SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

Google「低品質コンテンツへの対策」を実行!

2017年2月3日、Google公式に異例の「低品質コンテンツへの対策」を実行したと発表がありました。

以下、Googleウェブマスター向け公式ブログに投稿された一部抜粋文となります。

今週、ウェブサイトの品質の評価方法に改善を加えました。今回のアップデートにより、ユーザーに有用で信頼できる情報を提供することよりも、検索結果のより上位に自ページを表示させることに主眼を置く、品質の低いサイトの順位が下がります。その結果、オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトが、より上位に表示されるようになります。

今回の変更は、日本語検索で表示される低品質コンテンツへの対策を意図しています。このような改善が、有用で信頼できるコンテンツをユーザーに提供する皆さんを、正当に評価するウェブのエコシステム作りの助けとなることを期待しています。

出典:Google ウェブマスター向け公式ブログ: 日本語検索の品質向上にむけて

低品質コンテンツとは

低品質コンテンツとは、検索結果のより上位に自ページを表示させることを目的としたオリジナル性の無いコンテンツを持つ質の低いサイトのことです。

低品質コンテンツは、ユーザーを満足させるコンテンツが乏しいサイトです。

「低品質コンテンツへの対策」概要

今回のアルゴリズム更新では、オリジナル性のない、低品質コンテンツのサイトを制裁しました。

これまで、何度かGoogle公式スタッフブログで、アルゴリズム対応に関する記述がありましたが、日本独自に実施したアルゴリズム対応は非常に珍しいと思います。

今回の低品質コンテンツの対策は、キュレーションサイトを対象にしたものとも一部では言われていますが、キュレーションサイト以外でも現象を確認したとのコメントをいくつか確認しました。

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・内部・リンク調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

上位表示させるための基本的対策をご紹介しています。

関連記事

【SEOとは?】SEO対策について

検索順位に悩んでいませんか?狙ったキーワードで上位表示させるためには基本的な対策に加え、検索意図に合致したコンテンツが必要となります。これらは…

続きを見る

「低品質コンテンツへの対策」による順位状況

現在(2017年2月3日)のところ、本影響を受けたと思われる弊社管理サイトは、確認していません。

しかし、今回のアップデートによる影響と思われる通常より大きな変動が2017年2月6日に確認されてます。

Google「低品質コンテンツへの対策」を実行!

「低品質コンテンツへの対策」の特徴

今回のGoogleの発表で、コンテンツ内容を評価するといったメッセージが伝わってきます。

「オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトが、より上位に表示されるようになります」

「有用で信頼できるコンテンツをユーザーに提供する皆さんを、正当に評価するウェブのエコシステム作りの助けとなることを期待しています

Googleの公式ブログに記述があるよう、オリジナル性の無い低品質サイト、情報の発信元や信頼性の低いコンテンツサイトの順位を落とすアルゴリズム更新だったことがわかります。

「低品質コンテンツへの対策」に関する新たな情報

「低品質コンテンツへの対策」に関して、公式アナウンスで明らかにされていなかった以下のような情報が言及されてます。
※参考:高品質コンテンツに求められるのは"愛"――日本語検索独自の品質評価アルゴリズム更新についてGoogle社員が語った #inhouseseo

・特定のサイトをターゲットにしたものではない
2016年末話題となったキュレーション系のサイトのいくつかが大きく順位を下げ、キュレーション系以外のサイトも順位を下げてる

・ファクトチェックはしてない
コンテンツの内容が事実かどうかはチェックしていない。
「低品質コンテンツへの対策」は、そういうことを目的としたアルゴリズムではない。

・パンダアップデートとは異なるアルゴリズムである
高品質コンテンツをより高く評価し低品質コンテンツの評価を下げるという思想は、パンダやそのほかの品質評価アルゴリズムと同じだが、それらとは独立した別の新しいアルゴリズムである。

・サイト単位とページ単位、両方見て評価する
強く影響を受けるページとそれほど影響を受けないページがある。
また、サイトの品質も見てる。

・「低品質コンテンツへの対策」は、これからも続く
第2弾、第3弾、第4弾のように、これからも改良を続ける。

・対応した場合は、再クロール・再インデックス・再評価を待つ
「低品質コンテンツへの対策」で制裁を受けたのち、コンテンツを改善し対応した場合、再クロールされるのを待てば良い。
パンダアップデートやペンギンアップデートのような手動のアップデートではない。

・ユーザーを満足させるコンテンツを作って、コンテンツ品質を向上させる
ランキングを上げるためではなく、ユーザーを満足させる「愛」があるコンテンツを作ればよい。

まとめ

数年前より、コンテンツ内容をGoogleが重視してきています。

実際にSEO対策を実施していても、コンテンツ内容が重要になっていることがわかります。

本サイトは、以前よりコンテンツ内容を重視する運営方針をとっていますが、2016年春よりその評価が上がり、検索トラフィックが増加しています。

検索するユーザーは、何かしらの情報を求めて検索を行っています。

SEO担当者は、より良いコンテンツを作成するために、検索ユーザーが求めている情報は何か?をよく考え、その解答が自分のページでわかりやすく、正確に伝わるようにコンテンツ作成するようにしましょう。

そうすると、必然的に検索ユーザーからもGoogleからも評価される(順位が上がる)ページになると思います。

検索順位が上がらない…と思っていませんか?

検索順位が上がらない…と思っていませんか?

思い通りの検索ワードで上位表示させるには、基本となる外部・内部の対策はもちろん、昨今の大きな変動・競合の強さも大きく影響するため、どういったキーワードで対策するのか?という点も重要となります。

ここを正しく理解しておかなければ上位表示させることは難しく、サイトを効果的に運用し、資産化することができません。

そこで、こちらでは上位表示に必要なSEOが正しく施されているかどうかを無料で調査し、問題点や改善点などのアドバイスを致します。

\ 効果的な改善方法を明確にしませんか? / サイト調査を依頼する

カテゴリから記事を探す

SEO対策無料ご提案はこちら