SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOラボ

モバイルSEOとは~モバイル向けページ上位化に必要なGoogleSEO対策の秘訣

2018/01/06 2018/02/16

モバイルSEOを実施し、モバイル向けページを最適化しながら、Google検索エンジンで上位化を目指す方法があります。

今回は、GoogleのモバイルSEO、GoogleモバイルファーストインデックスとSEO、モバイルSEOとサイト(sites)レスポンシブウェブデザインガイドについて中心に解説したいと思います。

モバイルSEOとは~モバイル向けページ上位化に必要なGoogleSEO対策の秘訣

モバイルSEOとは

モバイルSEOとは、インターネット検索結果でより多くモバイル向けサイトを表示させるために行う全体的な取り組みのことです。

モバイルSEOのSEOとは、Search Engine Optimization の略で「検索エンジン最適化」を意味します。

PC向けサイトにおいて、一般的にSEOという言葉が浸透してますが、モバイル向けサイトに特化したものが「モバイルSEO」となります。

GoogleのモバイルSEO

モバイルSEOでは、以下のような方法でモバイル向けページを実装し、ユーザービリティを高めることが重要となります。

  • レスポンシブウェブデザイン
    Googleがもっとも推奨し、SEO対策を効率的に進めることができるモバイル向けページの実装方法
    デバイスが異なってもURLとHTMLソースが同じなので、運用効率が最もよい。
  • 動的な配信
    URLは同じだが、PCとモバイルそれぞれのデバイスに合わせてHTMLを切り替えるように実装する方法
  • >別々のURL
    デバイスごとにURLが異なり、PC、モバイルそれぞれに別々にHTMLを実装する方法

※参考:モバイル SEO の概要 | Mobile Friendly Websites | Google Developers

Googleがおすすめするレスポンシブウェブデザインでサイト運用しながら、効率的にSEO対策を進めることを検討しましょう。

リソースをコンテンツ修正などの重要な対策に注力するために、できるだけレスポンシブウェブデザインを実装しておきたいところです。

GoogleモバイルファーストインデックスとSEO

モバイルファーストインデックスとは、モバイル向けページを主要インデックス基準にすることです。

今までは、PCサイトの評価を基準に検索順位が決定されてたものが、モバイルサイトの評価を基準に検索順位が決定されるというものです。

2018年現在、検索クエリによってモバイルファーストインデックスが徐々に導入されてるようなので、モバイル向けページに対するSEO対策の重要性がかなり高まってます。

関連記事モバイルファーストインデックスとは?影響と対応についてまとめ

モバイルSEOとGoogleのサイト(sites)レスポンシブウェブデザインガイド

モバイルSEOにおいて、WebサイトのレスポンシブWebデザイン対応が重要です。

スマホやタブレットのモバイル端末でPCサイトと同じコンテンツのクオリティを維持するために、レスポンシブ対応が推奨されてます。

Googleが提供するレスポンシブウェブデザインガイドは以下で紹介されてます。

レスポンシブ ウェブ デザイン | Mobile Friendly Websites | Google Developers
レスポンシブ ウェブ デザイン(RWD)は、サーバーからどのデバイスに対しても常に同じ HTML コードを配信し、CSS を使用して各デバイスでのページのレンダリングを変える設定方法です。

関連記事レスポンシブデザインの作り方!簡単にスマホ対応する方法について

Googleモバイルフレンドリー(スマホ対応)とSEO

モバイルフレンドリーとは、「テキストサイズ」「viewport設定」「リンク同士の距離」「コンテンツの幅」「ページ速度」などを改善して、ユーザーが快適にモバイル向けサイトを閲覧できるようにスマホ対応することです。

自分のページがモバイルフレンドリーかどうか?Google提供の「モバイルフレンドリーテストツール」でチェックできます。

関連記事モバイルフレンドリーとは~対応とアルゴリズムアップデート影響・SEOについて

モバイルフレンドリーなサイトにし、モバイル向けページのパフォーマンスが上がれば、SEO効果の期待が高まります。

Googleモバイル検索とSEO対策

Googleモバイル検索とSEOの関係は、近年特に深まってます。
Googleモバイル検索で上位化を目指すには、モバイル向けページのSEO対策が重要です。

モバイル向けページのSEO対策には、以下のようなものが考えらます。

  • モバイルフレンドリー(スマホ対応・ページ速度改善)」
  • モバイル向けページに主要コンテンツを置く
  • モバイル検索結果に合わせたタイトルの文言の長さにする
  • モバイルページのレンダリング状況を確認する
  • URL正規化
  • レスポンシブ対応

モバイルファーストインデックスが導入されてる検索クエリもあるので、 モバイル向けページのSEO対策を怠らず積極的に実施しましょう。

モバイルSEO対策

モバイルSEO対策は、「Googleモバイル検索とSEO対策」で紹介したモバイル向けページの対策と合わせて、基本的なSEO対策が重要です。

モバイル向けページの対策

  • モバイルフレンドリー(スマホ対応・ページ速度改善)」
  • モバイル向けページに主要コンテンツを置く
  • モバイル検索結果に合わせたタイトルの文言の長さにする
  • モバイルページのレンダリング状況を確認する
  • URL正規化
  • レスポンシブ対応

基本的なSEO対策

  • キーワード選定
  • リンク対策
  • コンテンツ対策

基本的なSEO対策は、「SEO対策とは~初心者もわかる38の基本とGoogle上位表示方法」で解説してますので、合わせてご参考ください。

これらの対策を実施し、PCとモバイル向けページそれぞれ最適化しながら、SEO対策を進めることが重要です。

モバイルSEOツール

モバイルSEOツールは、以下のようGoogleが無料提供するものがいくつかあります。

モバイルユーザビリティとSEO

モバイルユーザビリティとSEOの関係は近年深まってます。

モバイルユーザビリティは、モバイル端末でのユーザビリティに問題があるものを特定でき、以下のようサーチコンソールの機能で確認できます。

①サーチコンソールにログイン後、左メニューの「検索トラフィック」>「モバイルユーザービリティ」をクリックします。

モバイルユーザビリティとSEO イメージ①

②「問題のあるページ」「ユーザービリティの問題」が確認できます。

モバイルユーザビリティとSEO イメージ②

③「ユーザービリティの問題」をクリックすると、「問題あるページのURL」と「最終検出日」が確認できます。

モバイルユーザビリティとSEO イメージ③

上記のよう、モバイルユーザビリティを確認・改善し、モバイル向けページのSEO効果向上を目指しましょう。

モバイルとPCのSEO対策

モバイルとPCのSEO対策は、それぞれ必要な時代へ突入してます。

モバイルとPCにそれぞれ同じクオリティのコンテンツを置き、ユーザビリティを高めることが大切です。

先述しましたが、モバイルファーストインデックスに合わせたSEO対策と基本的なSEO対策、両方を実施することが重要です。

まとめ

モバイルSEOで、モバイルフレンドリーかつ、PCのコンテンツと差異無いサイトを目指しましょう。

コンテンツ・リンクの質を上げ、サイトの価値を高めながら、SEO対策で上位化を目指すことが重要です。

関連記事SEO対策とは?SEOの対策ポイントについて

SEOラボのおすすめ記事がLINEに届く!「SEOラボを友だち追加する」

カテゴリから記事を探す

SEO対策無料ご提案はこちら