SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

GDN/YDNとは?特徴から違いまでわかりやすく解説!

GDNとは、「Googleディスプレイネットワーク」の略称で、YDNとは、「Yahoo!ディスプレイアドネットワーク」の略称です。
ともに、ディスプレイ広告を配信するための広告ネットワークのことを意味します。

つまり、ディスプレイ広告を配信するために、GDNもしくはYDNといった仕組みを提供してる広告サービスを利用する必要があります。
具体的には、GDNなら「Google広告」、YDNなら「Yahoo!広告」の広告サービスを利用します。

これらの広告サービスを利用するためには、それぞれ専用のアカウントが必要です。
アカウントを取得して管理画面にログイン後、Yahoo!広告であれば「ディスプレイ広告」、Google広告であれば「ディスプレイネットワーク」といったメニューを設定時に選択しましょう。
そうすれば、広告作成して、GDNやYDNの広告ネットワークに広告出稿することができます。

ちなみに、GDNとYDNでは、それぞれ広告の配信先やフォーマット、ターゲティング方法などが異なります。
なので、アプローチできるユーザー属性も大きく変わるでしょう。
こうした仕組みを理解したうえで、広告配信することが、GDNとYDNをうまく使い分けるためのポイントとなります。

この点踏まえて今回は、GDNとYDNの意味や特徴、GDNとYDNの違いから使い分けまで中心に、初心者にもわかりやすくポイントをまとめて解説したいと思います。

GDN/YDNとは?特徴から違いまでわかりやすく解説!

ディスプレイ広告とは?

Webサイトやアプリ上の広告枠に表示される画像や動画広告、テキスト広告のことを、 「ディスプレイ広告」と呼ぶ!

ディスプレイ広告とは、Webサイトやアプリ上の広告枠に表示される画像や動画広告、テキスト広告のことです。
これらの広告は、一般的にバナー形式で表示されることが多いので、「バナー広告」とも呼ばれます。

このディスプレイ広告は、主にGoogle広告(旧:アドワーズ)やYahoo!広告(旧:Yahoo!プロモーション広告)といった専用の広告サービスを活用して出稿します。
例えば、Google広告であれば、アカウントを取得して管理画面にログイン後、設定で「ディスプレイネットワーク」というメニューを選択します。
そうすれば、ディスプレイ広告を作成して、GDNの広告ネットワーク(Googleのサービスサイトや提携サイト)に出稿することができます。

一方、Yahoo!広告であれば、アカウントを取得して管理画面にログイン後、設定で「ディスプレイ広告」というメニューを選択します。
そうすれば、ディスプレイ広告を作成して、YDNの広告ネットワーク(Yahoo!のサービスサイトや提携サイト)に出稿することができます。

こうしてディスプレイ広告を出稿すれば、自社や商品(サービス)の存在を宣伝して、ユーザーに認知させることができます。
最終的には、コンバージョン(問合せや申し込み)に結びつけることが可能となります。

また、専用サービスを活用して作成し、出稿したディスプレイ広告は、ユーザーにクリックされることで費用が発生します。
もう少し言うと、ユーザーがクリックするごとに費用が発生する「クリック課金型広告(PPC広告)」の一種が、ディスプレイ広告となります。

また、ディスプレイ広告のみならず、リスティング広告もPPC広告の一種となります。

リスティング広告との違いについて

ディスプレイ広告とリスティング広告は、 主に、アプローチできるユーザーや広告の掲載場所、 フォーマットがそれぞれ違う!

ディスプレイ広告とリスティング広告(検索連動型広告)は、主に、アプローチできるユーザーや広告の掲載場所、フォーマットがそれぞれ違います。
これらの違いを理解すれば、広告を作成して、効果的な広告出稿につなげることができるでしょう。

アプローチできるユーザーが違う

ディスプレイ広告とリスティング広告は、 アプローチできるユーザーに大きな違いがある!

ディスプレイ広告を出稿すれば、主にWebサイトやアプリ内を利用してるユーザーにアプローチできます。
例えば、Google広告を利用して、設定時に「ディスプレイネットワーク」を選択し、ディスプレイ広告を出稿したとします。
そうすれば、Googleのサービスサイトや提携サイト、モバイルアプリを利用してるユーザーにアプローチできます。
また、Yahoo!広告でディスプレイ広告を出稿すれば、Yahoo!のサービスサイトや提携サイトを利用してるユーザーにアプローチできます。
つまり、目的が明確に定まってないユーザー(商品を知らなかったり、ニーズがはっきりしていないユーザーなど)が紛れ込むサイトに、ディスプレイ広告が配信できます。
結果的に、広いユーザー層に広告が訴求できるので、潜在顧客にアプローチできるというわけです。
※ちなみに、ターゲット設定オプションを使用すれば、特定のユーザー層に広告を訴求することも可能です。

