えにその企業のWebページへ向けて設定したリンクは「不自然な発リンク」として、Googleの手動ペナルティの対象となります。

外部サイトへの不自然なリンク(不自然な発リンク)による手動ペナルティの通知メッセージ

翻訳すると、以下のようになります。

http://www.sammithebeautybuff.com/からの不当なアウトバウンドリンクがGoogleウェブマスター向けガイドラインに違反しています

Googleはあなたのサイトから他のサイトへのリンクのパターンを検出しました。このパターンは、Googleの検索結果における他のサイトのランク付けを人工的に高めることを目的としています。このような不自然なランク付けは、検索結果に、ユーザーの実際のクエリに関連しない結果に対する好みを表示させます。 Googleウェブマスター向けガイドラインにも違反しています。したがって、私たちはあなたのサイト上のリンクへの信頼を割り引いています。この手動のスパム対策はdomain.comに適用されています。これを修正するには、あなたのサイト上の不自然なリンクを削除し、再検討要求を提出してください。お客様が我々のガイドラインに準拠していると判断した後は、この手動による操作を削除します。

※参考:Google、不自然な発リンクの手動対策を大規模に実施。無料提供された商品の見返りとしてレビュー記事を書いたブログが対象か? | 海外SEO情報ブログ

これは、「外部への不自然なリンク(不自然な発リンク)」によるGoogle手動ペナルティの通知が、サーチコンソール上に届いた事例となります。
もう少し言うと、http://www.sammithebeautybuff.com/というWebサイト上に、対価を伴うWebページが存在し、そのページから対価を支払った某企業のWebサイトへ向けられたリンク(不自然な発リンク)に対して、Google手動ペナルティが発動されたことを示しています。

また、対価の引き換えにその企業のWebページへ向けて設定したリンク(不自然な発リンク)として、無料配布されるブログパーツなどのウィジェットリンクも該当する可能性があるでしょう。

こうした不自然な発リンクによる手動ペナルティは、不自然な被リンクによる手動ペナルティの場合と対処が異なってきます。
不自然な発リンクによる手動ペナルティの対処法としては、基本的に以下のような方法となります。

  • 必要に応じて nofollow 属性を使用する
    例えば、「企業のサイト」「企業のソーシャル メディア アカウント」「商品を販売しているオンライン ストアのページ」「商品のレビューを掲載しているレビュー サービスのページ」「アプリストアに掲載されている企業のモバイルアプリ」といったリンク先には、nofollow 属性設定しましょう。
  • 関係を開示する
    スポンサー付きのコンテンツを表示している場合、コンテンツ上部にスポンサー情報を開示しておくことが有効である。ユーザーが記事を最後まで読まない可能性があるので、上部に開示し、はっきりと明示することが大切。
  • 魅力的でユニークなコンテンツを作成する
    有益なニッチ情報などを含めたオリジナルの内容にし、ユニークなコンテンツをユーザーに届けることを心がける。

※参考:Google ウェブマスター向け公式ブログ: 企業から無料で提供された商品をブログでレビューする際のベスト プラクティス

こうした方法で不自然なリンクを改善したり、不要であれば削除するなどして、該当の発リンクを精査しましょう。
そして、Googleウェブマスター向けガイドラインに準拠したことの旨を記載して再審査リクエストを送り、Googleからペナルティの解除通知が届くのを待ち形になります。

まとめ

不自然なリンクを精査したり、高品質ページにリンクするなどして、Webサイトのリンクの質を高めましょう。

被リンクだけでなく、発リンクの質もSEOにおいて重要な要素の一つとなります。
なので、今回触れた外部サイトへ向けたリンク(外部発リンク)だけでなく、サイト内に向けたリンク(内部発リンク[内部リンク])の質も考慮して、リンクを最適化することがSEO対策を進めるうえで大切となります。

そして、これらの発リンクを構築するうえで重要なことは、ユーザーの利便性を考慮した高品質ページに向けてリンクすることです。
ユーザーにとって役立つ関連する高品質ページにリンクを設置して、自サイトのコンテンツの質を高めるようにすることが上位表示を目指すためのポイントとなります。
自サイトのコンテンツの質が高まれば、そういったコンテンツを所有するWebページは、よく参照されて自然と被リンクが集まるようになるので、最終的に上位表示もされやすくなるでしょう。

SEOラボのおすすめ記事がLINEに届く!「SEOラボを友だち追加する」

カテゴリから記事を探す

SEO対策無料ご提案はこちら