SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

独自ドメインはSEOに有利か?

2018/08/10 2018/08/10

独自ドメインとは、自分のサイト名などを用いて、他サイトとは異なるオリジナルの名前を採用した唯一のドメインのことです。
なので、基本的に無料ブログサービスなどのドメインに依存しないので、サイト運用のパフォーマンスがそのままドメインに跳ね返り、良かれ悪かれSEO効果が独自ドメインに最大限反映されます。

仮に、質の高いWebサイトを運営できれば、それに応じてドメインも評価されるので、大いに検索順位の上昇が見込めるでしょう。
このようなことから、独自ドメインがSEOに有利と言えます。

これらの点を踏まえて、今回は、独自ドメインはSEOに有利か?について中心に初心者にもわかりやすくポイントをまとめて紹介したいと思います。

独自ドメインはSEOに有利か?

そもそも独自ドメインとは?

独自ドメインとは、他サイトと異なるオリジナル名のドメインのこと

独自ドメインとは、他サイトと異なるドメイン名を持った唯一のオリジナル名のドメインのことです。
基本的に独自ドメインは有料サービスなので、ドメイン維持費やレンタルサーバー料などのドメインを取得・運用するのに費用が掛かります。 このようにコストを要しますが、サイト運用の面、SEOの面で無料ブログサービス、無料ドメイン取得サービスなどに依存したドメインよりも十分メリットが大きいのが独自ドメインと言えます。

また、独自ドメインを取得することで、サブドメイン(共有ドメイン)やサブディレクトリでのサイト運用も簡単に行えます。

このようにサイト運用において柔軟性を兼ね備えてるのが独自ドメインであり、SEOを考慮したうえでもぜひ取得しておきたいところです。

ちなみに、無料の独自ドメインを取得することもできますが、ドメインの信頼性やドメインの運用管理においてもリスクが懸念されるので、新規サイトを立ち上げるなどの際には慎重な検討が必要です。
仮に、無料の独自ドメインを取得してすでにサイト運用してる場合、リスクを排除するためにドメインを新たに取り(新規ドメインを取り)、設定し直すという方法も選択肢の1つです。

独自ドメインはSEOに有利か?

独自ドメインによるサイト運用は、最大限のSEO効果が見込める

独自ドメインは、無料ブログサービスなどの他サイトに依存しない唯一のドメインなので、基本的にサイト運用に関してすべて自分で自由に管理できます。
なので、自分のサイト運用によるパフォーマンス(SEO効果)がすべてそのドメインのものとなります。

つまり、最大限のSEO効果が期待できるので、良いWebサイトが運用できれば、その分独自ドメインの優位性を存分に発揮してSEOに有利な状況を作り出すことができます。

一方、独自ドメインと比較される無料ブログサービスにおける無料ドメインは、アメブロ、FC2ブログ、ライブドアブログなどの有名なブログサービスが展開してるものであれば、ドメインパワーが強いのでSEOの恩恵を受けることができます。
ですが、SEO対策が限定的となり、HTMLソースコードの調整といった内部対策などの重要な対策が柔軟にできないので、最終的にはSEO効果が最大限発揮できません。

このことから、独自ドメインの方がサイト運用、対策面で融通が利くのでSEO効果が最大限発揮でき、SEOに有利ということが言えます。

また、独自ドメインでは、新たに関連するサイト(関連商品や関連サービスなど)をサブドメインで横展開して、サテライトサイトとしてメインドメインのSEO効果を高めるのに利用することも可能です。
このような運用方法を行うために、まずはメインドメインに注力することが基本となります。
もう少し言うと、そのメインサイトで良質な関連コンテンツを増やして、サブディレクトリなどでサイト構造を整理しながら1つのサイトを強化することが重要となります。
そうして、メインドメインの力を最大限に引き出しましょう。
これは、SEOにおいて非常に重要なことであり、独自ドメインではそのドメインパワーを最大限引き出せる点がSEOで有利な点となります。

無料ドメインってどうなの?

無料ドメインでのサイト運用は、リスクがあることを認識しておこう

先述でも少し触れてますが、アメブロやライブドア、FC2やSeesaaなどの無料ブログサービスにおける無料ドメインや、無料 ドメイン取得サービスが提供する「無料の独自ドメイン」を利用してそれらのドメイン配下でサイト運用することで、基本的にそのドメインによって良くも悪くもSEO状況が左右されることを認識しておきましょう。

もう少し言うと、それらのサービス利用によって、ドメインの信頼性の低下を招いたり、運営会社の都合による急なサービス停止でドメイン使用不可に遭遇する可能性が十分考えられます。
このような事態になれば、結果的にSEOに不利な状況となります。

一方、無料なので、ドメインの運用コストを抑えれる点はメリットと言えますが、リスクを考慮したうえで無料ドメインでのサイト運用を検討する必要があります。

また、独自ドメインの無料サービスがありますが、有料の独自ドメインと比べてサイト運用、SEO面においてデメリットがあることを念頭に入れておきましょう。
つまり、リスクある無料の独自ドメインよりも、有名な有料の独自ドメインを取得してサイト運用することがSEO的にもおすすめと言えます。

効果的な対策ができる独自ドメインを活用しよう

良い独自ドメインで効果的にサイト運用できれば、上位化が大いに期待できる

これまでにも少し触れましたが、「jp」や「com」「org」「net」などのccTLD、gTLD含む有料の独自ドメインは信頼性の高いサイト運用につながるので、SEO効果が最大限引き出せます。

なので、効果的な内部対策や外部対策、コンテンツ対策に注力してWebサイトを最適化すれば、順位上昇が大いに期待できるようになります。

もう少し言うと、その中でも昨今コンテンツ対策の重要性が増してるので、Webページごとにユーザーファーストを考慮した検索クエリと関連性の高い情報含むコンテンツ作成に注力しながら、SEO対策を進めることがポイントとなります。

このように、サイト運用において良いドメインをしっかり確保したうえで、SEOを進めていくことが、ユーザーの信頼を得ることにつながり、最終的にGoogle(検索エンジン)に評価されるために重要となります。

ちなみに、サイトのテーマに沿った名称を持つ信頼性の高い独自ドメインは、ユーザーの参照やクリックを促し、かつ、ドメイン名からリンク先が想像できます。
このようなドメインは、ユーザーの利便性が高い独自ドメインと言えるのでGoogleから評価されやすくなり、SEO効果が期待できるでしょう。

まとめ

今回触れたように、良い独自ドメインを取得したうえで、サイト運用を行いましょう。
これはSEOにおいても重要となります。

つまり、良い独自ドメインのもとサイトを最適化して、ユーザーファーストを考慮したWebページを提供しながら、上位表示を目指すことがSEOのポイントとなります。

関連記事SEO対策とは?SEOの対策ポイントについて

SEOラボのおすすめ記事がLINEに届く!「SEOラボを友だち追加する」

カテゴリから記事を探す

SEO対策無料ご提案はこちら