対して、リスティング広告を出稿すれば、検索を利用してるユーザーにアプローチできます。
例えば、Google広告を利用して、設定時に「検索ネットワーク」を選択し、リスティング広告を出稿したとします。
そうすれば、Googleの検索サイトや検索パートナーサイトを利用してるユーザーにアプローチできます。
また、Yahoo!広告でリスティング広告を出稿すれば、Yahoo!の検索サイトや検索パートナーサイトを利用してるユーザーにアプローチできます。
つまり、特定のキーワードで検索する、目的がより明確なユーザーに向けてリスティング広告が配信できます。
結果的に、ターゲットユーザー層に広告が訴求できるので、見込み顧客にアプローチできるというわけです。

このように、ディスプレイ広告とリスティング広告は、アプローチできるユーザーに大きな違いがあります。

掲載場所が違う

ディスプレイ広告とリスティング広告は、 掲載場所に大きな違いがある!

ディスプレイ広告は、主に、Webサイトやアプリ内の広告枠に掲載できます。
例えば、Google広告を利用して、設定時に「ディスプレイネットワーク」を選択し、ディスプレイ広告を出稿したとします。
そうすれば、Googleのサービスサイトや提携サイト、モバイルアプリ内の広告枠にディスプレイ広告が掲載できます。
また、Yahoo!広告なら、Yahoo!広告の管理画面の「ディスプレイ広告」というメニュー通じて広告を作成すれば、Yahoo!のサービスサイトや提携サイトの広告枠に、ディスプレイ広告が掲載できます。

対して、リスティング広告は、検索結果の広告枠に掲載できます。
例えば、Google広告を利用して、設定時に「検索ネットワーク」を選択し、リスティング広告を出稿したとします。
そうすれば、Googleの検索サイトや検索パートナーサイトの検索結果の広告枠に、リスティング広告が掲載できます。
また、Yahoo!広告なら、Yahoo!広告の管理画面の「検索広告」というメニューを通じて広告を作成すれば、Yahoo!の検索サイトや検索パートナーサイトの検索結果の広告枠に、リスティング広告が掲載できます。

このように、ディスプレイ広告とリスティング広告は、掲載場所に大きな違いがあります。

フォーマットが違う

ディスプレイ広告とリスティング広告は、 広告の形式(フォーマット)に大きな違いがある!

ディスプレイ広告は、主に、画像や動画、テキスト形式の広告が作成できます。
例えば、Google広告を利用して、新規キャンペーンを作成する際に表示される配信先ネットワークから「ディスプレイネットワークのみ」を選択します。
そうすれば、Googleのサービスサイトや提携サイト、モバイルアプリ向けとなる、画像や動画、テキスト形式の広告(ディスプレイ広告)が作成できます。
また、Yahoo!広告なら、Yahoo!広告の管理画面の「ディスプレイ広告」というメニューから新規キャンペーンを作成すれば、Yahoo!の検索サイトや検索パートナーサイトの検索結果向けとなる、画像や動画、テキスト形式の広告(ディスプレイ広告)が作成できます。

対して、リスティング広告は、テキスト形式の広告が作成できます。
例えば、Google広告を利用して、新規キャンペーンを作成する際に表示される配信先ネットワークから「検索ネットワークのみ」を選択します。
そうすれば、Googleの検索サイトや検索パートナーサイトの検索結果向けとなる、テキスト形式の広告(リスティング広告)が作成できます。
また、Yahoo!広告なら、Yahoo!広告の管理画面の「検索広告」というメニューから新規キャンペーンを作成すれば、Yahoo!の検索サイトや検索パートナーサイトの検索結果向けとなる、拡大テキスト広告や動的検索連動型広告といったテキスト形式の広告(リスティング広告)が作成できます。

このように、ディスプレイ広告とリスティング広告は、広告の形式(フォーマット)に大きな違いがあります。

GDN/YDNとは?

Googleの広告ネットワークことを「GDN」 Yahooの広告ネットワークのことを「YDN」と呼ぶ! ともに、ディスプレイ広告が配信できる 広告ネットワークのこと!

