SEO対策に関する実験やデータ分析などを公開します

SEOラボ

SEO効果が期待できるコトまとめ

2018/02/22 2018/02/22

SEO効果が期待できそうな手段を模索し、効果検証しながら、サイト運用することが大切です。

今回は、SEO効果の意味、SEO効果が期待できる対策、SEO効果が出るまでの期間・時間について中心に解説したいと思います。

SEO効果が期待できるコトまとめ

SEO効果とは

SEO効果とは、サイトの検索順位が上昇・下落するといった効果を意味します。

SEO効果は、一般的に検索順位を指標として把握するケースが多いです。
例えば、コンテンツをリライトして順位が上がれば、SEO効果があったと言えます。

SEO効果を把握するために、サイトの順位を常にチェックできる環境を整えておくことが大切です。

また、SEO効果は、対策内容や検索クエリ、サイトの状況などさまざまな要素によって効果の表れ方が異なると思います。

基本的には、長い目でSEO効果を見極める必要があります。

SEO効果が期待できる対策

SEO効果を得るには、基本的に以下のようにGoogleガイドラインに準拠したサイトを構築することが、もっとも確実な対策です。

例えば、

  • Google がコンテンツを見つけられるようにする
  • クロール対象外のページを Google に指示する
  • Google(とユーザー)がコンテンツを理解できるようにする
  • Google 検索結果での表示を管理する
  • サイトの階層を整理する
  • コンテンツを最適化する
  • 画像を最適化する
  • サイトをモバイル フレンドリーにする
  • ウェブサイトを宣伝する
  • 検索のパフォーマンスとユーザーの行動を分析する

※引用元:検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド – Search Console ヘルプ

SEO効果が出るまでの期間・時間

SEO効果が出るまで期間・時間は、「数分後」「数時間後」「数日後」などバラバラです。

基本的に、クローラーがサイトを認識し、インデックスされることで、SEO効果が表れます。

SEO効果が出るまで期間・時間を早めるには、サーチコンソールの「Fetch as Google」を活用する方法があります。
しかし、「Fetch as Google」を使っても、SEO効果がすぐ出ないケースがあることを認識しておきましょう。
※「Fetch as Google」は、1日1回だけならSEO効果が早まりやすい

SEO効果が出るのにどのくらいかかるか?みんなに聞いてみた

サイトを最適化することで、検索順位が上昇・下落といったSEO効果を感じることができます。

実際、SEO効果がでるのにどの程度期間がかかるか?アンケート調査結果やわかったことなど紹介したいと思います。

アンケート調査結果

「数か月後」が一番多い結果となりました。

アンケート調査結果

「数日後」にSEO効果を感じるサイトもあるようです。

「数分後」「数時間」でSEO効果は感じられず、長い目でSEO対策の効果を見極める必要性がありそうです。

結果からわかったこと

SEO効果は、昔に比べかなり鈍化してるようです。

昔は、次の日などにすぐ上昇・下落し、SEO効果を即座に感じることがありました。

昨今のGoogleアルゴリズムの変化により、効果的な対策内容やその効果にも大きな変革をもたらしてます。

今後もこのような変化に対応し、反応や情報を見極めながら、SEO対策を進めていくことが重要でしょう。

Twitter(ツイッター)のSEO効果

SEO効果が期待できるTwitterの活用法は以下のようになります。

  • ソーシャルボタンを設置する
    サイトにソーシャルボタンを設置し、ツイート・リツイートされやすくすることで、トラフィックや被リンク増加によるSEO効果が期待できる。
  • フォロワーを増やす
    フォロワーを増やし、つぶやきがより拡散されやすくなることで、トラフィックや被リンク増加によるSEO効果が期待できる
  • 広告を活用する
    Twitter有料広告で露出を増やし、トラフィックや被リンクが増えやすくなることで、SEO効果が期待できる

RSSのSEO効果

SEO効果が期待できるRSSの活用法は以下のようになります。

  • フィードボタンを設置する
    サイトにフィードボタンを設置し、購読されやすくすることで、トラフィックや被リンク増加によるSEO効果が期待できる。
  • サーチコンソールで認識させる
    XMLサイトマップの代わりにRSSをサーチコンソールで送信し、インデックス登録促進させることで、SEO効果が期待できる。

SEO効果検証できる測定ツール

SEO効果検証のために、以下のような測定ツールを活用しましょう。

SEOに効果的な(効果高い)ブログサイト

SEOに効果的なサイトのタイプとして、ブログ形式があります。

ブログのSEO効果が高い理由として、以下のような点があります。

  • 効率的に良質なページが作成できる
    WordPressなどのCMSでブログテンプレートを利用すれば、良質な記事コンテンツのみ投稿するだけで簡単に1ページ作成できるため、効率的にSEO効果を高めれる
  • 更新しやすい
    誰でもブログの管理画面から簡単にページ更新でき、サイトの鮮度を高めやすいため、SEO効果が高い
  • 内部リンク構築しやすい
    簡単にサイト内への関連リンクが構築でき、サイト内を回遊させるような利便性の高いページが作成できるため、SEO効果が高い
  • ソーシャルと連携しやすい
    SNSボタンが簡単設置できソーシャルと連携しやすく、被リンク獲得が期待できるため、SEO効果を得やすい
    例えば、WordPressのテンプレートに埋め込んだり、プラグインを使うことで簡単にSNSボタンが設置できます。

ドメイン名のSEO効果

ドメイン名のSEO効果は、あったとしても軽微な影響と考えられます。

仮に、ドメイン名が200以上あるGoogleアルゴリズム要因の1つだったとしても、検索順位を大きく左右するといったSEO効果は今のところないと思われます。

現に、検索クエリと関係ないドメイン名でも上位表示してるケースが見られます。

また、公式に以下のように言及してます。

基本的に、新しい gTLD も他の gTLD(.com、.org など)と同じように処理されます。検索において、特定の TLD のキーワードが有利に働くことも不利に働くこともありません。

※引用元:Google ウェブマスター向け公式ブログ: 新しいトップレベル ドメイン(gTLD)に対する Google での取り扱いについて

悪いSEO効果を招くケース

悪いSEO効果を招くのは、基本的に以下のようなGoogleガイドライン違反となるケースによるものです。

  • コンテンツの自動生成
  • リンク プログラムへの参加
  • オリジナルのコンテンツがほとんどまたはまったく存在しないページの作成
  • クローキング
  • 不正なリダイレクト
  • 隠しテキストや隠しリンク
  • 誘導ページ
  • コンテンツの無断複製
  • 十分な付加価値のないアフィリエイト サイト
  • ページへのコンテンツに関係のないキーワードの詰め込み
  • フィッシングや、ウイルス、トロイの木馬、その他のマルウェアのインストールといった悪意のある動作を伴うページの作成
  • リッチ スニペット マークアップの悪用
  • Google への自動化されたクエリの送信

※引用元:ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)

このようなケースを避け、ユーザーの利便性が高まる対策で良いSEO効果を目指すことが大切です。

まとめ

何の対策が効いたか、SEO効果を適切に見極めましょう。

Fetch as googleの活用、サイトマップの設置、わかりやすいディレクトリ構造にするなどし、クロール・インデックス促進を試みることで、早い効果が期待できます。

利便性を高め、リンクが集まりやすいサイトにしながら、上位化を目指すことが重要です。

SEOラボのおすすめ記事がLINEに届く!「SEOラボを友だち追加する」

カテゴリから記事を探す