GDNとは、”Google Display Network(Googleディスプレイネットワーク)”の略であり、Googleの広告ネットワークのことです。
このGDNは、Googleのサービスサイト(Gmail、Blogger、YouTubeなど)やモバイルサイト、アプリ含めて、200万以上のウェブサイトで構成されてます。
これらのサイト内の広告枠に広告掲載(ディスプレイ広告を掲載)するためには、基本的にGoogle広告を利用する必要があります。

一方、YDNとは、”Yahoo Display Network(Yahooディスプレイネットワーク)”の略であり、Yahooの広告ネットワークのことです。
このYDNは、Yahoo!のサービスサイト(Yahoo!ニュース、Yahoo!天気、Yahoo!知恵袋など)や提携サイトで構成されてます。
これらのサイト内の広告枠に広告掲載(ディスプレイ広告を掲載)するためには、基本的にYahoo!広告を利用する必要があります。

GDNとYDNの違いについて

GDNとYDNともに、 広告を配信するためのネットワークだが、 それぞれ管理してる広告ネットワークが違う!

GDNとYDNは、それぞれ、GoogleのディスプレイネットワークとYahooのディスプレイネットワークです。
ともに、広告を配信するためのネットワークですが、それぞれ管理してる広告ネットワークが違います。
つまり、GoogleとYahooで管理してる広告ネットワークが違うので、それぞれ広告配信できるサイト(広告の配信先)が違うということです。

また、GDNとYDNへ広告配信するためには、それぞれ異なる広告サービス(Google広告とYahoo!広告)を利用します。
異なる広告サービスを利用するので、配信できる広告のフォーマット(ファイル形式、最大ファイルサイズ、画像サイズ)やターゲティング方法が少し異なってきます。

広告サービスが違う

GDNとYDNは、 利用する広告サービスに大きな違いがある!

GDNとYDNは、それぞれ、GoogleのディスプレイネットワークとYahooのディスプレイネットワークのことです。
これらのディスプレイネットワークに向けて、広告を配信するためには、それぞれ異なる広告サービスを利用します。

例えば、GDNに向けて広告配信するためには、Google広告を利用します。
一方、YDNに向けて広告配信するためには、Yahoo広告を利用します。

このように、GDNとYDNは、利用する広告サービスに大きな違いがあります。

配信先が違う

GDNとYDNは、広告の配信先に大きな違いがある!

Google広告を利用すれば、GDNに向けて広告が配信できます。
例えば、YouTube、Blogger、GmailなどのGoogleのサービスサイトや、インターネット上の数千ものパートナーサイトなどのGDNに向けて広告が配信できます。

一方、Yahoo!広告を利用すれば、YDNに向けて広告が配信できます。
例えば、Yahoo!JAPANの各サービスサイトをはじめ、exciteやNAVER、All Aboutなどの複数の提携パートナーサイトに向けて広告が配信できます。

このように、GDNとYDNは、広告の配信先に大きな違いがあります。

フォーマットが違う

GDNとYDNは、配信できる広告の種類や画像サイズ、 ファイルサイズに大きな違いがある!

Google広告を利用すれば、GDNに向けたフォーマットで広告が配信できます。

  • テキスト、イメージ、動画のフォーマットで広告が配信できる
  • テキストのフォーマットでは、「レスポンシブ広告」「拡張テキスト広告」「標準テキスト広告」「動的テキスト広告」が配信できる
  • イメージのフォーマットでは、「レスポンシブディスプレイ広告(旧:レスポンシブ広告)」「アップロード型ディスプレイ広告」「ライトボックス広告」が配信できる
  • 動画のフォーマットでは、YouTubeなどの動画コンテンツに特化したサイトで、動画プレーヤーだけでなく、動画の周囲にも広告(テキスト広告、イメージ広告、レスポンシブ広告)が配信できる
  • イメージのフォーマットでは、「GIF、JPG、PNG」のファイル形式で広告が配信できる
  • イメージのフォーマットでは、「スクエアとレクタングル、スカイスクレイパー、ビッグバナー、モバイル」のサイズで広告が配信できる
  • イメージのフォーマットでは、ファイル容量が150KBまでの広告が配信できる
  • レスポンシブディスプレイ広告(旧:レスポンシブ広告)では、アスペクト比ごとに異なる画像が配信できる

一方、Yahoo!広告を利用すれば、YDNに向けたフォーマットで広告が配信できます。

  • テキスト、ディスプレイ、テンプレート、動画のフォーマットで広告が配信できる
  • テキストのフォーマットでは、「ターゲティング広告」「動的ディスプレイ広告」が配信できる
  • ディスプレイのフォーマットでは、「ターゲティング広告」「PCブランドパネル(静止画)」が配信できる
  • テンプレートのフォーマットでは、「ターゲティング広告」「インフィード広告」が配信できる
  • 動画のフォーマットでは、「動画広告」「PCブランドパネル(動画)」が配信できる
  • ディスプレイ、テンプレートのフォーマットでは、「JPEG(RGBのみ)、GIF89a、PNG」のファイル形式で広告が配信できる
  • ディスプレイのフォーマットでは、「PC、タブレット、スマートフォン」用の画像サイズで広告が配信できる
  • テンプレートのフォーマットでは、「300×300、1200×628」の画像サイズでレスポンシブ用の広告が配信できる
  • ディスプレイ、テンプレートのフォーマットでは、ファイル容量が3MBまでの広告が配信できる

このように、GDNとYDNは、ともに同様のフォーマットとなる部分があります。
ですが、フォーマットの特徴を深堀していくと、とくに、配信できる広告の種類や画像サイズ、ファイルサイズに大きな違いがあります。

ターゲティング方法が違う

YDNはGDNよりも、ユーザーやコンテンツの ターゲティングが細かく設定できないので、 この点に大きな違いがある!

Google広告を利用すれば、GDNでターゲティングを設定して、特定のユーザーやコンテンツに向けた広告が配信できます。

特定のユーザーを軸にした主なターゲティング

  • リマーケティング(サイト訪問履歴)
  • オーディエンスターゲティング(アフィニティ・カスタムアフィニティ[興味関心]/ライフイベント/購買意向の強いユーザー層)
  • ユーザー属性ターゲティング(年齢/性別/世帯収入/子供の有無)
  • カスタマーマッチ(顧客データを基にした類似ユーザー)

特定のコンテンツを軸にした主なターゲティング

  • コンテンツターゲット(コンテンツに関連するキーワード[自動プレースメント]/手動プレースメント/トピック)

Yahoo広告を利用すれば、YDNでターゲティングを設定して、特定のユーザーやコンテンツに向けた広告が配信できます。

特定のユーザーを軸にした主なターゲティング

  • 性別ターゲティング
  • 年齢ターゲティング
  • サイトリターゲティング[ターゲットリスト](サイト訪問履歴)
  • サーチキーワードターゲティング(検索キーワード履歴)
  • インタレストカテゴリーターゲティング(興味関心)
  • 地域ターゲティング
  • デバイスターゲティング

特定のコンテンツを軸にした主なターゲティング

  • サイトカテゴリーターゲティング
  • プレイスメントターゲティング

このように、GDNとYDNでは、ともに同様のターゲティング方法となる部分があります。
また、GDNでは「世帯収入」「子供の有無」「ライフイベント」「購買意向の強いユーザー」「顧客データを基にした類似ユーザー」などのユーザーを軸としたターゲティングが細かく設定できます。
一方、YDNはGDNよりも、ユーザーやコンテンツのターゲティングが細かく設定できないので、この点に大きな違いがあります。

GDNとYDNの使い分けについて

ターゲットユーザーをより明確にして、 費用対効果を高めるように広告を運用しながら、 GDNとYDNを使い分けよう!

GDNとYDNは、それぞれ異なるディスプレイネットワークなので、アプローチできるユーザーも違ってきます。
例えば、Google関連サービスを利用するユーザーにアプローチしたければ、GDNに向けて広告配信します。
一方、Yahoo関連のサービスを利用するユーザーにアプローチしたければ、YDNに向けて広告配信します。
このように、それぞれ使い分ければ、異なるユーザーに向けてアプローチすることができるというわけです。

ちなみに、両方(GDNとYDN)のディスプレイネットワークに向けて広告配信出来れば、より多くのユーザーにアプローチすることができます。
ですが、予算の上限によって、GDNとYDNの両方への広告配信が難しい場合があります。
この場合は、ターゲティングなど含めてより細かい設定ができるGoogle広告を優先的に利用するとよいでしょう。
そうすれば、ターゲットユーザーを絞って効率的に広告配信できるので、費用対効果を高めることができます。
結果的に、費用の削減につながれば、一方の広告サービス(YDN)に予算を回すことができるというわけです。

こうして、ターゲットユーザーを明確にして、費用対効果を高めるように広告を運用することが、GDNとYDNを使い分けるためのポイントとなります。

まとめ

GDNとYDNのそれぞれの特徴がわかれば、違いが見えてきます。
その違いをあらかじめ把握して、Google広告やYahoo!広告のサービスを活用しましょう。
そうすれば、コンテンツやターゲットユーザーをより絞り込んで、費用対効果の高めながらディスプレイ広告を運用することができます。

ディスプレイ広告は、検索以外に、インターネット利用ユーザーが多く閲覧するWebサイトやモバイルアプリなどのWebコンテンツに向けて配信できる広告です。
この広告の仕組みを理解したうえで、GDNやYDNへ向けた広告を配信して、Webコンテンツを利用するユーザーへうまくアプローチすることが、Webマーケティングの質を高めるためのポイントとなります。

SEOラボのおすすめ記事がLINEに届く!「SEOラボを友だち追加する」

カテゴリから記事を探す

SEO対策無料ご提案はこちら